新着記事

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その2

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫…

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その1

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

医療ジャーナリストが教える、がん治療の偽情報に惑わされないための処方箋

医療ジャーナリストが教える「やってはいけない がん治療 」

文/鈴木拓也今までの常識が覆されることもある、日進月歩のがん治療。世間に流布するがん関連…

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

文・写真/倉田直子(海外書き人クラブ/オランダ在住ライター)2020年春、世界中が未知のウイ…

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

よく耳にしますよね。「遺産分与の協議での揉め事」、或いは「不動産の名義変更の手続きの煩わしさ…

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じ…

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の…

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

文/印南敦史慢性的な疲れを抱え、「いくら寝ても疲れがとれない」という方も少なくないだろう…

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

文/砂原浩太朗(小説家)近年、戦国史の見直しが目覚ましいほどにすすんでいる。武将への…

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大によって長引いた学校の休校によって、にわかに議論されるよう…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    油津駅(JR日南線)南国の陽光が差し込む白亜のレトロ駅舎【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第19回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)海からの温かい風が、駅の構内を吹き抜けていく。日南線を走る観光列車『海幸・山幸』を撮影するためにやってきた油津駅は、ローカル線の主要駅らしく、ゆったりと広い構内に立派な駅舎を構えていた。…

  2.  

    「国家的道徳というものは、個人的道徳に比べると段の低いものに見える」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば43】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  3.  

    【江戸クイズ】浅草にあった「お茶漬けだけで1両2分」伝説の高級料亭とは?江戸の食文化クイズ5問

         

    江戸時代の食事は質素でつつましやかだったと言われていますが、一方で外食産業も発展し、料理屋を…

  4.  

    「あんにゃろ、俺の面倒を見るって言ってたくせに、先に逝っちまいやがって」(古今亭志ん生)【漱石と明治人のことば42】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  5.  

    百花繚乱のバロック絵画が一堂に会する!「ブリューゲル、レンブラント、ルーべンス バロックの巨匠たち」展

         

    16世紀末から18世紀初めにかけてヨーロッパの広汎な地域に現れた美術様式を「バロック」と総称しますが…

  6.  

    「からだの弱い人は、人並みにしては弱るだけだ。」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば41】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  7.  

    【江戸クイズ】吉原の高級遊女「花魁」(おいらん)の語源は?江戸の遊郭雑学クイズ4問

         

    江戸の遊郭の代表格といえば吉原。艶やかで美しい花魁がしゃなりしゃなりと練り歩く花魁道中が有名…

  8.  

    「傷は浅い、大丈夫だ」(竹内綱)【漱石と明治人のことば40】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  9.  

    【江戸クイズ】神田祭と山王祭が「天下祭り」と称された理由とは?(ほか全5問)

         

    200年にも渡って江戸時代を続けてきた徳川家。後世まで、世界一の大都市だと伝わる都市をつくり…

  10.  

    懐かしい切手の魅力にどっぷりひたれる!訪ねてみたい3つの「切手の博物館」

         

    『サライ』2月号の特集は「『切手』に再会」。多くの人が少年のころ夢中になったであろう切手の魅力に改め…

  11.  

    ファンなら一度は巡りたい!藤沢周平の作品世界を体感できる山形・庄内の見どころ9つ

         

    サライ『2月号』は作家・藤沢周平を大特集。読者の背中をそっと押してくれるような優しい眼差しを持つ藤沢…

  12.  

    「どこから登ったって同じことだ。山はあすこに見えているんだから」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば39】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  13.  

    ジューン・クリスティ|ドライでクールな独創のハスキー・ヴォイス【ジャズ・ヴォーカル・コレクション21】

         

    文/後藤雅洋■「いーぐる」人気の1枚今回はちょっと個人的な話から始めさせてい…

  14.  

    ゴーギャンの影響受けた美の一派!評価高まる「ナビ派」初の本格展覧会「オルセーのナビ派」展

         

    1880年代末のパリ、ゴーガンの美学から影響を受けて自らを新たな美の「ナビ(ヘブライ語で“預言者”の…

  15.  

    「不来方(こずかた)の お城の草に寝ころびて 空に吸はれし十五の心」(石川啄木)【漱石と明治人のことば38】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  16.  

    「申し訳ありません。もう一度勉強しなおしてまいります」(8代目桂文楽)【漱石と明治人のことば37】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  17.  

    伊達駅(JR東北本線)凜とした武家屋敷のような駅舎【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第18回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)福島駅から仙台方面行きの電車に乗った。発車すると…

  18.  

    「この肉体はいつ何時どんな変に会わないとも限らない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば36】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  19.  

    寒さに見合う至高の一枚を!「純白の雪景色」を上手に撮影する3つのコツ

         

    真っ白に染まった雪景色を前にすると、純白の世界に想像力を掻き立てられ、カメラに収めておきたいと考える…

  20.  

    「なるべく我儘(わがまま)にならぬよう、あまえぬよう、あまき物などやらぬよう」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば35】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  21.  

    ロシアの美貌の歌姫が「狂乱の場」を歌う!名作オペラ『ルチア』が新国立劇場で上演

         

    喜劇、悲劇、英雄伝説、歴史物語など、時代を超えて人々を惹きつけてきたオペラの物語のスタイルは…

  22.  

    交わした手紙を読んで実感!画家マティスとルオーの熱い友情と2人だけの秘密

         

    フランス近代絵画の巨匠、アンリ・マティス(1869-1954)とジョルジュ・ルオー(1871…

  23.  

    「ココロノ ヤサシイ オニノ ウチデス。ドナタデモ オイデ クダサイ。」(浜田廣介)【漱石と明治人のことば34】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  24.  

    これは何と読むでしょう?「漢字」は自由に楽しめるオトナの知的遊具【大人のための発想術 第1回】

         

    見慣れないこの漢字、一体なんと読むか、おわかりだろうか?答えは「自己中」。一見、自由…

  25.  

    白と青の美しきコントラスト!伊万里焼こと「肥前磁器」の歴史を辿る「染付誕生400年」展

         

    われわれの食卓に欠かすことのできない磁器。日本で生産がはじまったのは、今からおよそ400年前…

  26.  

    「僕の一身にとってこの落第は非常に薬になったように思われる」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば33】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  27.  

    離れ離れの梵天と帝釈天が112年ぶりに再会!「再会―興福寺の梵天・帝釈天」展

         

    東京・青山の根津美術館で、離れ離れになってしまった帝釈天立像と梵天立像が112年ぶりに再会す…

  28.  

    技巧の頂点を極めた繊細無比な七宝芸術!「並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑-透明な黒の感性」展

         

    明治時代、輸出用美術工芸品として人気を博した七宝。並河靖之(なみかわ・やすゆき 1845-1…

  29.  

    「あーまたこの二月の月がきた ほんとうにいやな月」(小林セキ)【漱石と明治人のことば32】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  30.  

    二本木駅(えちごトキめき鉄道)急勾配のスイッチバック駅舎【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第17回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)雪原の中、電車は勾配の途中で停車し、ゆっくりとバ…

PAGE TOP