新着記事

ナット・キング・コール『ザ・クリスマス・ソング』

「クリスマス・ジャズ」はなぜこんなに楽しいのか【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道33】

玉の輿婚

「玉の輿」に乗った女性たち、出会いの場はどこ?|3位は学校、2位は職場、1位は?

大賞と各部門賞の選考を終え、記念のカメラに収まる審査員のみなさん。「あったらいいな」の視点から、議論を戦わせた。

第18回 2019年 「サライ大賞」発表|読者が選んだ「サライ世代に優しい商品」

退職時・退職後の税金の申告は?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

会社員でも要注意! 退職時・退職後に税金の申告が必要になる場合とは?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

鶏肉とじゃがいものローズマリーグリル

【管理栄養士が教える減塩レシピ】春だけじゃない!秋も旬のじゃがいもを使った料理2品

副業

年収800万円以上のビジネスマンの約2割が副業している!|副業での年収は「100万円以上~499万円以下」が最多

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】「報連相」「CC文化」が招く弊害

【ビジネスの極意】「報連相」「CC文化」が招く弊害

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

京都・祇園『にくの匠 三芳』で関西の和食の底力を実感【山本益博ひと皿の歳時記13】

文・写真/山本益博

牛肉と言えば、関西です。そこで、牛肉をステーキでなく、いろいろな部位を楽しませてくれる京都・祇園『にくの匠 三芳』へ出かけてきました。

カウンター席とテーブル席、計16席ほどの小さな店で、カウンター内で調理するご主人の伊藤さんがいろいろと牛肉にまつわる話をしてくださいます。

まずは、コンソメスープから登場。ふたを開けると、トリュフの薄片が幾枚も浮かんでいます。10月はイタリアでは白トリュフの季節。本場のアルバから届いた最上質の白トリュフは香り高いコンソメに妖艶な花を添えてくれました。

コンソメ白トリュフ

続いて、牛舌やサーロインの刺身、その後は、典雅なゆり根のお椀、これなどは京都ならではですね。

そうして、前半のハイライト、上海蟹と牛肉にキャビアを添えたお凌ぎ。「お凌ぎ」とは、料理の途中で出てくる御飯のことで、すきっ腹を調整する役目の小品なのですが、これがご馳走でした。

お凌ぎ(上海蟹、キャビア、牛肉、御飯)

上海蟹と牛肉の刺身がこんなにも相性が良いとは思いませんでした。そこへ添えられているのがキャビアです。お飾り程度の量ではなく、上海蟹と牛肉を取り持つ仲人役としては立派なキャビアです。しばし、陶然となって、久しく忘れがたい料理となりました。

さらに、松茸が牛肉の脂ヘットで揚げられ、その後に霜降り牛肉のしゃぶしゃぶ。料理の締めにサーロインとシャトーブリアン(最上のヒレ)のローストが出されました。

サーロインしゃぶしゃぶ

ロースト(サーロインとシャトーブリアン)

イタリアの白トリュフ、上海蟹、オーストラリアのキャビアなど国際色豊かなフルコースでしたが、いただいてみた食後の感想は「美味しい和食」ということでした。

牛肉を日本料理の中に組み込んでしまう関西の和食の底力を見せつけられた一夜でした。

【今日のお店】
『にくの匠 三芳』
■住所:京都市東山区祇園町南側570-15
■営業時間:営業時間:18時~23時
■定休日:日曜日
■電話: 075-561-2508受付時間:18時~23時(日曜を除く)
http://niku-miyoshi.com/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP