新着記事

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載…

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載…

ドレッシング利用者は9割弱。「週に2~3回」がボリュームゾーン

チャーハン? 刺身? 漬け物? サラダだけじゃないドレッシングの意外な利用法

健康や美容のためにも、毎日食べたいサラダ。そんなサラダに欠かせないものといえばドレッシングですが、ス…

電話に出られない時に知っておきたい3つの対応方法【スマホ基本のき 第1回】

いまや生活必需品家電のひとつといっても過言ではない、スマートフォン(略してスマホ)。様々な機能が…

サライ・オリジナル手帳カバーとペンケース|付録の手帳が装着できる革製カバーとペンケース

『サライ』特製のスケジュール手帳は、その使いやすさで毎年大好評をいただいている、サライ名物の…

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27 】

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27】

文/晏生莉衣世界中から多くの人々が訪れるTOKYO2020の開催が近づいてきました。楽しく有意義…

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

お湯で温めたり、電子レンジでチンするだけで、簡単に食べられるレトルト食品。最近は、種類も豊富で、…

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

ビジネスパーソンにとってコミュニケーションは重要な要素であり、時には武器にもなる。だが、中に…

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

文/印南敦史まず、タイトルのセンスが秀逸である。これには、定年を過ぎた人、あるいは定年を間近に迎…

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

コレステロールと聞くと、あまりよくないイメージを抱く人が多いことと思います。善玉コレステロール、悪玉…

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

新・ひと皿の歳時記

  1.  

    チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと皿の歳時記20】

         

    取材・文/山本益博根津にある『タケル』は、うどんの名店『釜竹』が経営する、オムライスが売り物の洋食屋。こちらのオムライスは、スタンダード版とスペシャル版の2種類がある。スタンダードは、いわゆるケチャップで炒めたチキンライスを…

  2.  

    大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳時記19】

         

    取材・文/山本益博東京を代表するグランメゾンとして名高い『アピシウス』。グランメゾン…

  3.  

    東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】

         

    取材・文/山本益博東京・初台にあるレストラン『Anis(アニス)』は、肉好きには堪らない店で…

  4.  

    東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記17】

         

    文・写真/山本益博このほど出版された『ミシュラン東京2018』で、神宮前の『傳』が2つ星に復…

  5.  

    街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新ひと皿の歳時記16】

         

    文・写真/山本益博東京の大井町に、家族3人でまかなう小さな中国料理店『萬来園(ばんらいえん)…

  6.  

    小野二郎さんも感嘆!宮崎・延岡『きたうら善漁。』の鮮魚2品【新ひと皿の歳時記15】

         

    文・写真/山本益博今年の11月3日~5日の3日間、宮崎県・延岡市で『のべおか国際食卓会議』が…

  7.  

    破格の値段で見事なてんぷらを堪能!東京・富岡『ふく庵』【新ひと皿の歳時記14】

         

    文・写真/山本益博東京・冨岡にてんぷら屋『ふく庵』が開店したのは、今年の6月のこと。…

  8.  

    京都・祇園『にくの匠 三芳』で関西の和食の底力を実感【山本益博ひと皿の歳時記13】

         

    文・写真/山本益博牛肉と言えば、関西です。そこで、牛肉をステーキでなく、いろいろな部位を楽し…

  9.  

    東京・小石川『洋食フリッツ』|通わずにはいられない復活の洋食屋【新ひと皿の歳時記12】

         

    文・写真/山本益博かつて、赤坂に『フリッツ』という洋食屋があった。「フリッツ」はフラ…

  10.  

    四谷『後楽寿司 やす秀』|いま一番応援のし甲斐がある鮨屋【新ひと皿の歳時記11】

         

    文・写真/山本益博わたしが『やす秀』に初めて出かけたのが2年半ほど前。若い主人の綿貫安秀(や…

  11.  

    京都・祇園『喜心』でいただく優しい朝ごはん【新ひと皿の歳時記10】

         

    文・写真/山本益博今回ご紹介する「喜心」は、京都・祇園の小さなホテルの1階にあるお店です。…

  12.  

    かき氷×たいやきが最高!麻布十番『浪花家総本店』での夏の楽しみ【新ひと皿の歳時記9】

         

    文・写真/山本益博かき氷の季節ですね。この季節になると私が必ず出かけるのが、麻布十番の『浪花…

  13.  

    駒形どぜう(東京・浅草)ぬる燗で江戸風情を堪能!【新ひと皿の歳時記8】

         

    文・写真/山本益博どじょうなべは、額に汗をかきかき、手拭でその汗を拭きながら食べる鍋…

  14.  

    本場仕込みのペルー料理に舌鼓!東京・上馬『Nativo』の「セビーチェ」【新ひと皿の歳時記7】

         

    文・写真/山本益博イタリア、スペインと南米ペルーで料理の修業をしてきた太田シェフが、…

  15.  

    北京宮廷料理の粋を再現!銀座『厲家菜』の「香鶏のスープ煮」【新ひと皿の歳時記6】

         

    文・写真/山本益博北京に本店がある『厲家菜(レイカサイ)』が、銀座に再出店して1年が経ちまし…

  16.  

    銀座『レカン』|東京を代表するグラン・メゾンが新装開店【新ひと皿の歳時記5】

         

    文・写真/山本益博ミキモトビルが改装のため、そのビル地下のレストラン「レカン」もしば…

  17.  

    鰻重の味ひきたてる裏技とは?東京・白金台『うなぎ藤田』【山本益博の新ひと皿の歳時記4】

         

    文・写真/山本益博「江戸前」というと、まず「鮨」を思い浮かべるかもしれないが、実はは…

  18.  

    伝説になる前に!赤坂『フィッシュ』の「キーマカレー」【山本益博の新ひと皿の歳時記3】

         

    文・写真/山本益博今から20年ほど前、新宿から青梅街道を西荻窪の自宅まで車を走らせて…

  19.  

    路地裏に佇むジビエの聖地!六本木「ラ・シャッス」【山本益博の新ひと皿の歳時記2】

         

    文・写真/山本益博10年を超える歴史があるのに、長らくこの店の存在を忘れていた。…

  20.  

    小麦の味を純粋に楽しむ!根津『釜竹』の細ざるうどん【山本益博の新ひと皿の歳時記1】

         

    文・写真/山本益博私が初めて『釜竹』(かまちく)を知ったのは、今から20年以上前、大…

PAGE TOP