新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

三日坊主で終わらない! 語学学習を続けるコツ

【ビジネスの極意】三日坊主で終わらない! 語学学習を続けるコツ

現代のビジネスパーソンにとって、英語はもはや必要不可欠といってもいいだろう。だが、そうはいっ…

フィンセント・ファン・ゴッホ《糸杉》1889年6月 メトロポリタン美術館 Image copyright (C)The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY

過去最大級の27か所からゴッホの作品が集合! 本邦初公開の『パリの屋根』も観られる!【ゴッホ展】

取材・文/池田充枝強烈な色彩で人々を魅了し続ける画家、フィンセント・ファン・ゴッホ(…

既婚者の貯蓄額は5割が500万円以上、独身者は7割が300万円未満

家庭の預金額はいくら? 既婚者の半数が500万円以上、一方、独身者の3割が10万円未満!

今年6月、金融庁が公表した報告書で「夫婦の老後資金、公的年金以外に2000万円が必要」との試算が…

主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。

【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』を演じます

大雪の夜、大川に漕ぎ出した一艘の屋根船が舞台本誌が主催する「人形町らくだ亭」。今年最後の公演では…

親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

取材・文/坂口鈴香船田郁也さん(仮名・55)の母弘子さん(94)は宮崎で37年間一人…

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

取材・文/坂口鈴香国立社会保障・人口問題研究所が今年4月に発表した「日本の世帯数…

周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

文/砂原浩太朗(小説家)呉の将・周瑜(しゅうゆ。175~210)は、三国志のなかでも…

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1.  

    焼酎の里へ美味なる旅・その1

         

    "日本一"の焼酎となった霧島酒造さん。いまや、都内でも「黒霧島」などを手にする機会が多くなりました。今回は、1916年創業、焼酎の歴史を担ってきた霧島酒造主催の「〜食と焼酎の文化を語る〜 霧島うまいもの会」プレスツアーに参加してきました…

  2.  

    ロゼワインを科学する|料理とのマリアージュを見える化してみた

         

    見上げれば天空を覆うのは桜、手に持つワインもまた桜色。ロゼワインは花見の季節に最適である。フ…

  3.  

    揚げ油の選び方|安心・安全、健康によい油の条件とは

         

    質の高い油を選べばより健康的で旨い揚げ物が作れる数多ある油の中から、どんな油を揚げ物に使うか…

  4.  

    スペシャルティコーヒーの現実「琥珀の絆」第1回

         

    「コーヒー通」というとキリマンジャロだとかブルーマウンテンといった産地や銘柄の名前や味を知ってい…

  5.  

    土鍋で省エネおでん|【男のレシピ】短時間の加熱でできる

         

    鍋料理はもちろん、煮込み料理や蒸し煮も、土鍋を使えばおいしく仕上がる。今回は土鍋の優れた保温…

  6.  

    鴨とクレソンの鍋|【男のレシピ】肉の旨みと辛みがよく合う

         

    鍋料理はもちろん、煮込み料理や蒸し煮も、土鍋を使えばおいしく仕上がる。今回は「鴨とクレソンの…

  7.  

    アボカド炊き込みご飯|【男のレシピ】実はこんな料理にも

         

    熱帯アメリカ原産のアボカドは近年、日本の食卓に上る機会が増えた輸入野菜のひとつである。栄養価…

  8.  

    中米コスタリカのコーヒーが注目される理由とは

         

    中米に位置しながら生活水準が高く、平和な国コスタリカ。安定的な経済成長により首都サン・ホセ近郊の…

  9.  

    竹野「竹濤」の焼き蟹

         

    【ひと皿の歳時記~第23回】竹野「竹濤」の焼き蟹兵庫県城崎温泉の先に竹野があ…

  10.  

    三田「コートドール」の苺のスープ

         

    【ひと皿の歳時記~第22回】三田「コートドール」の苺のスープ苺は、ヨーロッパ…

  11.  

