新着記事

「8割以上がかかる可能性がある」新国民病の「熟年期障害」とは|『熟年期障害』

60代の「やる気が起こらない」「体がだるい」は危険のサイン!?|「老人性うつ」「認知症」を引き起こす新国民病「熟年期障害」とは何か?

文/鈴木拓也還暦を過ぎたあたりから始まった、「やる気が起こらない」「物忘れがひどくな…

今後の焦点は、秀吉の「中国大返し」の真相(写真は有馬温泉の秀吉像)

大河ドラマ『麒麟がくる』解読リポート| 明智光秀と羽柴秀吉~本当の逆臣はどちらか?

文/藤田達生(三重大学教授)2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公は、明智光秀である。…

常滑焼黒土九十九急須|99個の茶漉し穴で、香り高いお茶を抽出できる

常滑焼(愛知県)の急須で淹れたお茶はおいしい。1000℃を超える焼成温度で焼き上げ、釉薬をか…

理想のデート

7割以上の女性が理想のデート未経験|オトナ女子の理想のデートとは?

一昔前は流行していた合コンや街コン。しかし、最近では賢く効率的に相性が良い相手を探せる「結婚…

荀彧~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

荀彧(じゅんいく)~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

文/砂原浩太朗(小説家)三国志の魅力は多々あるが、軍師や参謀といったブレーンたちの活…

画面ロックしないと起こる危険なこと【スマホ基本のき 第5回】

いまや生活必需品家電のひとつといっても過言ではない、スマートフォン(略してスマホ)。様々な機能が…

アルパカミニマフラー|ベビーアルパカの原毛を使用したマフラー。抜群の暖かさ

そろそろマフラーが恋しい季節になってきた。そこで今シーズンは、滑らかな感触で暖かいベビーアル…

いまや常識「単数形のthey」をさらに正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

いまや常識「単数形のthey」をより正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

文/晏生莉衣世界中から多くの人々が訪れるTOKYO2020の開催が近づいてきました。楽しく有意義…

全国のドライバー「2019年あおり運転実態調査」

制限速度で走る、車線変更をした…「あおり運転」をされた理不尽なきっかけ

近年、社会問題となっている「あおり運転」。被害に遭うことは避けたいところだが、運悪く巻き込まれる可能…

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

「モチベーション理論」を活用することで、作業の効率を上げる。よく言われることである。しかし、…

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    昭和落語の二名人・志ん生と圓生の知る人ぞ知る関係と芸の違い

         

    文/小坂眞吾(『サライ』編集長)NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』で一躍世間の注目を集めているのが、ビートたけし演じる昭和の名人・古今亭志ん生ですが、その志ん生と並び称される名人に、六代目三遊亭圓生がいます。…

  2.  

    ビートたけし=古今亭志ん生の滑舌の悪さが落語好きにはOKな理由

         

    文/小坂眞吾(『サライ』編集長)NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』が始まってひ…

  3. リメイクしてほしい昭和アニメランキング(ロボット・メカ編)  

    リメイクしてほしい昭和アニメランキング(ロボット・メカ編)|3位はマジンガーZ、2位は機動戦士ガンダム、1位は?

         

    近年、「おそ松さん」をはじめ、「デビルマン」や「ゲゲゲの鬼太郎」など昭和のアニメがリメイクさ…

  4. 笈田ヨシ  

    新国立劇場が世界に放つ新作オペラ『紫苑物語』|世界の演劇界で活躍してきた三島由紀夫の愛弟子・笈田ヨシ85歳が、その演出に挑む!

         

    文/堀けいこ昨年暮れ、俳優として三島由紀夫の『豊穣の海』の舞台版で圧巻の演技を見せた笈田…

  5. 秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本  

    元祖「撮り鉄」がフィルムに収めてきた昭和の記録|『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』

         

    文/印南敦史『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』(J・ウォーリー・ヒギンズ…

  6. 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング  

    40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング|3位は中山美穂、2位は小泉今日子、1位は?

         

    アイドル群雄割拠と言われている現代。アイドルと言えばグループアイドルが圧倒的だが、80年代のアイ…

  7. お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。  

    角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に降り積もった言葉が、やがて生きる力になるのです」【サライ・インタビュー】

         

    【サライ・インタビュー】角野栄子さん(かどの・えいこ、児童文学作家)――国際アンデルセン…

  8. 関ケ原  

    立花宗茂~関ヶ原の敗北から返り咲いた唯一無二の武人【にっぽん歴史夜話12】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)立花宗茂(1567?~1642)をご存じだろうか。幕末までつ…

  9. プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』  

    プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』

         

    文/印南敦史プラモデルと聞いて、何を思い浮かべるだろう。零戦、大和か。それともスーパーカ…

  10. 秋刀魚の味  

    小津映画の中で魅力を発散した女優・岩下志麻|『秋刀魚の味』【面白すぎる日本映画 第26回】

         

    文・絵/牧野良幸今回は小津安二郎監督の『秋刀魚の味』である。1962年(昭和37年)のカ…

  11. ドラマ「北の国から」名場面ランキング  

    子供がまだ食ってる途中でしょうが!!|ドラマ「北の国から」名場面ランキング

         

    寒い冬。一面の雪景色。そんな寒い季節に、暖房の効いた暖かい室内で北海道の富良野を舞台に繰り広げら…

  12. サライ.jp世代にとって印象深いスーパーカーのヨーロッパ。  

    【私のクルマ遍歴】好奇心と巡り合わせで、買えないと思っていたスーパーカー・ロータス『ヨーロッパ』を手に入れることに(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  13. 日本では特に有名なスーパーカーを愛車にする秋葉さん。その出会いと物語は、【後編】で語ります。  

    【私のクルマ遍歴】バイクに夢中になるきっかけはスズキの『ハスラー』。大型免許がないのに『RZV500R』を買ってしまい……(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  14. プロのバードウォッチャーが教える、初心者がすぐに使えるテクニック  

    「スコープにすぐ鳥を入れる」「鳥に近づく」|日本でただ1人のプロ・バードウォッチャーが教える「スゴ技」

         

    文/鈴木拓也一説には「100万人はいる」とされる日本のバードウォッチング人口。言われ…

  15. スズキ/ジムニーシエラ  

    スズキ ジムニーシエラ|20年ぶり全面改良された本格4WD【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家) 小型で高性能な車づくりに定評のあるスズキ。同社の人気車種…

  16. 『Queen』の好きな曲ランキング  

    映画「ボヘミアン・ラプソディ」が大ヒット!|『Queen』の好きな曲ランキング

         

    日本中、世界中で大ヒットを記録している映画「ボヘミアン・ラプソディ」。イギリスのロックバンド、Q…

  17. R東日本 東京近郊路線図(車内掲出版)  

    最高峰は「JR東日本 東京近郊路線図」|「路線図」愛好家が教える鑑賞ポイント

         

    文/鈴木拓也ふだん何気なく見ている路線図。大半の人にとっては、自分が行きたい駅と運賃を確かめ…

  18.  

    志ん生の十八番で口開け!『落語 昭和の名人 極めつき72席』創刊しました

         

    文/編集部 お待たせしました! 落語ブームの今、シリーズ累計358万部を誇る落語CD…

  19. 甘いもの大好き!|スイーツ男子だと思う芸能人ランキング  

    甘いもの大好き!|スイーツ男子だと思う芸能人ランキング

         

    甘いもの好きの男性は意外に多いもの。今回、株式会社CMサイトのランキングサイト「ランキングー!」…

  20. ホキ徳田1  

    ホキ徳田さん(ジャズピアニスト、歌手)「気ままに、ひとりで、好きなように暮らし、今日が最後だと思って生きています」【サライ・インタビュー】

         

    取材・文/佐藤俊一 撮影/宮地 工【サライ・インタビュー】ホキ徳田さん(ほき・とくだ、ジ…

  21. 江戸城大手門前  

    【江戸三百藩】年始、五節句、定例日……|江戸城への登城は大名たちにとってこんなにも大変だった!

         

    江戸に参勤してきた大名が幕府に対して果たさなければならなかった義務とは、年始、五節句など江戸…

  22. 松本零士  

    【インタビュー】松本零士さん(漫画家)「知る人ぞ知るクラシック漫画を描き続けたあの頃」

         

    小学館のFM放送番組表を中心にしたオーディオと音楽の情報誌『FMレコパル』(1974年創刊)…

  23. 『江戸始図』  

    なぜ江戸が日本で一番大きい例外になったのか?|直木賞作家・門井慶喜氏と奈良大学・千田嘉博教授が語る「家康が造った江戸城の謎」

         

    2019年1月2日・3日の新春時代劇(NHK)での初のドラマ化により、再び注目が集まる直木賞作家・門…

  24. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉  

    エアチェック世代には懐かしい一冊! 松本零士幻の名作がCDつきで復刊

         

    70年代に隆盛を極めたFM誌『FMレコパル』。そこに連載されていた「ライブコミック」から、松…

  25.  

    子供や孫と聴きたい!楽しさいっぱいのアニメ音楽名曲集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)擬人化された動物が活躍する、子供向けのユーモラスなアニメ…

  26. マーカス・ミラー  

    マイルス・デイヴィスなどのトップ・アーティストに愛されてきたスーパー・ベーシスト、マーカス・ミラーがカウントダウン・ライブに登場!

         

    文/堀けいこその曲を耳にすると、あのときを思い出す‥‥。誰にでも、そんな心に刻まれたミュージシャ…

  27. 西郷隆盛とその一族~弟たち、子どもたち~  

    西郷隆盛とその一族~弟たち、子どもたち~【にっぽん歴史夜話11】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)英雄・偉人と呼ばれる人々も、家族にはちがった顔を見せているこ…

  28.  

    チェリビダッケ×ミュンヘン・フィルによる高純度のラヴェル名演【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)生前はクラシック音楽界の帝王カラヤンの最大のライバルとし…

  29. 思わず涙ぐんでしまう懐かしのTVドラマ|面白かった80年代のTVドラマランキング  

    面白かった80年代のTVドラマランキング|第1位は、あの人気シリーズ!

         

    日本にとっては昭和55年から平成元年までの10年間にあたる、1980年代。日本の自動車生…

  30. ベルエアーがたたずんでいる場は、まるでアメリカにいるよう錯覚させる。  

    【私のクルマ遍歴】自分のしたい仕事とクラシックカー『ベルエア』を追いかけて、走り回った50代(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

PAGE TOP