新着記事

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

「コンコルド効果」という言葉をご存知だろうか? このコンコルドとは、鳥ではなく超音速旅客機コ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

写真・文/矢崎海里「食欲がないけどなにか食べないと・・・」これから暑さが本格化す…

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

リタイア後の生き方とお金のことを考える【プランニング編】安心して豊かなセカンドライフを送るた…

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

文・写真/杉﨑行恭【その1】はこちら長岡駅で久しぶりの幕の内弁当「越後長岡喜作弁当」を買…

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その1】

文・写真/杉﨑行恭上野発の高崎行の電車で「東京深川めし」を食べる「上野発の夜行列車」はすでに…

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

文/編集部かつて写真撮影といえば、旅行や式典など特別なイベント時に行うもの。重い機材…

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

取材・文/池田充枝来年の2020年、東京で二度目となるオリンピック・パラリンピックが開かれま…

上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ドライブ疲れを感じたら、上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美1日に2万回以上行っている呼吸。ドライブ中は運転への緊張やストレスで呼吸が浅くな…

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が直面する…

駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その1

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1.  

    丸の内「パレスホテル」のトリュフのタルト

         

    【ひと皿の歳時記~第15回】丸の内「パレスホテル」のトリュフのタルト2月26日(水)夜7時から、丸の内「パレスホテル」で「映画の中の美味しいテーブル」Talk&Dinnerというイベントが開かれます。料理にまつわる映…

  2.  

    フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」

         

    【ひと皿の歳時記~第14回】フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」1月、フランス…

  3.  

    元麻布「かんだ」のまぐろにトリュフ

         

    【ひと皿の歳時記~第13回】元麻布「かんだ」のまぐろにトリュフ白トリュフの季…

  4.  

    日本橋「シグネチャー」の「黒トリュフのゴーフル」

         

    【ひと皿の歳時記~第12回】日本橋「シグネチャー」の「黒トリュフのゴーフル」…

  5.  

    六本木「厲家菜」の豚肉と白菜

         

    【ひと皿の歳時記~第11回】六本木「厲家菜」の豚肉と白菜北京に本店のある「厲…

  6.  

    元麻布「かんだ」の「紅葉鯛のお造り」

         

    【ひと皿の歳時記~第10回】元麻布「かんだ」の「紅葉鯛のお造り」鯛の美味しい…

  7.  

    「自宅蕎麦屋」の楽しみ方【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第5回】

         

    蕎麦打ちの趣味も、だんだん上達して、腕前がプロの領域に肉薄してくると、その力を発揮する場が欲しく…

  8.  

    東銀座「流石」本店のざるそば

         

    【ひと皿の歳時記~第9回】東銀座「流石」本店のざるそばそばがいよいよ美味しく…

  9.  

    蕎麦打ちのすすめ【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第4回】

         

    手打ち蕎麦の愛好者が増えている。日本の蕎麦打ち人口は、60万人とも、70万人とも言われている…

  10.  

    京都「大渡」の寒さばと赤かぶのおろし

         

    【ひと皿の歳時記~第8回】京都「大渡」の寒さばと赤かぶのおろし鯖の酢締めの具…

  11.  

    鳥取「かに吉」の松葉蟹

         

    【ひと皿の歳時記~第7回】鳥取「かに吉」の松葉蟹わざわざそのためにだけ旅…

  12.  

    銀座ブルガリ「イル・リストランテ」の白トリュフのリゾット

         

    【ひと皿の歳時記~第6回】銀座ブルガリ「イル・リストランテ」の白トリュフのリゾット…

  13.  

    越前蟹おろし蕎麦、解禁に【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第3回】

         

    11月の声を聞くと、遠い越前の海を思い出す。もっと正確に言うと、越前の海から揚がった蟹の旨さ…

  14.  

    銀座「野田岩」の蒲焼き

         

    【ひと皿の歳時記~第5回】銀座「野田岩」の蒲焼き天然鰻の最も美味しい季節とな…

  15.  

    年越しにおすすめの「郷土蕎麦」はこれ

         

    蕎麦専門のWebマガジン『蕎麦Web(http://sobaweb.com)』と『サライ』の共同…

  16.  

    銀座「ベージュ」のプーラルドのロティ

         

    【ひと皿の歳時記〜第4回】銀座「ベージュ」のプーラルドのロティ「プーラルド」…

  17.  

    京橋「サカキ」のカキフライ

         

    【ひと皿の歳時記〜第3回】京橋「サカキ」のカキフライ北風が吹きはじめ、気温が4,…

  18.  

    蕎麦の個性が客を呼ぶ【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第2回】

         

    蕎麦が盛られた椀に、一本の長ネギが突き刺さっている写真は、見覚えのある方も多いだろう。これが…

  19.  

    『みかわ是山居』の「松茸のてんぷら」を味わう

         

    松茸の最高の味わい方は1本の丸揚げではなかろうか。松茸の料理では土瓶蒸しはじめ数々あれど、割いたら、とたんに松茸からジュースが出てしまう。こんなもったいないことはない。「みかわ」では、まるごとてんぷらにして揚げる。それを半分に割くと、中身は香り高いジュースがたっぷり。

  20.  

    蕎麦屋の秘伝

         

    今から3年半ほど前、サライのWebサイトに「蕎麦を待つ間に」という連載を書かせていただいた。幸いにも…

  21.  

    久々に出会った旨い蕎麦と酒はこれ

         

    蕎麦屋で味わう一杯の酒を、楽しみにしている蕎麦好きの客は多い。そういう方にお薦めの店を一軒、…

  22.  

    蕎麦で花見が楽しめる名所案内

         

    ソバの花は直径5ミリ程度で、とても小さいが、畑一面を覆って咲く様は、純白の絨毯に似て美しい。…

  23.  

    蕎麦通が選ぶのは「蕎麦がき」か「もり蕎麦」か

         

    蕎麦屋の椅子に腰をおろし、「もり蕎麦一枚、お願いします」と注文するときの気分は、鮨屋に入って…

  24.  

    取り寄せ蕎麦の愛好家が急増している理由

         

    2010年1月号のサライの特集「極上の年越し蕎麦」を読んで、日本各地の名店から生蕎麦を取り寄せた…

  25.  

    蕎麦屋を目利きする方法

         

    蕎麦屋に入る前に、その店の味がどの程度のものか、わかるといいのだが、実際に食べてみないと、なかな…

  26.  

    蕎麦つゆは、蕎麦屋の履歴書である。

         

    小さな器にちょっぴり入った、魔法使いが薄笑いとともに差し出すような謎めいた黒い汁。それが蕎麦つゆ…

  27.  

    魯山人流「蕎麦の食ひ方」とは

         

    鮨でもフグでも、美味しいものは、とことん追求して、その最も美味しい食べ方を極めた北大路魯山人だが…

  28.  

    近所の蕎麦屋こそ、いちばんの「名店」である。

         

    どんなに美味しい蕎麦屋があったとしても、新幹線で行かなければならない遠い町にあるのでは、度々食べ…

  29.  

    蕎麦湯を飲めば、蕎麦屋がわかる。

         

    人気の蕎麦屋は早い時間に行って並べば、待ち時間が短くてすむと考えがちだが、蕎麦屋の行列の一番乗り…

  30.  

    桜が咲いたら京都で蕎麦を食べよう!

         

    春が訪れて桜が咲くと、無性に京都の蕎麦が食べたくなる。以前、京都の、桜が満開の古刹近くの蕎麦屋で…

PAGE TOP