新着記事

年収が高い都道府県ランキング|1位は東京都で平均474万円

年収が高い都道府県ランキング|1位は東京都で平均474万円

五木寛之さんの60年にわたる作詞活動の集大成!『歌いながら歩いてきた』CD&DVD5枚組セット

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで作る! おうちで燻製レシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで スモークチーズが作れる!カンタン「燻製」入門

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

日常生活に必須の「7つの力」を無理なく向上させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

加齢で衰えた「転ばない力」を回復させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新ひと皿の歳時記16】

文・写真/山本益博

東京の大井町に、家族3人でまかなう小さな中国料理店『萬来園(ばんらいえん)』があります。大通りには面しているのですが、うっかりすると通りすぎてしまうような店構えです。お腹が空いているといっても、中華が食べたいなと思っても、きっと躊躇するまでもなくパスしてしまいそうな、そんな店構えなのです。

ところがその小さな店は、驚くほどの実力を秘めていました。

今回は、寺門ジモンさんがメンバーを揃えて予約を入れてくださいました。彼が当日のメニューをお店と相談して決めてくださったのですが、フカヒレはじめ豪華食材が揃う中、あえて普通の材料ばかりで、と頼んでおいてくださいました。

そうして供された、野菜炒め、餃子、肉団子、炒飯、そして麺の、なんと美味しかったこと!

中国まで勉強に出かけた息子さんが丁寧に仕込んだ材料を、お父さんが手際よく、それもあっという間に調理してしまいます。まさにゴールデンコンビです。

昼は炒飯や麺だけでも食べられるとのことです。カウンター席から調理を目の当たりにする中華料理は格別です。

【今日のお店】
『萬来園(ばんらいえん)』
住所:東京都品川区東大井5-6-8
営業時間:12:00~12:30(L.O)、17:30~21:30(L.O)
定休日:水曜日、日曜日

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 小野二郎さんも感嘆!宮崎・延岡『きたうら善漁。』の鮮魚2品【新ひ…
PAGE TOP