新着記事

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バランスのよい寝姿勢で安眠に誘う

『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。

【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に新たな伝説が生まれる予感

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その2~

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その1~

「寅さん」シリーズの名セリフ、名シーンを厳選した「読む名場面集」|『いま、幸せかい?「寅さん」からの言葉』

「人間は何のために生きてんのかな?」|心に響く「寅さん」からの言葉

親に寄り添い、正しく対処するために|『親ががんになったら読む本』

自分の親が「がん」になったら、子としてすべきこと

第1位の『優鶴』の宣伝部長を務める看板犬「リンク」

「ペットと泊まれる宿」人気ランキングTOP5

酒倉染とコルクの3WAYバッグ|味わいのある帆布とコルクで作った、使い勝手のいいバッグ

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの鮮魚卸「ふじわら」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

日本酒

小麦の味を純粋に楽しむ!根津『釜竹』の細ざるうどん【山本益博の新ひと皿の歳時記1】

細ざる大盛り

文・写真/山本益博

私が初めて『釜竹』(かまちく)を知ったのは、今から20年以上前、大阪・羽曳野市にあった頃だった。品書きは冷たい「ざる」と温かい「釜揚げ」の二つのみ。自信がなければ、「きつね」とか「てんぷら」とかを品書きに追加したいところであるが、純粋にうどんの味を楽しんでいただきたいという意気込みが、このシンプルな品書きに溢れていた。

その「ざる」が素晴らしかった。口に含んで噛めば小麦の味が広がったのである。薬味は、刻んだ葱に天かす。でも、なにも加えずにいただくのが一番だった。

じつは、うどんをいただく前に「麺前」と称して、つまみをいただいた。酒も銘酒揃い。なかで、目刺しと「十四代」が驚くほどいい相性を見せてくれ、今でも思い出すことができるほどである。

羽曳野まで何度も通ったものだが、しばらくして東京・根津に支店ができた。息子さんが主人となって、注文を受けてから、愚直にうどんを打つのだった。評判が立つまでは時間が経ったが、今では開店前から客が並ぶほどの人気店である。

私の知るところ『釜竹』以上に丁寧に打ったうどんを他に知らない。「釜揚げ」が売り物だが、私のお気に入りは、冷たい「ざる」それも細めのうどんのざるである。

艶光りして、すぐに箸をつけると、つるりとした口さわりで、噛むうちに小麦の香りと味わいが広がってゆく。つゆも薄口だが、塩分はしっかりとあるもの。もし二人で出かけたのなら、それぞれ「細ざる」を一人前ずつ取り、そのあと「釜揚げ」一人前を二人で分かち合って召し上がるといい。

釜揚げ

「麺前」のつまみは豊富で、酒も一杯づつ楽しめる。『王禄』『而今』はじめ、酒好きには堪らないだろう。入荷次第だが『十四代』の特別バージョンもある。

泉州なす

出し巻玉子

数年前に羽曳野の『釜竹』は店を閉めた。今、二代目の平岡良浩さんが、東京で立派にその職人仕事を継いでいる。

平岡良浩さん

【根津 釜竹】
■住所/東京都文京区根津2-14-18
■電話/03-5815-4675
※予約は平日の夜のみ
■営業時間/
・火~土 11:30~14:30(L.O.14:00)/17:30~21:00(L.O.20:30)
・日 11:30~14:30(L.O.14:00)/夜は休み
・祝日 11:30~14:30(L.O.14:00)/17:30~L.O.20:00
※祝日が日・月の場合には、各曜日の営業内容。
(手打ちのため、うどんが無くなり次第閉店)
■定休日/日曜の夜、月曜
■お店のウェブサイト/http://kamachiku.com/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

※ 山本益博さんプロデュースによる落語イベント「COREDO落語会」が、4月8日(土)に東京・日本橋のCOREDO室町にて開催されます。 詳細は下記のページをご覧ください。
https://serai.jp/hobby/90546

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 京都人のお墨付き 【京都人のお墨付き】能役者・味方團さんおすすめの役者を支える味「…
  2. 明治屋「おいしい缶詰」は酒のアテとしてどうか?日本酒好き編集長が…
  3. 日本盛「生原酒ボトル缶」を友にSL花見紀行|車窓を流れる桜を肴に…
  4. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  5. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
PAGE TOP