新着記事

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

リーダーシップとは何か? 多くの人はメンバーを引っ張っていく強い意志、などを持った人間、と思…

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

来る2020年の東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムに、日本の伝統色である藍色が採用…

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

文・写真/マンゲイラ靖子(海外書き人クラブ/ブラジル在住ライター)ブラジルの東北地方、バイー…

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

忙しいときや特定の栄養が不足している時に補うことができるバランス栄養食品。今はどの銘柄が人気…

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

文/砂原浩太朗(小説家)「知る人ぞ知る」という表現を時おり耳にする。一般的な知名度は…

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆「“ごんげん蒸し”が上手にできれば、一日気分がいい」という歌…

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

奈良県北部に位置する大和郡山市。戦後より皮革産業が盛んなこの地で、70年にわたり紳士靴づくり…

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

文・写真/羽生のり子(海外書き人クラブ/フランス在住ライター)スペイン国境に近いピレ…

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1. 自動車とオートバイの6輪生活は、敏郎さんが何歳になろうと続けるそう。  

    【私のクルマ遍歴】心の穴を埋めてくれた赤いオープンカー『ユーノス・ロードスター』との出会い(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することで歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。好きな自動車とオートバイを所有し、理解ある奥様…

  2.  

    【私のクルマ遍歴】突然訪れた愛車『スカイラインGT-R』との理不尽な別れ(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  3. 10年後が楽しみ⁉ ナイスミドルになりそうな30代俳優ランキング  

    ナイスミドルになりそうな30代俳優ランキング|第1位はディーン・フジオカ

         

    今、30代のイケメン俳優が中年になったら、誰が一番『ナイスミドル』になるか? 株式会社CMサ…

  4.  

    名指揮者ラトルの本領発揮!新鮮で自由な空前のハイドン名曲集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)現代を代表する名指揮者サー・サイモン・ラトルは、長らく率…

  5. 新国立劇場「カルメン」2017年公演より 撮影:寺司正彦  

    人気のオペラ『カルメン』|メトロポリタン歌劇場やパリ・オペラ座で活躍する美貌の歌手、コスタ=ジャクソン新国立デビュー

         

    文/堀けいこ世界中から熱い視線を浴びる美貌の歌手、コスタ=ジャクソンが歌うカルメンに期待が高まる…

  6. ウィーダはロケットペンダントに大好きな犬の写真を入れて身に着けていました  

    『フランダースの犬』は死んでいない?| 原作者ウィーダ女史の数奇な人生

         

    文/柿川鮎子フランダースの犬といえばパトラッシュと少年ネロ。テレビアニメの最後のシー…

  7. 西郷隆盛と3人の妻たち  

    西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)西郷隆盛(1827~77)の名を知らない日本人は、まずいない…

  8. JAZZ遺言状  

    寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』

         

    文/印南敦史サライ世代の音楽ファン、とりわけジャズが好きな人であるなら、寺島靖国氏は…

  9. 隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い  

    静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い

         

    文/鈴木拓也日本には、県境が未確定なところが14か所もあるという。その1つが…

  10.  

    サライ世代に聞いた「読み直したい古典」ランキング

         

    文/編集部シニア世代に支持されている大人の生活誌『サライ』の愛読者のみなさんに、「い…

  11. 新幹線大爆破  

    世界に誇れるパニック映画 『新幹線大爆破』【面白すぎる日本映画 第24回】

         

    文・絵/牧野良幸1975年の映画『新幹線大爆破』は日本製パニック映画だ。それもハリウッド…

  12. JR北海道全線踏破10日間の旅  

    10日目・最終日《苫小牧から様似(えりも岬)・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

         

    昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

  13.  

    10日目・最終日《苫小牧から様似(えりも岬)・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

         

    昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

  14.  

    カウンターテナーの新星ファジョーリの神の歌声を堪能『ヘンデル:アリア集』【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)男が裏声で歌うカウンターテナーの中性的で気品ある魅力は、…

  15.  

    三菱エクリプス クロスで美味と絶景の南房総を旅してみた【石川真禧照の名車を利く 特別編】[PR]

         

    取材・文/石川真禧照(自動車生活探険家)見知らぬ土地で新たな出会いや発見に心を躍らせる。人生…

  16.  

    箱石シツイさん(理容師・101歳)「人生は根気と努力です。必要としてくれる人がいる限り、私は床屋を続けたい」【サライ・インタビュー】

         

    【サライ・インタビュー】箱石シツイさん(はこいし・しつい、理容師)――理容師になって82…

  17.  

    一生使える高級腕時計|ビジネスユースの本格派「ブライトリング」5選

         

    文/安藤政弘世界の名だたる高級腕時計の中で、特に30代~40代のビジネスパーソンに圧倒的人気…

  18.  

    JAZZ界の重鎮・後藤雅洋さんがポール・マッカートニーの東京ドームLIVEを観に行ったら……

         

    文/後藤雅洋(ジャズ評論家、ジャズ喫茶いーぐる店主)10月31日に東京ドームで行われたポール…

  19.  

    来日中のポール・マッカートニーに「JAZZ専念アルバム」があった!

         

    文/編集部いよいよ今週からポール・マッカートニーの来日公演がスタートする(10月31日@東京…

  20.  

    踊る大捜査線、 東京ラブストーリー|もう一度見たい!90年代のTVドラマランキングTOP10

         

    再放送が話題になった織田裕二と鈴木保奈美が主演の「東京ラブストーリー(1991)」。SNSは…

  21.  

    9日目《留萌から苫小牧へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

         

    昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

  22.  

    9日目《留萌から苫小牧へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

         

    昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

  23.  

    一生使える高級腕時計|豊富なバリエーションの「オメガ」5選

         

    文/安藤政弘この年末、ボーナスで高級腕時計の購入を考えているビジネスパーソンは多いのではない…

  24.  

    知ればもっと楽しめる!マカオ旅行の前に知っておくべき歴史背景まとめ

         

    取材・文・写真/小坂眞吾(『サライ』編集長)別の記事でもお伝えしているように、初めてマカオを…

  25.  

    3位ダウンタウン、2位博多華丸・大吉、1位は?|40~50代の男女に聞いた! 好きなコンビ芸人ランキング

         

    テレビで見ないことはないお笑い芸人。その中でも、コンビ芸人について、みんなの「ちょっと気にな…

  26.  

    江戸時代、犬と鷹はどちらが偉かったのか?

         

    文/柿川鮎子江戸時代は猫や金魚、鈴虫など、さまざまなペットが人気でしたが、政治や社会…

  27.  

    ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由

         

    文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

  28.  

    8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

         

    昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

  29.  

    8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

         

    昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

  30.  

    「龍馬のサブ」ではなかった中岡慎太郎【にっぽん歴史夜話 9】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)中岡慎太郎(1838~67)の名は知っていても、たいていの人…

PAGE TOP