新着記事

JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは? 隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】 快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】 家の中の危険をチェック! ほとんどの事故は家庭内で起きている 家の中の危険をチェック!高齢者事故の8割は家庭内で起きている サライ世代に聞いた「読み直したい古典」ランキング パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ 【ビジネスの極意】パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ 知っておきたい賢い支出の見直し方 生命保険料、NHKの受信料|賢い支出の見直し方 新幹線大爆破 世界に誇れるパニック映画 『新幹線大爆破』【面白すぎる日本映画 第24回】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

美味

東京・小石川『洋食フリッツ』|通わずにはいられない復活の洋食屋【新ひと皿の歳時記12】

小石川『洋食フリッツ』のロースとんかつセット

文・写真/山本益博

かつて、赤坂に『フリッツ』という洋食屋があった。「フリッツ」はフランス語の揚げ物フリットの複数形で、オーナーは昔フランス料理のシェフだった斎藤元志郎さんだった。事情があって店は閉店、揚げ物好きの私としては残念で仕方がなかったが、それが、場所と店主が変わって復活した。東京・春日駅からほど近い小石川えんま商店街の『洋食フリッツ』である。

うっかりすると通り過ぎてしまう店構え。というか、店は2階にあって目立たない。このハンデを背負ってはいるものの、一度食べたら通いたくなること必至の、シェフとマダム二人三脚の洋食屋さんである。

この黒板だけが目印。

洋食屋の三本柱は「揚げもの」「煮こみもの」「ごはんもの」だが、フレンチやスパニッシュがベースの前菜から、デザートまでなんでもござれの洋食メニュー。私のお気に入りは「ロースとんかつ」「メンチカツ」「カキフライ」など。どれも香ばしく、素材の持ち味を十二分に生かしている。

食事の最後は「〆のカレー」。これが、お腹いっぱいでも鼻をくすぐる香りの高さで、質の高いごはんとシンプルにマッチする逸品である。

さらに、お持ち帰りできる「ヒレカツサンド」と「ビフカツサンド」がお薦め。翌日、冷めたカツがパンに馴染んで、美味いのなんの!

小石川『洋食フリッツ』のヒレカツサンド

【今日のお店】
『洋食フリッツ』
■住所:文京区小石川2-25-16 LILIO小石川 2F
■営業時間:火曜日~金曜日:LUNCH / 11:30~15:00 / 14:00 LO  DINNER / 18:00~22:30 / 21:30 LO
土曜日:LUNCH / 11:30~15:00 / 14:00 LO  DINNER / 17:30~22:30 / 21:30 LO
日曜日・祝日:LUNCH / 11:30~15:00 / 14:00 LO  DINNER / 17:30~21:30 / 20:30 LO
■定休日:月曜・第1/第3日曜
■電話・Fax : 03-3830-0235
http://fritts.jp/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP