新着記事

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

リーダーシップとは何か? 多くの人はメンバーを引っ張っていく強い意志、などを持った人間、と思…

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

来る2020年の東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムに、日本の伝統色である藍色が採用…

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

文・写真/マンゲイラ靖子(海外書き人クラブ/ブラジル在住ライター)ブラジルの東北地方、バイー…

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

忙しいときや特定の栄養が不足している時に補うことができるバランス栄養食品。今はどの銘柄が人気…

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

文/砂原浩太朗(小説家)「知る人ぞ知る」という表現を時おり耳にする。一般的な知名度は…

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆「“ごんげん蒸し”が上手にできれば、一日気分がいい」という歌…

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

奈良県北部に位置する大和郡山市。戦後より皮革産業が盛んなこの地で、70年にわたり紳士靴づくり…

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

文・写真/羽生のり子(海外書き人クラブ/フランス在住ライター)スペイン国境に近いピレ…

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    志ん生の十八番で口開け!『落語 昭和の名人 極めつき72席』創刊しました

         

    文/編集部 お待たせしました! 落語ブームの今、シリーズ累計358万部を誇る落語CDつきマガジンの第3弾『落語 昭和の名人 極めつき72席』(全25巻)を本日創刊しました。昭和30~60年代、寄席とラジオの黄金時代に…

  2. 甘いもの大好き!|スイーツ男子だと思う芸能人ランキング  

    甘いもの大好き!|スイーツ男子だと思う芸能人ランキング

         

    甘いもの好きの男性は意外に多いもの。今回、株式会社CMサイトのランキングサイト「ランキングー!」…

  3. ホキ徳田1  

    ホキ徳田さん(ジャズピアニスト、歌手)「気ままに、ひとりで、好きなように暮らし、今日が最後だと思って生きています」【サライ・インタビュー】

         

    取材・文/佐藤俊一 撮影/宮地 工【サライ・インタビュー】ホキ徳田さん(ほき・とくだ、ジ…

  4. 江戸城大手門前  

    【江戸三百藩】年始、五節句、定例日……|江戸城への登城は大名たちにとってこんなにも大変だった!

         

    江戸に参勤してきた大名が幕府に対して果たさなければならなかった義務とは、年始、五節句など江戸…

  5. 松本零士  

    【インタビュー】松本零士さん(漫画家)「知る人ぞ知るクラシック漫画を描き続けたあの頃」

         

    小学館のFM放送番組表を中心にしたオーディオと音楽の情報誌『FMレコパル』(1974年創刊)…

  6. 『江戸始図』  

    なぜ江戸が日本で一番大きい例外になったのか?|直木賞作家・門井慶喜氏と奈良大学・千田嘉博教授が語る「家康が造った江戸城の謎」

         

    2019年1月2日・3日の新春時代劇(NHK)での初のドラマ化により、再び注目が集まる直木賞作家・門…

  7. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉  

    エアチェック世代には懐かしい一冊! 松本零士幻の名作がCDつきで復刊

         

    70年代に隆盛を極めたFM誌『FMレコパル』。そこに連載されていた「ライブコミック」から、松…

  8.  

    子供や孫と聴きたい!楽しさいっぱいのアニメ音楽名曲集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)擬人化された動物が活躍する、子供向けのユーモラスなアニメ…

  9. マーカス・ミラー  

    マイルス・デイヴィスなどのトップ・アーティストに愛されてきたスーパー・ベーシスト、マーカス・ミラーがカウントダウン・ライブに登場!

         

    文/堀けいこその曲を耳にすると、あのときを思い出す‥‥。誰にでも、そんな心に刻まれたミュージシャ…

  10. 西郷隆盛とその一族~弟たち、子どもたち~  

    西郷隆盛とその一族~弟たち、子どもたち~【にっぽん歴史夜話11】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)英雄・偉人と呼ばれる人々も、家族にはちがった顔を見せているこ…

  11.  

    チェリビダッケ×ミュンヘン・フィルによる高純度のラヴェル名演【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)生前はクラシック音楽界の帝王カラヤンの最大のライバルとし…

  12. 思わず涙ぐんでしまう懐かしのTVドラマ|面白かった80年代のTVドラマランキング  

    面白かった80年代のTVドラマランキング|第1位は、あの人気シリーズ!

