新着記事

尾戸焼の酒器セット|酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒器

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

北京宮廷料理の粋を再現!銀座『厲家菜』の「香鶏のスープ煮」【新ひと皿の歳時記6】

文・写真/山本益博

北京に本店がある『厲家菜(レイカサイ)』が、銀座に再出店して1年が経ちました。

厲家菜;店内_s

北京の店に私が初めて出かけたのが1998年の夏のことでした。そこで出会った、香り高くて、爽やかで、食後の満腹感はなく、満足感が湧きおこってくる料理の数々は、今までの中国料理とは全く違うものでした。

もうあれから20年近い月日が流れましたが、今でも忘れられない料理の一つに「香鶏のスープ煮」があります。

鶏のお腹に薬膳食材8種(クコの実、ピーナッツ、干し椎茸、白木耳、干し筍、蓮の実、ナツメ、絹笠茸)の詰め物をし、2時間かけてスープ煮にした料理です。そのスープの清澄にして滋味だったこと。

日本料理のお椀の出汁やフランス料理のコンソメとは一味違う、淡いながらも滋味佳味天味と感じる味わいでした。

1周年を記念して、メニューのお手伝いをさせていただくことになり、どうしてもこの「香鶏のスープ煮」を仲間と一緒に味わいたく、提案させていただきました。

そしてオーナーシェフの厲愛茵さんが、北京に帰って、かつてのレシピを見つけ出し、「西太后」が日常の食事としてこよなく愛したこの料理を日本で初めて再現してくださいました。

先日、その本邦初公開の料理を、仲間とテーブルを囲んでいただいてまいりました。料理の出来栄えは、20年前を思い出すのに十分でした。

これが香鶏のスープ煮。見た目はちょっとグロテスクだが、滋味佳味天味と感じるすばらしい味わい。

宮廷伝来の料理名は「八仙過海」。「八仙」とは、日本でいう「七福神」で、八人の仙人が海を渡ってくる、という意味だそうです。そう思って、大鉢の料理の中の香鶏を眺めると、八仙人を乗せた宝船に見立ててあるように思えます。

清澄にして滋味なるスープ

主菜には、他に「豆腐と帆立の豆鼓ソース」と「豚肉と白菜の煮込み」。「豚肉と白菜の煮込み」は、私が「厲家菜」のメニュー中でも飛び切りお気に入りの一品です。

これら主菜の前には、名物の「前菜10種」がテーブルに2回に分けて並びました。シンプルに、しかし、丁寧に手間をかけ、包丁技の光る「セロリの蛯子酢和え」や「白菜の芥子漬け」などは、いついただいても心に響く野菜料理です。

セロリの蛯子酢和え、白菜の芥子漬け

甜品 ヨーグルト

【今日のお店】
『厲家菜(レイカサイ)』
■住所/東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル9階
■電話番号/03-6228-6768(予約電話番号)
■営業時間/ランチ11:30~15:00(L.O.14:00)、ディナー18:00~23:00(L.O.21:00)
■定休日/日曜
※ドレスコードはスマートカジュアルで。
http://www.reikasai.jp/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP