新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ヘレン・メリル|声から溢れるウェットでリアルな情感【ジャズ・ヴォーカル・コレクション45】

文/後藤雅洋

ヘレン・メリルは日本人好みのジャズ・ヴォーカリストだといわれています。私自身もジャズを聴き始めたころ、彼女が名トランぺッター、クリフォード・ブラウンを従えて歌った「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」を聴いて、「ジャズ・ヴォーカルっていいなあ」と思ったものでした。

ほとんどジャズに馴染みのない若者に、「いいなあ」と思わせる力の源泉のひとつに、「日本人好み」という要素があったのは間違いないでしょう。

今回はそんなヘレン・メリルの魅力・聴きどころを、「日本人好み」というキーワードを入り口にして解説していこうと思います。

この記事は、第45号「ヘレン・メリル vol.2」(監修:後藤雅洋、サライ責任編集、小学館刊)からの転載です。

まず最初にお話ししておきたいのは、一昔前はジャンルはなんであれ、日本人好みのものは本場の評価とは違っており、必ずしも優れているとはいえないという暗黙の了解があったことです。これは明治の文明開化によって西欧音楽や油絵といった目新しい外来文化が一気に流入し、消化不良を起こした一般庶民の見当はずれな受け取り方に対して、「知識人」たちが上から目線で、「わかってないなあ」と揶揄した歴史に始まるようです。

揶揄は言いすぎで、「啓蒙」と言うべきかもしれませんが、そうした若干ネガティヴな意味も含んだ「日本人好み」という形容を、21世紀を迎えた私たちはもう少しポジティヴに捉え直してみるべきかと思います。たしかに異文化に接すれば「本場」とは違う価値観から対象を眺めるのですから、当然見当はずれもあるでしょう。しかし場合によっては、本場が見逃していた隠れた見どころを「発見」することだって、あるのです。

いちばんわかりやすい例が、マニア好みのピアニストといわれたソニー・クラークでしょう。日本にジャズ・ファンが増え始めた1960年代、タイムというすぐに潰れてしまったレコード会社から発売された『ソニー・クラーク・トリオ』というアルバムを、ファンは競って探し求めました。ですから、このアルバムを持っているジャズ喫茶はそれだけで商売になったのです。

それほど日本でもてはやされたピアニストなのだから、ジャズの本場アメリカではさぞや人気が高かっただろうと当時のファンは想像したのですが、後になって、アメリカでは不遇でさほどの一般的評価は得られなかったという事実がわかってきたのです。

このことから、日本でのクラーク評価は「見当はずれ」だったのかというとそういうことはなく、むしろアメリカ人が見過ごしていたクラークの魅力を、日本の熱心なファンが発見したというほうが当たっているのですね。その理由はシンプルで、若干地味めで哀愁を帯びたクラークのテイストは、万事派手好きでハッピー志向のアメリカ人のアンテナにはひっかかりにくかったのです。

そうなのです、現代では「日本人好み」を必ずしもネガティヴな意味で捉える必要はないのです。早い話、日本製アニメや劇画は海外のコミックスとは発想からして違っていますが、その日本人的感覚を愛好するファンは今や世界中に広がっていますよね。

というわけで、私たち日本人の琴線に触れるヘレン・メリルの魅力ポイントをひとつずつ点検していくことといたしましょう。

ページ:

1

2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブル…
  2. ボサ・ノヴァと現代ジャズと美空ひばりの意外すぎる共通項【ジャズ・…
  3. デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京…
  4. 時代とともに変わりゆくジャズがなぜ魅力的なのか【ジャズ・ヴォーカ…
  5. ジャズ文脈から考えたビートルズの音楽の魅力とは【ジャズ・ヴォーカ…
PAGE TOP