         

    日本にとっては昭和55年から平成元年までの10年間にあたる、1980年代。日本の自動車生…

  13. ベルエアーがたたずんでいる場は、まるでアメリカにいるよう錯覚させる。  

    【私のクルマ遍歴】自分のしたい仕事とクラシックカー『ベルエア』を追いかけて、走り回った50代(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  14. 幾度ものレース中のクラッシュを乗り越え、スカイラインは走り続けました。  

    【私のクルマ遍歴】『ハコスカ』と共に目指したが、叶わなかったレースドライバーの夢(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  15.  

    ショパンのバラードの偉大さを雄弁に伝えるアンスネスの名演【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)あまりにも多く、軽々しく演奏されすぎているせいか、ショパ…

  16. 忠臣蔵  

    年末の定番映画といえばこれ!『忠臣蔵』【面白すぎる日本映画 第25回】

         

    文・絵/牧野良幸早いもので2018年も残りわずかとなってしまった。そこで今回は年末の定番…

  17.  

    えっ、あの人が銀行員!?|前職が意外な芸能人ランキング

         

    芸能界で活躍している人の中には、意外な前職の人がいた!株式会社CMサイトのランキングサイト「…

  18. 昭和歌謡は終わらない  

    個性豊かな楽曲であふれていたあの時代|『昭和歌謡は終わらない』

         

    文/印南敦史ご存知の方も多いかと思うが、『昭和歌謡は終わらない』(近藤勝重著、幻冬舎…

  19.  

    【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人の競演会です

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2019年の新年初…

  20.  

    トヨタ センチュリー|匠の技が磨き上げた美と品格をまとう国産車【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家) 初代の登場は1967年。お抱え運転手が運転することを前提…

  21. ポルトギーゼ クロノグラフ  

    一生使える高級腕時計|スイス時計の伝統と技術が息づく「IWC」5選

         

    文/安藤政弘スイス時計の伝統を受け継ぎながら、創業時より150年にわたり、革新性の満ちたタイ…

  22. 30代以上の女性が選ぶ、好きな50代以上の俳優ランキング|第1位は下町ロケットの…  

    30代以上の女性が選ぶ、好きな50代以上の俳優ランキング|第1位は「下町ロケット」のあの人

         

    50代以上の「オジサマ」にあこがれる30代の女性が増えているらしい。株式会社CMサイトのラン…

  23.  

    バンドネオンの革命児・小松亮太の面白すぎるベスト盤【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年デビュー20周年を迎えた、1973年生まれのバンドネ…

  24. 平成最後の冬にあなたが選ぶ!「平成を代表する漫画」ランキング!  

    ギネス記録を持つ国民的漫画が1位を獲得|「平成を代表する漫画」ランキング!

         

    ギネス記録を持つ国民的漫画が1位を獲得、『ちびまる子ちゃん』は4位にランクイン平成という時代…

  25. えっ、あの人も!? 応援したい10代~20代の二世芸能人ランキング  

    えっ、あの人も!? 応援したい10代~20代の二世芸能人ランキング

         

    二世芸能人と聞くと高島忠夫の息子の高嶋政宏・政伸兄弟、佐田啓二の息子の中井貴一、古くは上原謙…

  26. ホンダ N360 (N II)  

    「Nコロ」「シビック」「コルト ギャラン」「サニトラ」|昭和の名車がプラモデルで復活!

         

    文/安藤政弘プラモデルメーカー各社の新製品が一堂にそろう「全日本模型ホビーショー」は、模型を…

  27. 平成最後の紅白歌合戦!|2018紅白歌合戦で楽しみにして いる歌手は?  

    平成最後の紅白歌合戦!|「楽しみにしている歌手ランキング」1位はユーミン

         

    大晦日といえば紅白歌合戦、という人も多いことだろう。今年で第69回を迎える紅白歌合戦、楽しみ…

  28. モナコ キャリバー11 クロノグラフ  

    一生使える高級腕時計|スポーツエレガントなコレクションが揃う「タグ・ホイヤー」5選

         

    文/安藤政弘タグ・ホイヤーは、スポーツエレガントをテーマにした高級時計をラインナップする幅広…

  29.  

    庄司紗矢香×テミルカーノフによる味わい深いヴァイオリン協奏曲集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)人の声のように親密に大切なことを語りかけてくるヴァイオリ…

  30. 渋くてカッコいいと思う60歳以上の俳優ランキング|第1位は舘ひろし  

    渋くてカッコいいと思う60歳以上の俳優ランキング|第1位は舘ひろし

         

    俳優は若いイケメンばかりがもてはやされているわけではない。若い世代にも充分魅力的に映るのが、…

PAGE TOP