今も残る白洲次郎に所縁のポイント10選

白洲次郎・正子夫妻が、東京郊外の鶴川村(現在の町田市能ヶ谷)に土地付きの茅葺農家を購入したのは昭和17年(1942)のこと。以来、40年以上に亘って次郎が住み続けた終の棲処は、現在、「旧白洲邸 武相荘」として一般に公開されている。現在も往時の姿を留めるこの場所には、かつての主たちの気配が今も色濃く漂い、訪れるものを魅了する。ここでは、次郎の息吹を感じさせてくれる所縁のポイントを紹介する。

1)かつてのガレージには、往時の名車が佇む

「カフェ」として、また来訪者の休憩所として使われている、かつてのガレージ。一角には、次郎が神戸一中時代に乗っていたのと同型の1916年製ペイジSix-38が展示されている。

2)納屋の軒下には愛用の農耕機具

戦時中、鶴川の家で自給自足の暮らしを開始した次郎は、農作業に励んだ。戦後になるといち早く、当時は珍しかった外国製の芝刈り機や脱穀機を入手。道具好きだった一面が窺える。

3)室町時代の三重塔。ここにも秘密がある。

母屋前の庭には、正子遺愛の石仏などが鎮座しているが、この三重塔もそのひとつ。この塔の下には、正子の手で次郎の遺髪が供えられたという。正に供養塔だ。

4)大工仕事に精を出した次郎の品があちこちに

「ミュージアム」と呼ばれる母屋などへ通じる正門の横には、次郎が木工制作した新聞受けがある。古い臼を利用したところが、ご愛嬌。「しんぶん」の字も次郎による。

5)知らねば気がつかぬ所にも次郎の痕跡が

かつては納屋であり、現在「バー&ギャラリー“プレイファスト”」となっている展示室へと至る階段横の柱に掛けられた鍵札。これも次郎の手製である。

6)「レストラン」の照明器具として今も現役

木工制作が大の得意だった次郎は、家具や靴べら、サラダサーバー等々なんでも自作。これは庭で切り出した竹で制作したライトスタンド。母屋とレストランにふたつ現存する。

7)新婚旅行のエピソードを想起させる石塔

「散策路」の入口に、正子が晩年に据えた「鈴鹿峠」と刻まれた石塔がある。次郎と正子は新婚旅行の際、濃霧に包まれたこの峠を車で越えたのだった。

8)年代物のかき氷機。夏は次郎が氷を削った

農耕機具など、次郎が愛用した、さまざまな道具類が置かれる納屋の下には、次郎自らが氷を削ったというかき氷機が鎮座。実は、妻・正子はかき氷が大の好物だった。

9)マッカーサーとの交流を物語る次郎デザインの椅子

GHQとの折衝役を務めた次郎は、最高司令官だったマッカーサーに、自らデザインした椅子を職人に作らせ贈呈。この展示品は近年、製作されたレプリカ。

10)鶴川街道から「武相荘」へと続く道筋にある電柱に注目

GHQとの折衝役となった際、白洲家にはまだ電話が来ておらず、「それでは困る」と、吉田茂の指示で即座に電話線が引かれた。今も「白洲線」と呼ばれ、この札が貼ってある。

往時の風情が漂う白洲夫妻の終の棲処

広大な敷地の中に立つ母屋は、この地域の養蚕農家の面影を今に伝える貴重な文化遺産。明治初期の建築と推定されている。

かつてこの地が武蔵国と相模国の境にあったことから、白洲次郎がそこに己の性質をも紐づけて命名した「武相荘」。現在は記念館として公開されており、かつての居住空間である母屋は「ミュージアム」となってふたりの遺愛の品々が展示されるほか、「レストラン」では所縁のメニューが、「ショップ」では関連のグッズや書籍の数々が販売されている。ここを訪れれば、ふたりの豊かな暮らしぶりが体感できることはもちろん、何より自然に溢れた武蔵野の里山空間が心地よく、とても貴重な遺構であることを実感する。

「ミュージアム」にはふたりの遺愛の品々を多数展示。写真は次郎が使ったタイプライターなど。
「レストラン」では白洲家所縁のメニューが楽しめる。写真は次郎好みのチキンカレー(1680円)。
「ショップ」には、陶磁器類や関連グッズが並ぶ。これは次郎が作らせたTシャツのレプリカ。近々、リニューアルして販売予定のため詳細は問い合わせを。

旧白洲邸 武相荘

【開館時間】10時〜17時(入館は16時30分まで)
【休館日】月曜(祝日・振替休日は開館)、夏季・冬季休館あり
【入館料】1100円 ※レストラン、ショップゾーンは入場無料。団体での訪問は、事前に要予約。
【住所】東京都町田市能ヶ谷7-3-2
問い合わせ:042・735・5732(ミュージアム)、042・708・8633(レストラン)、042・736・6478(ショップ)
【ホームージ】https://buaiso.com

撮影/篠原宏明

白洲次郎が撮影した必見の写真集『写真家 白洲次郎の眼 愛機ライカで切り取った1930年代』

Amazonで商品詳細を見る

※この記事は『サライ』本誌2022年6月号より転載しました。年齢・肩書き等は掲載当時のものです。

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
6月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品