新着記事

専門家と歩く江戸城特別ツアー、江戸時代の幻の菓子に参加者驚く!

家康が作った江戸城をCGで完全再現したサライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』の発売にあ…

ほとんどの日本人が知らない「老眼」最新治療トレーニング

文/鈴木拓也多くの人が40~50代にかけて老眼にかかる。そして、大半の人は「年だから…

シチリア料理の定番中の定番!本格「イワシのパスタ」の作り方

取材・文/わたなべあやイタリア南部、地中海に囲まれたシチリア島。オリーブオイルやワイ…

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳時記19】

取材・文/山本益博

東京を代表するグランメゾンとして名高い『アピシウス』。グランメゾンとは、料理・内装・サービスが揃って優れた豪華なレストランのことだが、なぜかこの店は例の赤いガイド(ミシュラン)には掲載されたことがない。

そのためか若い食べ歩き族はやって来ないから、レストランの雰囲気はシックでエレガント。まさしく、大人のレストランである。

秋から冬になると、真鴨をはじめとして、野鴨が勢揃いする。私のお気に入りは「サルセル」と称する小鴨で、成鴨になっても小型のまま。これをローストしていただく。合わせるワインは、コート・デュ・ローヌの「シャトー・フォンサレット2005」(シャトーラヤス)。

合鴨のような脂臭さはなく、赤身は緻密で、ほどよい酸味が心地よい。野趣に富んでいながら、泥臭さや嫌味が全くない。「サルセル」のような自然の恵みの野鳥をいただくと、牛肉がいかに人工的な味かと言うのを実感する。

最近、「ジビエ」という言葉が流布してきたが、ほとんどの方は鹿、猪を連想して、野鳥を思い浮かべない。鴨も雉も野うさぎも、みなジビエであることを忘れてはいけない。

【今日のお店】
『アピシウス』
住所:東京都千代田区有楽町1-9-4蚕糸会館ビル地下1階
電話:03-3214-1361(予約)
営業時間:11:30am – 3:00pm(ラストオーダー2:00pm)、5:30pm – 11:30pm(ラストオーダー9:00pm)
定休日:日曜日
※ドレスコードあり
http://www.apicius.co.jp/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  3. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  4. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
  5. 小野二郎さんも感嘆!宮崎・延岡『きたうら善漁。』の鮮魚2品【新ひ…
PAGE TOP