新着記事

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

京都・祇園『にくの匠 三芳』で関西の和食の底力を実感【山本益博ひと皿の歳時記13】

文・写真/山本益博

牛肉と言えば、関西です。そこで、牛肉をステーキでなく、いろいろな部位を楽しませてくれる京都・祇園『にくの匠 三芳』へ出かけてきました。

カウンター席とテーブル席、計16席ほどの小さな店で、カウンター内で調理するご主人の伊藤さんがいろいろと牛肉にまつわる話をしてくださいます。

まずは、コンソメスープから登場。ふたを開けると、トリュフの薄片が幾枚も浮かんでいます。10月はイタリアでは白トリュフの季節。本場のアルバから届いた最上質の白トリュフは香り高いコンソメに妖艶な花を添えてくれました。

コンソメ白トリュフ

続いて、牛舌やサーロインの刺身、その後は、典雅なゆり根のお椀、これなどは京都ならではですね。

そうして、前半のハイライト、上海蟹と牛肉にキャビアを添えたお凌ぎ。「お凌ぎ」とは、料理の途中で出てくる御飯のことで、すきっ腹を調整する役目の小品なのですが、これがご馳走でした。

お凌ぎ(上海蟹、キャビア、牛肉、御飯)

上海蟹と牛肉の刺身がこんなにも相性が良いとは思いませんでした。そこへ添えられているのがキャビアです。お飾り程度の量ではなく、上海蟹と牛肉を取り持つ仲人役としては立派なキャビアです。しばし、陶然となって、久しく忘れがたい料理となりました。

さらに、松茸が牛肉の脂ヘットで揚げられ、その後に霜降り牛肉のしゃぶしゃぶ。料理の締めにサーロインとシャトーブリアン(最上のヒレ)のローストが出されました。

サーロインしゃぶしゃぶ

ロースト(サーロインとシャトーブリアン)

イタリアの白トリュフ、上海蟹、オーストラリアのキャビアなど国際色豊かなフルコースでしたが、いただいてみた食後の感想は「美味しい和食」ということでした。

牛肉を日本料理の中に組み込んでしまう関西の和食の底力を見せつけられた一夜でした。

【今日のお店】
『にくの匠 三芳』
■住所:京都市東山区祇園町南側570-15
■営業時間:営業時間:18時~23時
■定休日:日曜日
■電話: 075-561-2508受付時間:18時~23時(日曜を除く)
http://niku-miyoshi.com/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP