新着記事

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

実家の表具店で、職人たちの働きを幼いころから見てきたという小林新也氏は、ものづくりを追求する…

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

文/池上信次第20回「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか…

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

最大9連休だった今年のお盆は終わってしまいましたが、まだ夏休みを取られていない人、9月の連休…

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

文/印南敦史少なくとも十数年前まで、「定年」ということばには明るいイメージが多少なりともあっ…

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

戦前、わずか4社しかなかった国産時計メーカーのひとつ、村松時計製作所の初代は、他社では困難だ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

写真・文/矢崎海里皆さん、「煎り酒」という調味料をご存じですか。古くは日本の調味…

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

全国の中学生・高校生(中高生)に対し、大人へのイメージや10年後の日本の見通しについてどう考…

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

現状が順調な経営であったとしても、危機は必ずやってくる。そんな時、リーダーとしてはどのように…

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

サンマに代表される秋の魚のおいしい季節がやってくる。いつもガスグリルを使って魚を焼いているサ…

ファーブル昆虫館「虫の詩人の館やかた」(※東京都文京区千駄木5-46-6 電話:03・5815・6464(開館時のみ)、開館:土曜・日曜の13時〜17時、入場料:無料)ではファーブルの生家を再現。同時代の家財道具も展示。奥本さんが着用している帽子とコートもファーブル愛用のものと同じ。

【インタビュー】奥本大三郎(作家、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」館長・75歳)「研究成果は楽しい読み物で社会に伝える。ファーブルのおかげでそう決意しました」

【サライ・インタビュー】奥本大三郎さん(おくもと・だいさぶろう、作家、ファーブル昆虫館「虫の…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    ロンドン留学中の夏目漱石、ベルリン在住の友へ手紙を書く。【日めくり漱石/11月19日】

         

    今から116 年前の今日、すなわち明治33年(1900)11月19日、ロンドン留学中の33歳の漱石はドイツにいる立花銑三郎へ手紙を書いていた。留学生・漱石は、これより3週間ほど前、一緒に横浜港から渡航してきた藤代禎輔や芳賀矢…

  2.  

    信じがたいほど美しい「闇」の色を間近で拝見!「速水御舟の全貌 ―日本画の破壊と創造―」展

         

    東京の山種美術館では、開館50周年を記念した特別展として日本画家・速水御舟の回顧展「速水御舟の全貌」…

  3.  

    夏目漱石、度重なる慰留に折れ朝日新聞社への辞意を撤回する。【日めくり漱石/11月18日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)11月18日は、まるで春先のような生…

  4.  

    発見されたもう一つの「慧可断臂図」!雪舟と白隠それぞれの禅画に秘められた大きな違い

         

    文/田中昭三いま東京国立博物館では、『禅―心をかたちに―』という展覧会が開催されてい…

  5.  

    夏目漱石、樋口一葉の旧宅に下宿している門弟を訪ねる。【日めくり漱石/11月17日】

         

    今から100 年前の今日、すなわち明治39年(1906)11月17日の夕刻、39歳の漱石は門…

  6.  

    竹田駅(JR播但線)天空の城を背負う黒瓦の美的駅舎【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第9回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)世界遺産、姫路城のある姫路駅から播但線に乗った。…

  7.  

    夏目漱石、生涯最後の木曜会で「則天去私」について深く語る。【日めくり漱石/11月16日】

         

    《御安着結構です。(略)芥川君は売ツ子になりました。久米君もすぐ名が出るでしょう。二人とも始終来…

  8.  

    グループ・ジャズ・ヴォーカル|官能的な極上のハーモニー!【ジャズ・ヴォーカル・コレクション15】

         

    文/後藤雅洋■“チームの音楽”の面白さ今回は「ヴォーカル・グループ」の特集で…

  9.  

    夏目漱石、読売新聞からコラム執筆依頼を受けて大いに悩む。【日めくり漱石/11月15日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)11月15日、読売新聞の竹越与三郎が…

  10.  

    お稲荷さんは何故生まれた?神様の使いがオオカミからキツネに取って代わった理由

         

    8万社ともいわれる日本の神社のなかで、もっとも多いのは八幡様を祀(まつ)る神社であるが、その…

  11.  

    300件を超す至宝の数々が勢揃い!大阪市立美術館「壺中之展―美術館的小宇宙」

         

    いま大阪市立美術館では、同館の所蔵コレクションから選りすぐった名品ばかりを紹介する展覧会が開催されて…

  12.  

    夏目漱石、池辺三山から朝日新聞社の内情を聞いて当惑する。【日めくり漱石/11月14日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)11月14日、44歳の漱石は友人であ…

  13.  

    円山応挙の超絶テクニックを堪能できる!「円山応挙-「写生」を超えて-」展

         

    江戸期の画家、円山応挙(まるやま・おうきょ、1733~95)の作品を一挙に堪能できる展覧会が、東京・…

  14.  

    夏目漱石、才色兼備のとある美女の死を知って仰天する。【日めくり漱石/11月13日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)11月13日、43歳の漱石は、入院中…

  15.  

    ロンドン留学中の夏目漱石、下宿を引っ越して出費を抑える。【日めくり漱石/11月12日】

         

    今から116 年前の今日、すなわち明治33年(1900)11月12日、ロンドン留学中の33歳…

  16.  

    日本人が好きなオペラの筆頭!プッチーニ作『ラ・ボエーム』が新国立劇場でまもなく上演

         

    温かなコートの下に少しだけお洒落をして、演奏会にでも出かけたくなる晩秋のこの時期。日本初のオ…

  17.  

    20世紀の写真史に輝く知られざる巨匠!「アルバレス・ブラボ」の写真展

         

    激動期のメキシコを静かな目で捉えた写真家、アルバレス・ブラボの写真展が、名古屋市美術館で開催されてい…

  18.  

    入院中の夏目漱石、病室で独自の「語学勉強法」を実践する。【日めくり漱石/11月11日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)11月11日、43歳の漱石は入院中の…

  19.  

    ブラジルの大地と家族を捉えた移民写真家「大原治雄」の愛ある眼差し

         

    文/高橋義隆山梨県にある清里フォトアートミュージアムにて「大原治雄 ブラジルの光、家…

  20.  

    【趣味をもう一度!料理編】インターネットを手引き書に料理の腕をふるってみる【PR】

         

    サライ世代の暮らしに、もはやパソコンは欠かせないものになってきている。メールやネット検索が生活の「必…

  21.  

    【趣味をもう一度!音楽編】しまいこんでいた楽器を久しぶりに奏でてみる【PR】

         

    サライ世代の暮らしに、もはやパソコンは欠かせないものになってきている。メールやネット検索が生活の「必…

  22.  

    【趣味をもう一度!写真編】撮影した会心の一枚を「作品」に仕上げてみる【PR】

         

    サライ世代の暮らしに、もはやパソコンは欠かせないものになってきている。メールやネット検索が生活の「必…

  23.  

    夏目漱石、高浜虚子の小説集のための序文を書く。【日めくり漱石/11月10日】

         

    今から109 年前の今日、すなわち明治40年(1907)11月10日、40歳の漱石は、東京・…

  24.  

    夏目漱石、妻・鏡子と外出時間をめぐって夫婦喧嘩する。【日めくり漱石/11月9日】

         

    今から119 年前の今日、すなわち大正3年(1914)11月9日、47歳の漱石は昼過ぎに妻の…

  25.  

    英語教師・夏目漱石、佐賀の中学校で英語授業を視察する。【日めくり漱石/11月8日】

         

    今から119 年前の今日、すなわち明治30年(1897)11月8日、熊本の第五高等学校の英語…

  26.  

    2人の大画家のうるわしき師弟愛!「拝啓 ルノワール先生 ―梅原龍三郎に息づく師の教え」展

         

    東京・丸の内の三菱一号館美術館では『拝啓 ルノワール先生 ―梅原龍三郎に息づく師の教え』と題する展覧…

  27.  

    夏目漱石、届いた柿を子供にすっかり食べられて残念至極。【日めくり漱石/11月7日】

         

    今から101 年前の今日、すなわち大正4年(1915)11月7日の夏目家(東京・早稲田南町)…

  28.  

    クロマニョン人が残した洞窟壁画を最新技術で精密復元!「世界遺産 ラスコー展」

         

    世界遺産に指定されているフランスの「ラスコー壁画」を最新テクノロジーを駆使して復元・展示する展覧会が…

  29.  

    ロンドン留学中の夏目漱石、よからぬ噂から帰国を促される。【日めくり漱石/11月6日】

         

    今から114 年前の今日、すなわち明治35年(1902)11月6日、ロンドン留学中の35歳の…

  30.  

    夏目漱石、見舞いにもらった掛け軸に大いなる安らぎを感じる。【日めくり漱石/11月5日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)11月5日、東京・内幸町の長与胃腸病…

PAGE TOP