新着記事

「苔」が美しい京都の寺4選

取材・文/末原美裕「苔むす」という言葉もあるように、長い歳月をかけて京都に息付いてい…

標本と剥製の違いとは? 鳥標本が教えてくれるたくさんの知の世界

文/柿川鮎子文京区教育センターでは10月20日土曜日まで、東京大学が世界中から集めた…

【編集長レポート】新館オープンの日本橋髙島屋S.C.に「オジさんの楽園」があった!

取材・文・写真/小坂眞吾(『サライ』編集長)日本橋髙島屋は9月25日に新館がオープンし、都市…

犬も猫も1位は雑種?|最新ペット人気ランキング

ストレスの多い現代人を癒す存在、ペット。かわいい犬や猫の動画や画像は、テレビ、ウェブ、SNS、な…

快眠セラピスト直伝、快適に眠るための4つの習慣

取材・文/渡辺陽毎日、快適に眠れていますか。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針…

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

破格の値段で見事なてんぷらを堪能!東京・富岡『ふく庵』【新ひと皿の歳時記14】

『ふく庵』のえび穴子天丼、750円。

文・写真/山本益博

東京・冨岡にてんぷら屋『ふく庵』が開店したのは、今年の6月のこと。当初は、てんぷら屋と言いながら、うどんも品書きに載せている店でした。

修業先の『みかわ是山居』のご主人・早乙女哲哉さんから、「せっかく、うちでてんぷらを勉強したのだから、てんぷら専門でやってみたら」とアドバイスされ、9月から「みかわ是山居早乙女哲哉の愛弟子の店」という幟を店の前に掲げて、てんぷら専門店になりました。

店の前と言っても、店は1階と3階がラーメン屋というビルの2階にあります。カウンターとテーブル席で、夫婦二人で切り盛りしています。

ランチメニューは「えび天丼」が650円、「えび穴子天丼」750円、「穴子天丼」850円、「おまかせ定食」(えび、きす、いか、野菜、穴子)でも950円という破格の値段。夜はさらに驚くべきことに、3500円のコースのみです。

私は9月からは、毎週出かけ、昼夜すべてのメニューを制覇しました。きす、いか、あなご、なすのてんぷらは、「みかわ是山居」で修業したことが分かる、達人・早乙女さん直伝の香り高い見事なてんぷらです。

きす

いか

あなご

しし唐となす

きすのさっくりとした味わい、いかの柔らかくて甘い味わい、しっかりこんがり揚げて、持ち味を最大限に引き出した穴子、丼でも塩や天つゆでいただいても、満足すること請け合いです。その丼のつゆのかかり具合が、じつに精妙で、私のお気に入り。

いま、東京でいちばん応援し甲斐のあるてんぷら屋さんです。

【今日のお店】
『ふく庵』
■住所:東京都江東区富岡1-22-26杉田ビル2F
■営業時間:営業時間:11:45~13:30(売り切れ次第終了)、18:00~22:00
■定休日:日曜、土曜ランチ休み
■電話: 03-5646-6365

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP