新着記事

ナット・キング・コール『ザ・クリスマス・ソング』

「クリスマス・ジャズ」はなぜこんなに楽しいのか【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道33】

玉の輿婚

「玉の輿」に乗った女性たち、出会いの場はどこ?|3位は学校、2位は職場、1位は?

大賞と各部門賞の選考を終え、記念のカメラに収まる審査員のみなさん。「あったらいいな」の視点から、議論を戦わせた。

第18回 2019年 「サライ大賞」発表|読者が選んだ「サライ世代に優しい商品」

退職時・退職後の税金の申告は?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

会社員でも要注意! 退職時・退職後に税金の申告が必要になる場合とは?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

鶏肉とじゃがいものローズマリーグリル

【管理栄養士が教える減塩レシピ】春だけじゃない!秋も旬のじゃがいもを使った料理2品

副業

年収800万円以上のビジネスマンの約2割が副業している!|副業での年収は「100万円以上~499万円以下」が最多

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】「報連相」「CC文化」が招く弊害

【ビジネスの極意】「報連相」「CC文化」が招く弊害

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

東京・小石川『洋食フリッツ』|通わずにはいられない復活の洋食屋【新ひと皿の歳時記12】

小石川『洋食フリッツ』のロースとんかつセット

文・写真/山本益博

かつて、赤坂に『フリッツ』という洋食屋があった。「フリッツ」はフランス語の揚げ物フリットの複数形で、オーナーは昔フランス料理のシェフだった斎藤元志郎さんだった。事情があって店は閉店、揚げ物好きの私としては残念で仕方がなかったが、それが、場所と店主が変わって復活した。東京・春日駅からほど近い小石川えんま商店街の『洋食フリッツ』である。

うっかりすると通り過ぎてしまう店構え。というか、店は2階にあって目立たない。このハンデを背負ってはいるものの、一度食べたら通いたくなること必至の、シェフとマダム二人三脚の洋食屋さんである。

この黒板だけが目印。

洋食屋の三本柱は「揚げもの」「煮こみもの」「ごはんもの」だが、フレンチやスパニッシュがベースの前菜から、デザートまでなんでもござれの洋食メニュー。私のお気に入りは「ロースとんかつ」「メンチカツ」「カキフライ」など。どれも香ばしく、素材の持ち味を十二分に生かしている。

食事の最後は「〆のカレー」。これが、お腹いっぱいでも鼻をくすぐる香りの高さで、質の高いごはんとシンプルにマッチする逸品である。

さらに、お持ち帰りできる「ヒレカツサンド」と「ビフカツサンド」がお薦め。翌日、冷めたカツがパンに馴染んで、美味いのなんの!

小石川『洋食フリッツ』のヒレカツサンド

【今日のお店】
『洋食フリッツ』
■住所:文京区小石川2-25-16 LILIO小石川 2F
■営業時間:火曜日~金曜日:LUNCH / 11:30~15:00 / 14:00 LO  DINNER / 18:00~22:30 / 21:30 LO
土曜日:LUNCH / 11:30~15:00 / 14:00 LO  DINNER / 17:30~22:30 / 21:30 LO
日曜日・祝日:LUNCH / 11:30~15:00 / 14:00 LO  DINNER / 17:30~21:30 / 20:30 LO
■定休日:月曜・第1/第3日曜
■電話・Fax : 03-3830-0235
http://fritts.jp/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP