新着記事

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!【川口陽海の腰痛改善教室 第33回】

『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに 4K大河『麒麟がくる』かつらの進化が止まらない

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

小野二郎さんも感嘆!宮崎・延岡『きたうら善漁。』の鮮魚2品【新ひと皿の歳時記15】

文・写真/山本益博

今年の11月3日~5日の3日間、宮崎県・延岡市で『のべおか国際食卓会議』が開かれました。

メインのゲストは、東京『すきやばし次郎』の小野二郎さんと、イタリア・モデナにある『オステリア・フランチェスカーナ』のマッシモ・ボットゥ―ラシェフ。二人の対談では「伝統と進化」について、極めて興味深い話が披露されました。

そのイベントの前日、小野二郎さんと市内の日本料理店『きたうら善漁。』(きたうらぜんりょうまる)を訪れたのですが、二郎さんは、魚の鮮度の良さばかりではなく、料理人の腕の良さが素材の持ち味を最大限に引き出している、と絶賛でした。

その料理の中から、ふたつご紹介いたしましょう。

ひとつは「いかの刺身」。鮮度が極めて良いため、旨味より甘みを引き出した調理で、包丁が冴えていることもあって、ごく細く切られたいかの角が立っていると、二郎さん感心しきりでした。東京まで運ばれてきたいかは、絶対にこのようにはならないと。

もうひとつは「かつお」。色からしてピンク色で、いつもの赤身のかつおと違う。口に運べば、あの赤身独特の酸味がありません。どうやら、これはかつおの漁法に違いがあるらしく、よく知られた1本釣りでは、かつおが甲板に打ち付けられた瞬間に身が傷み、血が回ってしまうのだという。

二郎さんは「かつお独特の香りが出てくる前のかつおを初めて食べた」とびっくりされていました。

『きたうら善漁。』の吉田善兵衛さんの父親は漁師さんで、店名はそれに由来するのですが、魚の扱いには長けた、というより、獲り方まで指定して、仕入れる料理人です。

品書きには、こう記されていました。

《『善漁。』は、ただの料理屋でございます。そのため素材の持ち味を超える旨い料理はつくれません。驚きや面白さもございません。また、自分らしさや、宮崎の自然、季節を表現しているわけでもございません。そこにはなにも無く、ただ理(ことわり)を料(はか)る、それだけでございます。》

【今日のお店】
『きたうら善漁。(きたうらぜんりょうまる)』
■住所:宮崎県延岡市本町1丁目3-14
■営業時間:18時~21時
■定休日:日曜
■電話: :0982-31-0051(要予約)
http://zenryomaru.jp/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP