新着記事

幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

娘のきもち・その2 【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

娘のきもち・その1 【娘のきもち】24歳のときにガンで亡くなった父。思い出すのは幼少期の厳格な姿だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】

取材・文/池田充枝1968(昭和43)年11月、皇居新宮殿が完成され、竣工式が行われました。…

好きな犬種ランキング2018 好きな犬ランキング2018、3年連続1位はあの犬種

飼いたいペットランキングで首位の「犬」。以前、「好きな猫種ランキング2018」を発表したが、人気…

第16回「サライ大賞」発表!読者が選んだシニア世代に優しい商品とは

今年1年間、『サライ』の本誌および公式サイト『サライ.jp』で紹介された商品や人物などから、サライ世…

高嶺の花だった懐かしの「舶来ウイスキー」がぐんと身近になった理由

文/編集部1970~80年代、海外旅行のお土産は、もっぱら洋酒と「洋モク」だった。特にスコッ…

ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧対応マニュアル ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧マニュアル【川口陽海の腰痛改善教室 第6回】

文/川口陽海身体をちょっとひねった拍子に『うっ・・・』下に落ちたものを拾おうとか…

アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド【予防医療最前線】

文/中村康宏前回の記事『ストレスとうまく付き合うための注目メソッド【予防医療最前線】』で…

100歳以上の百寿者 いまや約7万人!100歳以上の百寿者が身につけている生活習慣とは?

文/鈴木拓也日本では100歳以上の百寿者の数は、いまや7万人近く。他国に比べて飛びぬ…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. 岩佐又兵衛の「旧金谷屏風」10図が福井で奇跡の再会!「岩佐又兵衛展」展

    謎に包まれた天才絵師、岩佐又兵衛(いわさ・またべえ/1578~1650)の展覧会が、39歳から60歳までの円熟期を過ごしたゆかりの地である福井で開かれています。又兵衛に関する大規模な展覧会は、1984年一度、2004年に一度開催されたきりで…

  2. とんかつの醍醐味ここに極まれり!荻窪『たつみ亭』の「上かつ」【山本益博の「私のお気に入り」132】

    私はフェイスブックで「東京とんかつ会議」を毎月隔週でアップしています。3人の仲間と東京のとん…

  3. 夏目漱石、東海道線に乗って関西講演ツアーに出発する。【日めくり漱石/8月11日】

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)8月11日、44歳の漱石は午前8時3…

  4. 夏目漱石、妻子を旅行に送り出してから机に向かう。【日めくり漱石/8月10日】

    今から101 年前の今日、すなわち大正4年(1915)8月10日の早朝、48歳の漱石は玄関で…

  5. ビリー・ホリデイ|強烈な人生体験から生まれた歌のリアリティ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション08】

    文/後藤雅洋■鬼気迫る声の存在感本シリーズ創刊号にも登場した伝説的ヴォーカリ…

  6. 夏目漱石、新聞連載小説のバトンを徳田秋声に託す。【日めくり漱石/8月9日】

  7. キャンプ+麻雀=マージャンピング!意外な組み合わせでキャンプの新たな楽しみ方を発見

  8. 夏目漱石、橋口五葉と『吾輩は猫である』の装幀について打ち合わせる。【日めくり漱石/8月8日】

  9. 国立西洋美術館本館|日本唯一のコルビュジエ建築4つの特徴

  10. 若き夏目漱石、船の上で女性にいいとこ見せようとして大失敗。【日めくり漱石/8月7日】

  11. 爽快!夏の信州に大集合した北斎ブルーの富士山たち「北斎の富士 冨嶽三十六景と富嶽百景」展

  12. 夏目漱石、停車場で通訳を買って出るも喉が痛くて声が出ない。【日めくり漱石/8月6日】

  13. 又兵衛から抱一まで江戸絵画の全貌を俯瞰!「江戸絵画への視線-岩佐又兵衛から江戸琳派へ-」

  14. こりゃニャンダフル!国芳や国貞などの猫の浮世絵が大集合「浮世絵ねこの世界展」

  15. 夏目漱石、『猫』が講談に使われているのを知って面食らう。【日めくり漱石/8月5日】

  16. 本場のオペラを気軽に堪能「METライブビューイング」アンコール上映会【ご招待あり】

  17. 38歳の夏目漱石、余りの忙しさに悲鳴を上げた夏の日。【日めくり漱石/8月4日】

  18. 夏目漱石、ロンドンにて尊敬する歴史家カーライルの博物館を訪ねる。【日めくり漱石/8月3日】

  19. 並ばず見られて入場無料!門前仲町で「伊藤若冲展」ひっそり開催中【山本益博の「私のお気に入り」131】

  20. 夏目漱石、幼い我が子の入院を知って鎌倉の病院へ急ぐ。【日めくり漱石/8月2日】

  21. 夏目漱石、ついに小説『心』の最終回を書き上げる。【日めくり漱石/8月1日】

  22. 夏目漱石、無礼な人力車の車夫を一喝する。【日めくり漱石/7月31日】

  23. ド迫力の大作「面構」(つらがまえ)シリーズが一挙公開!日本画家・片岡球子の回顧展

  24. 夏目漱石、「明治」という時代の終焉に直面する。【日めくり漱石/7月30日】

  25. 夏の夜を彩るジャズの祭典「Blue Note JAZZ FETIVAL」@横浜で開催【ご招待あり】

  26. 漱石先生の珠玉の言葉がぎっしり!悩める現代人に“効く”名言集『夏目漱石100の言葉』(矢島裕紀彦・監修)

  27. 夏目漱石、学生の語学力が落ちている原因について語る。【日めくり漱石/7月29日】

  28. 60代以上が選んだ「海を連想する曲」ランキング1位は?

  29. 夏目漱石、敬愛していた嫂(あによめ)の早すぎる死に大ショック。【日めくり漱石/7月28日】

  30. 夏目漱石、教え子の魅力的な誘惑を振りきって「草枕」の執筆に専念する。【日めくり漱石/7月27日】

PAGE TOP