新着記事

シアサッカー・サマートラベルジャケット|汗をかいてもべとつかない爽やかな夏の上着

旅に持って出たい、爽やかな着心地のサマージャケットである。凹凸になった「シアサッカー」生地で…

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

小野二郎さんも感嘆!宮崎・延岡『きたうら善漁。』の鮮魚2品【新ひと皿の歳時記15】

文・写真/山本益博

今年の11月3日~5日の3日間、宮崎県・延岡市で『のべおか国際食卓会議』が開かれました。

メインのゲストは、東京『すきやばし次郎』の小野二郎さんと、イタリア・モデナにある『オステリア・フランチェスカーナ』のマッシモ・ボットゥ―ラシェフ。二人の対談では「伝統と進化」について、極めて興味深い話が披露されました。

そのイベントの前日、小野二郎さんと市内の日本料理店『きたうら善漁。』(きたうらぜんりょうまる)を訪れたのですが、二郎さんは、魚の鮮度の良さばかりではなく、料理人の腕の良さが素材の持ち味を最大限に引き出している、と絶賛でした。

その料理の中から、ふたつご紹介いたしましょう。

ひとつは「いかの刺身」。鮮度が極めて良いため、旨味より甘みを引き出した調理で、包丁が冴えていることもあって、ごく細く切られたいかの角が立っていると、二郎さん感心しきりでした。東京まで運ばれてきたいかは、絶対にこのようにはならないと。

もうひとつは「かつお」。色からしてピンク色で、いつもの赤身のかつおと違う。口に運べば、あの赤身独特の酸味がありません。どうやら、これはかつおの漁法に違いがあるらしく、よく知られた1本釣りでは、かつおが甲板に打ち付けられた瞬間に身が傷み、血が回ってしまうのだという。

二郎さんは「かつお独特の香りが出てくる前のかつおを初めて食べた」とびっくりされていました。

『きたうら善漁。』の吉田善兵衛さんの父親は漁師さんで、店名はそれに由来するのですが、魚の扱いには長けた、というより、獲り方まで指定して、仕入れる料理人です。

品書きには、こう記されていました。

《『善漁。』は、ただの料理屋でございます。そのため素材の持ち味を超える旨い料理はつくれません。驚きや面白さもございません。また、自分らしさや、宮崎の自然、季節を表現しているわけでもございません。そこにはなにも無く、ただ理(ことわり)を料(はか)る、それだけでございます。》

【今日のお店】
『きたうら善漁。(きたうらぜんりょうまる)』
■住所:宮崎県延岡市本町1丁目3-14
■営業時間:18時~21時
■定休日:日曜
■電話: :0982-31-0051(要予約)
http://zenryomaru.jp/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP