新着記事

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

リネン使いの中折れハット|亜麻の感触が心地よいざっくり編みの涼しい帽子

帽子は、いくつあっても邪魔にならない紳士の必須アイテムだ。服装や季節に合わせ、その日に合った…

シニアの白髪染め|やるorやめる「65歳」が分かれ目?

年齢を重ねると共に、増える白髪。実年齢より老けて見える、苦労しているように見える、などの理由…

日本人なら知っていたい「箸」の常識【食いしん坊の作法 第8回】

文/山本益博日本人が一生のうちで最も使う道具と言えば、「箸」ではないでしょうか?とこ…

長谷寺に伝わる“お経の音楽”「声明」が日本橋三越で聴ける特別なイベント

声明(しょうみょう)とは、お経に節をつけて唱える荘厳な仏教音楽の一種である。中でも、真言宗豊…

【夕刊サライ/神取忍】ケガの絶えないプロレス稼業で、神取は検査マニアになった!?(神取忍の健康・スポーツコラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

駒形どぜう(東京・浅草)ぬる燗で江戸風情を堪能!【新ひと皿の歳時記8】

文・写真/山本益博

どじょうなべは、額に汗をかきかき、手拭でその汗を拭きながら食べる鍋料理です。つまり、鍋物なのに夏の風物詩。歳時記でも「どじょうなべ」は夏の季語になっています。

台東区、墨田区、江東区の下町には「どじょう」専門店が何軒もありますが、私の一押しは江戸創業の老舗「駒形どぜう」。大広間の座敷に座り、注文したどじょうなべに葱を山盛りにし、ぬる燗を酌み交わしながら、ふっくらと煮上がったどじょうをいただく風情は、江戸時代にタイムスリップした感覚です。

そのどじょうなべ、どじょうの骨を抜いた「ぬき」を好む方がいますが、どじょうの持ち味は骨の苦みにありますから、そのままの姿の「まる」が正統派ですね。

まるなべ

調味料は唐辛子と山椒が用意されてありますが、こちらは好みの問題。私はいつもどじょうの苦みと山椒の相性を楽しんでいます。

そうして、締めはどじょう汁に御飯。なべでいただいたどじょうとはまたひと味違った味わいで、濃い目のみそが御飯の味を引き立ててくれます。

この春、「駒形どぜう」を舞台にした『どぜう屋助七』(河治和香著、実業之日本社刊)が文庫本で出版されました。どじょうを食べる前にお読みになると、いっそう興趣が湧いてきます。

【今日のお店】
『駒形どぜう』(浅草本店)
住所:東京都台東区駒形1-7-12
営業時間:11時~21時(ラストオーダー)
年中無休(大晦日と元日は休業)
電話:03-3842-4001
https://www.dozeu.com/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP