新着記事

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

今のうちに足元を固め、できることを始めよう【アクション編】リタイアまでに不足額をどのようにし…

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

実家の表具店で、職人たちの働きを幼いころから見てきたという小林新也氏は、ものづくりを追求する…

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

文/池上信次第20回「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか…

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

最大9連休だった今年のお盆は終わってしまいましたが、まだ夏休みを取られていない人、9月の連休…

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

文/印南敦史少なくとも十数年前まで、「定年」ということばには明るいイメージが多少なりともあっ…

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

戦前、わずか4社しかなかった国産時計メーカーのひとつ、村松時計製作所の初代は、他社では困難だ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

写真・文/矢崎海里皆さん、「煎り酒」という調味料をご存じですか。古くは日本の調味…

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

全国の中学生・高校生(中高生)に対し、大人へのイメージや10年後の日本の見通しについてどう考…

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

現状が順調な経営であったとしても、危機は必ずやってくる。そんな時、リーダーとしてはどのように…

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

サンマに代表される秋の魚のおいしい季節がやってくる。いつもガスグリルを使って魚を焼いているサ…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行海外旅行

  1. オタワからキングストンまでを結ぶ202kmの運河  

    カナダ最大のアツモリソウ群生地と世界遺産リドー運河の終着地・首都オタワ 【カナダ・オンタリオ州の旅3】

         

    写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202kmにおよび47か所の水門によって結ばれている。今回は、希少なランの一種であるアツモリソウが群生するプルドン保護区と、リドー運河の終着地とな…

  2. マジック  

    街を歩けばカフェに当たる!? コーヒーの街メルボルンで極上の一杯を堪能。

         

    文・写真/南野真琴(海外書き人クラブ/オーストラリア在住ライター)オーストラリア南東部に位置…

  3.  

    マカオ美味紀行|東西文明の出合いが生んだ比類なき味覚を旅する[PR]

         

    約500年前の大航海時代が繁栄をもたらしたマカオ。2005年にユネスコの世界文化遺産となり、2017…

  4. “北のマチュピチュ” “第二のマチュピチュ”と称される「クエラップ遺跡」  

    ペルーのコンドル湖で発見されたミイラの謎|219体のミイラと2000体以上の人骨を収容するレイメバンバ博物館

         

    文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ペルー・アマゾナス州南部の…

  5. クリスマスのショーウィンドー  

    ベルリン、ドレスデン、フランクフルト|本場ドイツのクリスマスマーケットを行く

         

    文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)クリスマス…

  6. ヴァンフック村のゲートは2010年に建造された。両脇に職人をモチーフにした彫り物が。  

    シルクの町・ヴァンフック村と焼き物の町・バッチャン村(ベトナム)|ハノイ日帰り観光(後編)

         

    写真・文/yOU(河崎夕子)ハノイはベトナムの北部に位置する首都。ホーチミンに次ぐベトナム第二の…

  7. ベトナムの家庭料理  

    景観保存に日本も関わるドウォンラム村(ベトナム)|ハノイ日帰り観光(前編)

         

    写真・文/yOU(河崎夕子)ハノイはベトナムの北部に位置する首都。ホーチミンに次ぐベトナム第二の…

  8. 「イギリス人は傘をささない」について考察してみた  

    「イギリス人は傘をささない」について考察してみた

         

    文・写真/石橋貴子(海外書き人クラブ/スコットランド在住ライター)イギリスは雨が多い…

  9. グライヒェンベルグ鉄道  

    二度の大戦と冷戦を見守った、国境近くのローカル線「グライヒェンベルグ鉄道」(オーストリア)

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)オーストリアには、さまざまな歴史背…

  10. 奇跡の階段  

    「なぜ立っているのかわからない」世界中の建築家が首をかしげるサンタフェ「奇跡の階段」

         

    文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)サンタフェは、キリスト教の町だ…

  11. 死亡率は1割ほど  

    「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは?

         

    文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)アメリカ映画――特に南北戦争か…

  12. ハワイ楽園鉄道2  

    真珠湾の裏から発車する旧オアフ鉄道のトロッコ列車に乗る【ハワイ楽園鉄道2】

         

    文・写真/杉﨑行恭レンタカーで「どこだ、どこだ」と探しまわった真珠湾北側、エワという…

  13. ホノルルに残るオアフ鉄道のターミナル駅舎  

    ハワイ王国滅亡の物語と鉄道で島を支配したアメリカ【ハワイ楽園鉄道1】

         

    文・写真/杉﨑行恭ハワイと鉄道。そう聞くと不思議な感じがするが、じつはハワイ諸島には…

  14.  

    コカ・コーラはスペインで生まれたという噂を探る

         

    文・写真/田川敬子(海外書き人クラブ/スペイン在住ライター)アイエロ・デ・マルフェリは、バレ…

  15.  

    ウィーン、ブタペスト、プラハ|麗しき中欧諸国の「オペラハウス」巡り

         

    文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)オペラと聞…

  16.  

    EUで最も傾斜のきつい標準軌鉄道「エルツベルク鉄道」(オーストリア)

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)アルプスの小国オーストリアでは、山…

  17.  

    知ればもっと楽しめる!マカオ旅行の前に知っておくべき歴史背景まとめ

         

    取材・文・写真/小坂眞吾(『サライ』編集長)別の記事でもお伝えしているように、初めてマカオを…

  18.  

    サライ編集長が行ってみた!マカオ歴史&美味紀行【後編】

         

    取材・文・写真/小坂眞吾(『サライ』編集長)「マカオに行ってきました」というと、必ず帰ってく…

  19.  

    サライ編集長が行ってみた!マカオ歴史&美味紀行【前編】

         

    取材・文・写真/小坂眞吾(『サライ』編集長)「マカオに行ってきました」というと、必ず帰ってく…

  20.  

    氷像のチャップリンも!?スイス・チャップリンワールド探訪レポート

         

    取材・文/関屋淳子クリスマスマーケットで賑わう2017年冬。ヨーロッパ最高の標高3454mに鉄道…

  21.  

    スイスの優美なクリスマスマーケットを訪ねる

         

    取材・文/関屋淳子ヨーロッパの冬の風物詩といえば、各都市で開催されるクリスマスマーケット。アドヴ…

  22.  

    5.7キロの空中散歩!スリル満点の香港はいかが?

         

    文・写真/りんみゆき(海外書き人クラブ/香港在住ライター)風水を日常生活の一部として取り入れ…

  23.  

    500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

         

    文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

  24.  

    微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

         

    文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

  25.  

    退職金でしたい事1位は海外旅行!お金をかけるポイントは?

         

    会社を辞めるときにもらえる「退職金」。近年、退職金制度の見直しや制度自体を廃止する企業も増え…

  26.  

    美食の都リマのトップレストラン3店| 世界のフーディーズが絶賛するペルー料理の魅力

         

    文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)今、ペルー料理の躍進が止まらない。…

  27.  

    オーストリアの「緑のワイン」をワイン居酒屋「ホイリゲ」で満喫

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)オーストリアは紀元前からの歴史を持…

  28.  

    オバマ元大統領も訪れたバリ島の「聖なる泉」ティルタ・ウンプル。万病に効くという聖水を浴びると…

         

    文・写真/さいとうかずみ(インドネシア在住/海外書き人クラブ)インドネシアのバリ島に、「万病…

  29.  

    知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【4】食とホテル事情

         

    取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

  30.  

    世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

         

    写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

PAGE TOP