新着記事

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

【夕刊サライ/角田光代】エジプト:悠久の街と、私のなかの悠久(角田光代の旅行コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

長崎・小値賀の2つの教会【長崎の潜伏キリシタン関連遺産を旅する 第2回】旧野首教会/小値賀教会

写真・文/石津祐介キリスト教が禁教とされた時代、頑なに信仰を貫いた潜伏キリシタン。その信仰の…

袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、…

谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】

◎No.21:谷崎潤一郎の長襦袢文/矢島裕紀彦長襦袢と呼ぶには、余りにも絢爛…

犬の飼い主は絶対知っておくべき「夏のキケンな果物」はブドウ

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司人間にとっては美味しい果物ですが、犬や猫にとっては…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「テリーが惚れた偉大なるクルマ賢人たち」(テリー伊藤のクルマコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

鉄板を叩いてつくる山田工業所の「打ち出し式」鉄フライパン【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部中華料理の料理人にとって、鍋は最も重要な道具である。炒める、揚げる、煮る、蒸…

房総半島の小国の大名・里見氏はなぜ関東の覇者と渡り合えたのか【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 1】

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

かき氷×たいやきが最高!麻布十番『浪花家総本店』での夏の楽しみ【新ひと皿の歳時記9】

文・写真/山本益博

かき氷の季節ですね。この季節になると私が必ず出かけるのが、麻布十番の『浪花家総本店』です。この店は「たいやき」で有名ですが、かき氷をいただくにも最適な場所なのです。

なぜかというと、1階の店内には空調設備がありません。近年は扇風機もありません。よりによって、店では真夏でもたいやきを焼いていますから、熱い空気が漂っています。ご主人をはじめ3名のたいやき職人さんは、そんな暑さはどこ吹く風と、黙々とたいやき作りに専念しています。

そんな環境でたいやきとともにいただくかき氷が最高なのです! 眉間がキリキリと痛くなることがありません。

ところで「たいやき」に「天然」と「養殖」があるのをご存知でしょうか? 一度にいくつも並べて焼ける型を使って焼いたたいやきは「養殖」、一つ一つ、型に粉とあんこを詰め込んで焼き上げるのを「天然」というのだそうです。『浪花家総本店』はもちろん、「天然」たいやきです。

このたいやきとかき氷を一緒に注文していただくのが『浪花家総本店』ならではの楽しみ方なのです。

氷宇治とたいやき

まずは、名物の「やきそば」をいただき、しばし、たいやきが出来上がるのを待ちます。かき氷は、品書きに魅力的な氷白玉、氷あずきなどがずらりと並んでいますが、注文するのは「氷宇治」です。この「たいやき」と「氷宇治」の組み合わせこそベストセレクションであります。

焼きそば

たいやきを左手でつまみ、右手にはスプーンを持ち、たいやきを一口かじっては、スプーンで氷宇治を掬って食べます。温かいものと冷たいものが口中で合体、ほど良い温度になって、喉元を過ぎてゆきます。そう、冷たい麺を温かいつゆにつけていただく「つけ麺」感覚と同じですね。

この温かいものと冷たいものを同時に口に運ぶ料理を生み出したのは、私の知るところ、スペインは「エル・ブリ」のフェラン・アドリアではないかしらん。ひとつの器に、冷たいスープを底に、温かいスープを上部に流してグリンピースのポタージュを味わう趣向を生み出しました。1990年代後半のことです。この「たいやき」と「氷宇治」の組み合わせ、フェランが食べたらなんというでしょうね。

お店のご主人、女将さんも公認、お墨付きの真夏のお楽しみです。

浪花家総本店主人

【今日のお店】
『浪花家総本店』
住所:東京都港区麻布十番1-8-14
営業時間:11:00~19:00
火曜日、第3火水連休
電話:03-3583-4975
http://www.azabujuban.or.jp/shop/food/219/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP