新着記事

川中島にある信玄と謙信像。川中島合戦はお互いにとって不毛な戦いだった。

大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|【戦国史のおさらい(1)】「桶狭間合戦」のきっかけを作った 武田×今川×北条の「三国軍事同盟」

乾燥シーズンに増える手指のお悩み…「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

既婚女性 4,700名に聞いた「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

伝説になる前に!赤坂『フィッシュ』の「キーマカレー」【山本益博の新ひと皿の歳時記3】

文・写真/山本益博

今から20年ほど前、新宿から青梅街道を西荻窪の自宅まで車を走らせていたとき、環状七号線を過ぎて間もなく、左手に小さなカレー屋が見えた。テイクアウトもできる小さな窓のある入り口で、お腹が空いていることもあって、車を止めて立ち寄った。

店内ではご主人ひとり、客がいないこともあり、暇そうに佇んでいた。そのご主人のお薦めに従い「キーマカレー」をいただいた。これが、たまねぎの甘みが活きた見事な挽肉のカレーだった。以後、私たち夫婦のお気に入りの店になったのだが、しばらくして、契約更改で大家さんともめていることを知った。私がそのことをたまたま森ビルのリーシングスタッフに紹介すると、彼らがリサーチに出かけ、なんと赤坂アークヒルズに出店することが決まったのだった。

これが現アークヒルズ「フィッシュ」の前身である。

「アークヒルズ」オープン以来の飲食店の1軒で、じわじわと人気を呼び、客層はインディアの人たちにまで広がり、今や、「アークヒルズ」では欠かすことのできないカレー専門店になっている。

その「フィッシュ」が6月末をもって閉店することになってしまった。ご主人の田中さんによれば、毎日、たまねぎを何時間も炒め続けることに疲れてしまったのだという。世にキーマカレーは数々あれど、「フィッシュ」ほど誠実な仕事から生まれるキーマカレーはほとんどないのではなかろうか。カレーのメニューは豊富だが、「フィッシュ」を代表するのはなんといってもキーマカレーである。

伝説の味になる前に、ぜひとも一度足を運んでほしい。

 

 

【今日のお店】
『フィッシュ (Fish)』

■住所/東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル 3F
■電話番号/03-5562-4305
■営業時間/[月~金]11:00~22:30(L.O.22:00)[土、日・祝]11:30~20:30(L.O.20:00)
■定休日/ 日・不定休
http://www.arkhills.com/shops_restaurants/restaurants/00022.html

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 船飯カレーコンテスト第1位。鳥羽海上保安部 巡視艇しまなみ「南国ビーフカレー」 カレーはアンチエイジング食?|医師が考える「船とカレーの知られざ…
  2. カレー好きの男性が好きなカレールウは?|男女のカレーへの好みとこだわりを調査 男女を問わず人気1位は「バーモントカレー」、女性に人気の「こくま…
  3. カレー好きが仰天する奇想天外な「カレーの使い途」10コ【イシグロ…
  4. サライ6月号|特集は「離島の休日」と「家カレーを究める」です。
  5. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
PAGE TOP