新着記事

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

文/晏生莉衣ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多くの外国人が…

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

小学生の時には誰しも行ったことのある、工場見学。大人になって訪れると、より深い視点から見るこ…

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

あなたはなぜ働いているのですか? そんな問いにあなたはどう答えるのだろうか? 多くの人は「報酬」…

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

甘酒を用いて味噌床を作り魚は塩をして酒をくぐらせる東京・神宮前にある『日本料理一凛』の店主・…

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

いくつになってもスポーツに取り組むことが健康寿命延伸の秘訣とはよく言われることだ。今回、「100…

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

世界中の旅行者の34%*が「ミニマリズムは最も魅力的なインテリアデザインである」と回答し、世…

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

文/池上信次第12回ジャズ・スタンダード必聴名曲(7)「アイ・ガット・リズム」今回は…

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

人生100年時代と言われる現代。定年退職後の生活に不安を感じている人も少なくないだろう。…

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司民俗学者の柳田國男(1875~1962年)は日本人…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

写真・文/矢崎海里だしや香味野菜、スパイスなどともに、ナッツも減塩と上手に付き合う食材の1つ…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1.  

    美味なる健康食「ケアリングフード」入門講座&試食会のご案内(講師『エピキュール』藤春幸治シェフ)

         

    『サライ.jp』でも記事を連載中の、レストラン『エピキュール』藤春幸治シェフから、健康食の新潮流「ケアリングフード」の考え方を目と耳と舌で直接学べる、またとない料理サロンを2月26日(日)に東京・日本橋にで開催します。※本イベントは…

  2.  

    キッコーマンの第4回「和食の魅力 料理サロン」 に2組4名様をご招待します

         

    四季を彩る豊かな自然の恵み、旬の素材の味わいをいかしてつくられる日本料理。キッコーマンでは、…

  3.  

    自分で直した器は愛着もひとしお!「金継ぎ」を施した器で味わう酒と料理

         

    さあ、新しい年の始まりである。一年の目標を新たに掲げた人も多いのではないだろうか。筆…

  4.  

    山芋のとろろ汁|年末年始の疲れた体を労ってくれる優しい味

         

    今年も残すところあと僅(わず)か。忘年会で美酒美食の席が続き、休肝日を作るのが難しいという人…

  5.  

    ロコモやサルコペニア対策にも!ケアリングフード的「たんぱく質の上手な摂り方」とは?【エピキュール藤春シェフのケアリングフード講座 第4回】

         

    お肉は肥満の原因になる、血液をドロドロにするなど、体に悪いイメージがあり、特にサライ世代では…

  6.  

    ミルクティーにしても美味しい!ふくよかな香りと味わいの有機ルイボスティー

         

    ここ数年、ルイボスティーを愛飲している。カフェインを含まないお茶であるがゆえに、就寝前にのん…

  7.  

    いわば江戸版クレープ!利休好みの菓子「ふのやき」の作り方【再現!江戸飯レシピ8】

         

    茶人千利休が茶会でよく用いたといわれる茶菓子のひとつ「ふのやき」。「麩の焼き」と書き、「麩」…

  8.  

    これぞ蕎麦好きの真骨頂!石臼を回して作る最高の年越し蕎麦【片山虎之介の蕎麦談義 第2回】

         

    文・写真/片山虎之介ひとそれぞれ、様々な年越し蕎麦の食べ方があると思うが、今回は、我が家の年…

  9.  

    台湾グルメの真骨頂!美食の街・台南ならではの5つの美味小吃(シャオチー)

         

    台湾グルメと言えば、小龍包や魯肉飯、マンゴーかき氷などを思い浮かべる人が多いのではないだろうか。台湾…

  10.  

    沖縄で冬至に食べる伝統料理「トゥンジージューシー」の作り方【沖縄ぬちぐすい紀行18】

         

    冬至は二十四節気のひとつで、1年で最も昼が短い日。ここ沖縄では「トゥンジー」と呼び、夕方5時…

  11.  

    而今|ハレの日にふさわしい品格ある甘美な酒(木屋正酒造)【今宵の一献 第18回】

         

    日本全国には大小1,500の酒蔵があるといわれています。しかも、ひとつの酒蔵で醸(かも)すお酒は種類…

  12.  

    年末恒例サライの「日本酒」大特集!酒好き編集長が「旨い」と唸った日本酒はこれ

         

    文/小坂眞吾(サライ編集長)早くも日本酒の新酒が出回りはじめ、左党には嬉しい季節とな…

  13.  

    雷鳴のようなバリバリ音が食欲をそそる!豆腐の油炒め「雷豆腐」【再現!江戸飯レシピ7】

         

    本連載の第1回目で、豆腐料理ばかりを100種類紹介する料理本『豆腐百珍』をご紹介しましたが、…

  14.  

    知っておきたい!「食用油」の上手な摂り方・使い方の秘訣【エピキュール藤春シェフのケアリングフード講座 第3回】

         

    オリーブオイル、ココナッツオイル、アマニ油……、ここ数年、健康志向のオイルブームが続いていま…

  15.  

    味噌と醤油ふたつの味わい!旨いラフテーの作り方【沖縄ぬちぐすい紀行17】

         

    鳴き声以外は全部食べる−−。沖縄で豚との付き合い方を表す言葉ですが、ミミガー(耳皮)、チラガ…

  16.  

    国際コンクールでベスト日本ワインに輝く!「シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2015」

         

    ワインといえばフランス、イタリア、スペイン、ドイツなどの欧州勢。そして近頃は安価ながらも高品…

  17.  

    【口福みやぎ丸 第6回】気仙沼のメカジキ――刺身でも火を通しても旨い、美しき桜色の身肉【PR】

         

    宮城県は、海の幸の宝庫。複雑な段丘が、海岸線に大小の豊かな湾を形成する。船を走らせれば、世界有数の漁…

  18.  

    サライ1月号は「日本酒」と「蟹」の2大特集+特製ショルダーバッグ!

         

    今号は年末恒例となった名物企画「日本酒」の大特集に、旬を迎えている「蟹を究める」の特集を加え…

  19.  

    『分とく山』野﨑洋光さん直伝!井上誠耕園「エキストラヴァージン緑果オリーブオイル」の香りと風味を活かした家庭で楽しむ和の献立3選【PR】

         

    “日本の地中海”とも呼ばれる瀬戸内海に浮かぶ小豆島(しょうどしま)は、温暖な気候に恵まれ、古…

  20.  

    蟹むき名人が伝授!むきむきみっちゃんが教える「上手な蟹のむき方」動画

         

    『サライ』1月号(12月10日発売)では「蟹(カニ)」を大特集する。ズワイガニにタラバガニ、…

  21.  

    東京の名店で味わえる「とっておきの名物まぐろ料理」4つ

         

    『サライ』本誌12月号の大特集は「まぐろに幸あり」。日本人の食生活に欠かせない魚である「まぐろ」に、…

  22.  

    これは豪快!元まぐろ船コック長が教える「まぐろの旨い食べ方」2つ

         

    刺身からステーキまで、まぐろの食べ方は多種多様。より旨く食べるには、まぐろを知り尽くした料理人に聞く…

  23.  

    移転前に味わっておきたい!料理人も太鼓判押す「築地市場内の美味処」5選

         

    築地市場には、市場で働く人や買い出しに来る人の“胃袋”を支えている料理店が多くあります。食材を見る目…

  24.  

    酒造りへの思いを世界に発信!名酒『獺祭』(だっさい)がロブション氏と共同でパリ出店を発表

         

    今や料理人として世界的に名高い、ジョエル・ロブション氏。1976年、初来日のとき日本料理に興…

  25.  

    金鼓 濁酒|爽やかな酸味が弾ける古式伝承のにごり酒(奈良・大倉本家)【今宵の一献 第17回】

         

    日本全国には大小1,500の酒蔵があるといわれています。しかも、ひとつの酒蔵で醸(かも)すお酒は種類…

  26.  

    まぐろの目利きになる!日本で食べられている「まぐろ」の種類と部位の違い

         

    日本人にとっての“ご馳走魚”の筆頭「まぐろ」。さまざまな食べ方が考案され、江戸前鮨では最高の…

  27.  

    お米は悪者じゃない!知っておきたい糖質コントロールの極意【エピキュール藤春シェフのケアリングフード講座 第2回】

         

    肥満や糖尿病の原因になるからと、最近、お米やパンなど炭水化物は“悪者”扱いになっています。し…

  28.  

    下等な魚だった「まぐろ」が日本人の「ご馳走魚」に成り上がった理由

         

    今や「まぐろ」は、日本人にとっての“ご馳走魚”。さまざまな食べ方が考案され、江戸前鮨では最高…

  29.  

    まぐろ好きなら巡礼したい!極上まぐろを満喫できる日本の3つの港町

         

    いうまでもなく、まぐろは日本人にとっての“ご馳走魚”。さまざまな食べ方が考案され、江戸前鮨では最高の…

  30.  

    今年こそ最後の年の瀬!? サライが選んだ築地場外「おみやげの逸品」9選

         

    移転問題で揺れている築地市場。今年予定されていた豊洲への移転は延期されましたが、「いつ」にな…

PAGE TOP