新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

写真・文/矢崎海里さんまに新米、きのこやさつまいもなど、秋は特に旬の食材が豊富ですが…

ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー

「アメリカン・ニューシネマの洗礼を受けた」映画|『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』【面白すぎる日本映画 第34回・特別編】

文・絵/牧野良幸映画俳優のピーター・フォンダがこの8月に亡くなった。享年79歳。また…

資産形成

ビジネスパーソンの預貯金平均額は20代452万円、30代682万円、40代952万円!|老後資金の資産運用、何してる?

2019年6月に金融庁の報告書によって公表された試算結果によると、公的年金だけでは、65歳か…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

文/印南敦史『口がきれいだと、健康で長生きできる』(古舘 健 著、KADOKAWA)の著者の…

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

七福神の「大黒様」と「恵比須様」の朗らかな笑顔に癒やされる錫の球。一見、置物に見えるが、実は…

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

「起業」することが身近な時代になりました。freee株式会社が、20~69歳の有職者男女90…

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド…

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載…

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは?

取材・文/渡辺陽(わたなべ・よう)大手製薬企業や大学病院が研究開発にチャレンジしては…

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行海外旅行

  1.  

    貝殻で埋め尽くされた英国の謎すぎる地下洞窟「シェル・グロット」の異様と幻想

         

    文/塚田沙羅(ロンドン在住ライター)イングランドの東端に、約180年前に発見されたという貝殻で装飾された地下洞窟があります。その名も「シェル・グロット(Shell Grotto=貝の洞窟)」。イギリスの重要な歴史的建造物として登録さ…

  2.  

    まるで天国!壮麗なるボロブドゥール遺跡で俗世からの解脱を体感する

         

    文・写真/さいとうかずみ(インドネシア在住)過去世からの融合点我々は生涯に幾度もの夜…

  3.  

    現地ライターが推薦!巡ってみたいオーストリアの名城6選

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター)ハプスブルク帝国の都ウィーンを首都に持つアルプス…

  4.  

    ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

         

    文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

  5.  

    インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

         

    文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

  6.  

    ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

         

    文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

  7.  

    タイ・チェンマイにある幻の都「ウィアン・クム・カーム」遺跡を訪ねる

         

    文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)山紫水明の美しさと風雅な伝統文化を満喫できるタイ第…

  8.  

    スタインベックの傑作『怒りの葡萄』の舞台を辿るルート66の旅

         

    文・写真/大井美紗子(アメリカ在住ライター)貧しいオクラホマを離れ、豊かなカリフォルニア…

  9.  

    この世のものとは思えない!トルクメニスタンで「地獄の門」を覗いたら

         

    文/ギュルソユ慈(トルクメニスタン在住ライター)「地上の楽園」「天国のような」と形容…

  10.  

    フィレンツェからウィーンへ!ヨーロッパの古都をつなぐ寝台列車の旅

         

    文・写真/千夏英二(欧州在住ライター)最後の夜行列車飛行機や新幹線が発達し、日本で夜行列…

  11.  

    アルプスの古都「インスブルック」夏に長期滞在したくなる理由とは?

         

    文/印南敦史もうすぐ、ジメジメとした日本の暑い夏がやってくる。最高気温が更新されるた…

  12.  

    アルプスの美峰シュネーベルク山を登山鉄道で行く小さな旅(オーストリア)

         

    文・写真/ひょろ(オーストリア在住ライター)音楽と芸術の都ウィーンを首都とする、アルプスの小…

  13.  

    天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

         

    文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

  14.  

    英国ドラマの傑作『ダウントン・アビー』の舞台を訪ねる優雅な旅

         

    文/印南敦史エミー賞、ゴールデングローブ賞など数々の受賞実績を持つ『ダウントン・アビー』とい…

  15.  

    小型船「バルジ」で行くブルゴーニュ地方の運河クルーズ

         

    文/印南敦史フランスでは18〜19世紀にかけ、生活物資を運ぶための河川交通網として、…

  16.  

    プチトラン・ジョーヌ|ピレネー山脈の麓を走る黄色い絶景列車

         

    南フランスのさらに南端、スペインとの国境にそびえるピレネー山脈。その麓を、小さな山岳列車がこ…

  17.  

    南フランス「オクシタニー地方」訪ねてみたい8つの美しい街

         

    2016年1月に行われたフランスの地方再編により、それ以前に22あった地域が13に統合された…

  18.  

    ペルー北部の「クエラップ遺跡」は第2のマチュピチュになるか

         

    ペルー北部にある前インカ時代の巨大遺跡「クエラップ遺跡」をご存じだろうか。標高約30…

  19.  

    シャンパーニュ地方の知られざる実力派シャンパン生産者を巡る

         

    写真・文/yOU(河﨑夕子)シャンパンの酔い方と言うのは実に不思議だ。飲むとすぐにふ…

  20.  

    意外と行きやすい!絶海の孤島イースター島にモアイ像を見に行く[PR]

         

    モアイ像が佇ずむイースター島。ポリネシアの東の果てにある絶海の孤島は、日本から訪れるにはあまりに遠い…

  21.  

    世界遺産にも登録!楽園タヒチにポリネシア最大の宗教遺跡を訪ねる[PR]

         

    今年7月、南太平洋に新たな世界文化遺産が登録された。フランス領ポリネシア、ライアテア島の宗教…

  22.  

    世界遺産に登録!インド「アーメダバード」の見どころ4つ

         

    2017年7月、ポーランドのクラコフで行われていた世界遺産委員会において、日本の宗像・沖ノ島…

  23.  

    一度は泊まってみたい!アジアの名門ホテル4軒

         

    文/印南敦史過去に栄えた文明の跡を訪ねるもよし、街角で生きる人々のパワフルかつダイナミックな…

  24.  

    シャンパーニュ地方の中心ランス周辺のシャンパンメゾンを巡る

         

    写真・文/yOU(河﨑夕子)シャンパンの酔い方と言うのは実に不思議だ。飲むとすぐにふわりと高…

  25.  

    エジプトを旅するなら巡ってみたいナイル河沿岸の5つの町

         

    ナイル河には、古代から人々の暮らしを潤し、類稀なる文明を育んできた歴史がある。クルーズをして…

  26.  

    トルコを旅するなら訪ねたいエーゲ海沿岸の美しい街と島

         

    トルコと聞いてまず頭に思い浮かぶのは、ヨーロッパとアジアの架け橋であるイスタンブールではないだろうか…

  27.  

    古都ウィーン周辺に芳醇なる美酒の作り手を巡る【旨し美しウィーンの食文化3】

         

    取材・文/関屋淳子オーストリアの首都・ウィーンは芸術の都、音楽の都と称されます。サライ世代に…

  28.  

    ウィーンのエスカルゴは美味なる“未来のフード”【旨し美しウィーンの食文化2】

         

    取材・文/関屋淳子オーストリアの首都・ウィーンは芸術の都、音楽の都と称されます。サライ世代に…

  29.  

    お土産に欲しい!古都ウィーンの伝統スイーツ5選【旨し美しウィーンの食文化1】

         

    取材・文/関屋淳子オーストリアの首都・ウィーンは芸術の都、音楽の都と称されます。サライ世代に…

  30.  

    ランス|シャンパーニュの有名メゾンが軒を連ねる美しい街を訪ねる

         

    取材・文/鳥海美奈子フランスの新幹線TGVで、パリからわずか45分で到着するシャンパーニュの…

PAGE TOP