    福住「みかわ是山居」のしらうおのてんぷら

         

    【ひと皿の歳時記~第21回】福住「みかわ是山居」のしらうおのてんぷら」福住「…

  12.  

    鳥取「かに吉」の「魂炊」

         

    【ひと皿の歳時記~第20回】鳥取「かに吉」の「魂炊(たますい)」いまシーズン…

  13.  

    辛味大根は薬味の王様である

         

    蕎麦の薬味には、大根おろしがおすすめと、前回書いたが、大根の中でも蕎麦好きが好むのは、辛味大根だ…

  14.  

    六本木「エディション・コウジ・シモムラ」の「牡蠣のポシェ・海水のジュレ」

         

    【ひと皿の歳時記~第19回】六本木「エディション・コウジ・シモムラ」の「牡蠣のポシェ・海水の…

  15.  

    北千住「バードコート」のトリュフの親子丼

         

    【ひと皿の歳時記~第18回】北千住「バードコート」のトリュフの親子丼トリュフ…

  16.  

    薬味で生きる蕎麦の味【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第7回】

         

    蕎麦の脇に置かれた小さな薬味皿。この少量の薬味の使い方次第で、蕎麦の世界は、大きく広がることをご…

  17.  

    南青山「鮨ます田」のさばのにぎり

         

    【ひと皿の歳時記~第17回】南青山「鮨ます田」のさばのにぎり2014年1月3…

  18.  

    銀座「青空 (はるたか)」のまぐろのにぎり

         

    【ひと皿の歳時記~第16回】銀座「青空(はるたか)」のまぐろのにぎり一昔前ま…

  19.  

    寒い季節の蕎麦の旅【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第6回】

         

    見知らぬ町で、おいしい蕎麦に出会ったりすると、とたんにその土地が大好きになる。旅をする楽しみの中…

  20.  

    丸の内「パレスホテル」のトリュフのタルト

         

    【ひと皿の歳時記~第15回】丸の内「パレスホテル」のトリュフのタルト2月26…

  21.  

    フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」

         

    【ひと皿の歳時記~第14回】フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」1月、フランス…

  22.  

    元麻布「かんだ」のまぐろにトリュフ

         

    【ひと皿の歳時記~第13回】元麻布「かんだ」のまぐろにトリュフ白トリュフの季…

  23.  

    日本橋「シグネチャー」の「黒トリュフのゴーフル」

         

    【ひと皿の歳時記~第12回】日本橋「シグネチャー」の「黒トリュフのゴーフル」…

  24.  

    六本木「厲家菜」の豚肉と白菜

         

    【ひと皿の歳時記~第11回】六本木「厲家菜」の豚肉と白菜北京に本店のある「厲…

  25.  

    元麻布「かんだ」の「紅葉鯛のお造り」

         

    【ひと皿の歳時記~第10回】元麻布「かんだ」の「紅葉鯛のお造り」鯛の美味しい…

  26.  

    「自宅蕎麦屋」の楽しみ方【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第5回】

         

    蕎麦打ちの趣味も、だんだん上達して、腕前がプロの領域に肉薄してくると、その力を発揮する場が欲しく…

  27.  

    東銀座「流石」本店のざるそば

         

    【ひと皿の歳時記~第9回】東銀座「流石」本店のざるそばそばがいよいよ美味しく…

  28.  

    蕎麦打ちのすすめ【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第4回】

         

    手打ち蕎麦の愛好者が増えている。日本の蕎麦打ち人口は、60万人とも、70万人とも言われている…

  29.  

    京都「大渡」の寒さばと赤かぶのおろし

         

    【ひと皿の歳時記~第8回】京都「大渡」の寒さばと赤かぶのおろし鯖の酢締めの具…

  30.  

    鳥取「かに吉」の松葉蟹

         

    【ひと皿の歳時記~第7回】鳥取「かに吉」の松葉蟹わざわざそのためにだけ旅…

PAGE TOP