新着記事

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

本場仕込みのペルー料理に舌鼓!東京・上馬『Nativo』の「セビーチェ」【新ひと皿の歳時記7】

文・写真/山本益博

イタリア、スペインと南米ペルーで料理の修業をしてきた太田シェフが、東京都世田谷区上馬の目立たぬ横丁に開いた店が、カウンター12席のみの『Nativo』(ナティーボ)です。

普段はイタリア料理ですが、要望に応じて、カウンター席を貸切れば、太田シェフが我々にはなじみの薄いペルー料理を作ってくれます。

特徴的な食材と言えば、ヴァラエティ豊かな唐辛子とカカオ。たまねぎもほとんどの料理に登場します。その唐辛子を駆使したセビーチェがじつに美味しい!

鴨のセビーチェ

セビーチェは一般的にマリネのことを指しますが、「魚介のセビーチェ」「鴨のセビーチェ」をいただくと、唐辛子は香辛料ではなく調味料としての役割が大きいことに気づかされます。

辛いものが苦手な部類に入る私ですが、唐辛子への偏見がなくなっただけでも、この経験は貴重でした。「魚介のセビーチェ」は使われている食材の鮮度と質が抜群で、ペルーで食べるより間違いなく美味しいのではなかろうかと思いました。

魚介のセビーチェ

デザートは「カカオのグラニテ」。現地から調達してきたカカオは、香り高く、そして優しい味わいで、まるで夢み心地でした。

カカオのグラニテ

いま、メキシコ、ペルー、ブラジルなど南米の料理が脚光を浴び始めています。グローバルに食材と人材が地球を駆け巡り、計り知れないスピードで未知の料理が紹介されるようになり、本物が味わえる環境になりました。

「Nativo」は本物のペルー料理が味わえる貴重な1軒です。

【今日のお店】
『Nativo』(ナティーボ)
住所/東京都世田谷区上馬1丁目17-8
https://www.facebook.com/NATIVOTOKYO/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP