新着記事

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その2

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫…

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その1

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

医療ジャーナリストが教える、がん治療の偽情報に惑わされないための処方箋

医療ジャーナリストが教える「やってはいけない がん治療 」

文/鈴木拓也今までの常識が覆されることもある、日進月歩のがん治療。世間に流布するがん関連…

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

文・写真/倉田直子(海外書き人クラブ/オランダ在住ライター)2020年春、世界中が未知のウイ…

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

よく耳にしますよね。「遺産分与の協議での揉め事」、或いは「不動産の名義変更の手続きの煩わしさ…

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じ…

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の…

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

文/印南敦史慢性的な疲れを抱え、「いくら寝ても疲れがとれない」という方も少なくないだろう…

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

文/砂原浩太朗(小説家)近年、戦国史の見直しが目覚ましいほどにすすんでいる。武将への…

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大によって長引いた学校の休校によって、にわかに議論されるよう…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行海外旅行

  1. ビュガラッシュ山全景  

    「地球最後の日」に人々が殺到した南仏の小さな村|謎多きカタリ派の里を訪ねる

         

    文・写真/レリソン田島靖子(海外書き人クラブ/フランス在住ライター)フランス南西部の村、ビュガラッシュ。フランス人でも、その名を知る人は多くない。電車もバスも通らない。ピレネー山脈の山あいに位置する、小さな村だ。…

  2.  

    南太平洋の楽園タヒチへ!サライ編集長が体感した自然と感動の4泊6日[PR]

         

    取材・文/小坂眞吾(サライ編集長)海外にはめったに行かない私だが、南の島タヒチでひと足早い夏…

  3. 世界の旅トレンドは「サステイナブル・トラベル」!  

    あなたが宿泊する施設には「エコラベル」ありますか?|世界の旅トレンドは「サステイナブル・トラベル」

         

    地球環境を保全しつつ持続が可能な産業や開発を表す、“サステイナブル”。世界の旅行者の72%が…

  4. 台湾といえば小籠包。だが、小籠包以外にも美味しい食べ物がたくさん!  

    「買2送1」って何?|台湾旅行で知っていると便利な豆知識【飲食編】

         

    近年行ってみたい海外の旅行先ランキングで常に上位の人気の国、台湾。東京から約3時間半と、気軽に行けて…

  5. 有名な士林の夜市。食べ物の店は地下にある。  

    スーパー・コンビニに無料の袋はない!?|台湾旅行で知っていると便利な豆知識【街歩き編】

         

    近年行ってみたい海外の旅行先ランキングで常に上位の人気の国、台湾。東京から約3時間半と、気軽に行けて…

  6. 夜の台北駅。  

    台北駅は3つある!?|台湾旅行で知っていると便利な豆知識【移動手段編】

         

    近年行ってみたい海外の旅行先ランキングで常に上位の人気の国、台湾。東京から約3時間半と、気軽に行けて…

  7. トルコで18件目の世界遺産に登録  

    ピラミッドよりも古い!世界最古の神殿「ギョベクリ・テペ」の謎(トルコ)

         

    文・写真/横溝絢子(海外書き人クラブ/トルコ在住ライター)世界最古の神殿トルコの南東部は、文…

  8. 空から眺めるウルルの全容  

    ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

         

    写真・文/石津祐介ブリスベンからエアーズロックへ【前回はこちら】ブリスベン6時発のジ…

  9.  

    サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

         

    文/小坂眞吾(サライ編集長)『サライ』2019年1月号に掲載された特別企画「美食紀行 マカオ…

  10. 日が暮れる頃まで西安城壁には老若男女が集う  

    「長安」城壁散策から見えてくる悠久の歴史|遣隋使・遣唐使の足跡が残る中国・西安を旅する

         

    写真・文/藪内成基シルクロードの起点であり、隋や唐の都として栄えた長安(現在の西安)…

  11. オーストリア国鉄のシティジェット  

    世界で初めて世界遺産に認定された鉄道| センメリング鉄道を満喫するアルプスの旅

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)アルプスの小国オーストリアの首都ウ…

  12. メープルシロップ  

    カナダの名産品「メープルシロップ」はどうやってできる?| 首都オタワ近くのメープル農家を訪問してみた

         

    文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)カナダの名産品…

  13. 最終的に色付けをしてできあがり  

    ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭りアーティストとはいったい何?

         

    文・写真/田川敬子(海外書き人クラブ/スペイン在住ライター)3月になりバレンシアは色めき立っ…

  14. 見た目のインパクトが大きい子豚の丸焼き・レチョン  

    世界中の美食家がフィリピンに注目!|「マニラガストロノミー」を体感する、今行くべき3つのレストラン

         

    取材・文/関屋淳子今、マニラでは新進気鋭のシェフたちがフィリピンの食材や料理法を使ったガストロノ…

  15. 多くの観光客で賑わうコルコバードの丘のキリスト像  

    新・世界七不思議に選ばれたリオデジャネイロのシンボル|「コルコバードのキリスト像」はどうやって作られた!?

         

    文・写真/マンゲイラ靖子(海外書き人クラブ/ブラジル在住ライター)ブラジル観光の人気スポット…

  16. メスカルのお伴はライムではなくオレンジ。そこにチリパウダーを混ぜた塩と乾燥させたグサノ(イモムシ)があれば完璧だ。  

    アメリカで大人気の「メスカル」、神の酒「プルケ」、メキシコワイン「Madera 5」|テキーラだけじゃない、メキシコの地酒を嗜む

         

    文・写真/長谷川律佳(海外書き人クラブ/メキシコシティ在住ライター)メキシコのお酒と聞くと真…

  17. 「ザ・ガン号」その2  

    豪華寝台列車「ザ・ガン号」で1420㎞の荒野を行くオーストラリア大陸縦断の旅【後編】キャサリン→アリススプリングス [PR]

         

    文・写真/櫻井 寛※豪華寝台列車「ザ・ガン号」で1420㎞の荒野を行くオーストラリア…

  18. 世界第二のビール消費国、オーストリアのビール事情と工場見学  

    世界第二のビール消費国・オーストリア|飲み放題の試飲付き「ビール工場」見学ツアーを体験!

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)一人当たりのビール消費量が世界第二…

  19. 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。  

    ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法

         

    文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)完璧な音楽などというも…

  20.  

    豪華寝台列車「ザ・ガン号」で1420㎞の荒野を行くオーストラリア大陸縦断の旅【前編】ダーウィン→キャサリン [PR]

         

    文・写真/櫻井 寛今から90年前の1929年、南オーストラリアの州都アデレードから、…

  21. イギリス政治の中心地ロンドン・ウェストミンスター  

    イギリスのブレグジット問題|あるスコットランド女性の憂いとチャレンジ

         

    文・写真/石橋貴子(海外書き人クラブ/スコットランド在住ライター)今、イギリスが揺れ…

  22.  

    ドナウ河の渓谷と世界遺産を走り抜けるローカル線「ヴァッハウ鉄道」

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)オーストリアに10か所ある世界遺産…

  23. 眩いばかりの黄金製品も多数展示されている。  

    ラテンアメリカ第1位に輝く「ラルコ博物館」(リマ) |性の営みを表現した土器が有名な「エロティック・ギャラリー」は必見!

         

    文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)海外旅行で博物館を訪れるこ…

  24. アンコール遺跡群  

    3位マチュピチュ、2位サグラダ・ファミリア、1位は?|旅好きが選ぶ!日本人に人気の海外観光スポットベスト20

         

    日本のパスポートで、ビザなしで渡航できる国や地域の数は190ヵ所と、世界一である。そんな最強のパスポ…

  25. 咸臨丸  

    所縁の地サンフランシスコで巡る幕末の歴史|「咸臨丸」水夫達の眠る墓地に想う

         

    文・写真/杉野美穂子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)『咸臨丸』、幕末の…

  26. 3時間半でスコットランドを飲んで、食べ尽くす「フードツアー」  

    短時間でエディンバラの名物を飲んで食べ尽くす!|新しい観光スタイル「フードツアー」のススメ(スコットランド)

         

    文・写真/石橋貴子(海外書き人クラブ/スコットランド在住ライター)食事は、旅行中の何よりの楽…

  27. ピエール・ブーレーズ・ザール  

    世界的指揮者ダニエル・バレンボイムの理想を建築家フランク・ゲイリーが実現したホール「ピエール・ブーレーズ・ザール」(ベルリン)

         

    文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)クラシック音楽ファンの天国、ベ…

  28. ラハイナのサトウキビ列車、今は不定期運転  

    マウイ島とハワイ島で、廃線鉄道を探る【ハワイ楽園鉄道3】

         

    文・写真/杉﨑行恭■フラになったマウイの鉄道フラに『カア・アヒ・カフルイ』(Ka`a Ahi…

  29. シティのビル群が一望できるビュースポット、カンガルー・ポイント。  

    ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ブリスベン編】

         

    写真・文/石津祐介ウルル(エアーズロック)への運航が開始オーストラリアの航空会社ジェットスタ…

  30. リーガースブルク城  

    実在した「魔女狩り」の謎|岩山の上に建つキリスト教界で最強の古城・リーガースブルク城(オーストリア)

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)中世ヨーロッパで一世を風靡した、魔…

PAGE TOP