新着記事

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

東京・小石川『洋食フリッツ』|通わずにはいられない復活の洋食屋【新ひと皿の歳時記12】

小石川『洋食フリッツ』のロースとんかつセット

文・写真/山本益博

かつて、赤坂に『フリッツ』という洋食屋があった。「フリッツ」はフランス語の揚げ物フリットの複数形で、オーナーは昔フランス料理のシェフだった斎藤元志郎さんだった。事情があって店は閉店、揚げ物好きの私としては残念で仕方がなかったが、それが、場所と店主が変わって復活した。東京・春日駅からほど近い小石川えんま商店街の『洋食フリッツ』である。

うっかりすると通り過ぎてしまう店構え。というか、店は2階にあって目立たない。このハンデを背負ってはいるものの、一度食べたら通いたくなること必至の、シェフとマダム二人三脚の洋食屋さんである。

この黒板だけが目印。

洋食屋の三本柱は「揚げもの」「煮こみもの」「ごはんもの」だが、フレンチやスパニッシュがベースの前菜から、デザートまでなんでもござれの洋食メニュー。私のお気に入りは「ロースとんかつ」「メンチカツ」「カキフライ」など。どれも香ばしく、素材の持ち味を十二分に生かしている。

食事の最後は「〆のカレー」。これが、お腹いっぱいでも鼻をくすぐる香りの高さで、質の高いごはんとシンプルにマッチする逸品である。

さらに、お持ち帰りできる「ヒレカツサンド」と「ビフカツサンド」がお薦め。翌日、冷めたカツがパンに馴染んで、美味いのなんの!

小石川『洋食フリッツ』のヒレカツサンド

【今日のお店】
『洋食フリッツ』
■住所:文京区小石川2-25-16 LILIO小石川 2F
■営業時間:火曜日~金曜日:LUNCH / 11:30~15:00 / 14:00 LO  DINNER / 18:00~22:30 / 21:30 LO
土曜日:LUNCH / 11:30~15:00 / 14:00 LO  DINNER / 17:30~22:30 / 21:30 LO
日曜日・祝日:LUNCH / 11:30~15:00 / 14:00 LO  DINNER / 17:30~21:30 / 20:30 LO
■定休日:月曜・第1/第3日曜
■電話・Fax : 03-3830-0235
http://fritts.jp/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP