新着記事

銀製 夫婦箸|江戸の粋な心と技が宿る東京銀器

叩いて生み出す形と輝き。江戸時代から続く優美な東京銀器は、暮らしに安らぎとゆとりをもたらす。…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

写真・文/矢崎海里夏野菜の定番、トマト。真夏の太陽の日差しを浴びて育ったトマトは…

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【セカンドライフで気になるイベントやお金のこと】退職金を受け取る前にあらかじめ計画を立て…

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

リーダーシップとは何か? 多くの人はメンバーを引っ張っていく強い意志、などを持った人間、と思…

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

来る2020年の東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムに、日本の伝統色である藍色が採用…

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

文・写真/マンゲイラ靖子(海外書き人クラブ/ブラジル在住ライター)ブラジルの東北地方、バイー…

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

忙しいときや特定の栄養が不足している時に補うことができるバランス栄養食品。今はどの銘柄が人気…

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

文/砂原浩太朗(小説家)「知る人ぞ知る」という表現を時おり耳にする。一般的な知名度は…

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆「“ごんげん蒸し”が上手にできれば、一日気分がいい」という歌…

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

奈良県北部に位置する大和郡山市。戦後より皮革産業が盛んなこの地で、70年にわたり紳士靴づくり…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物音楽会

  1. プッチーニの名作オペラ、その結末はいかに?|日本から世界に発信するオペラとして世界からも注目される新制作の『トゥーランドット』  

    プッチーニの名作オペラ、その結末はいかに?|日本から発信するオペラとして世界からも注目される新制作の『トゥーランドット』

         

    文/堀けいこ新国立劇場のオペラ部門芸術監督をつとめるのは、世界的な指揮者でもある大野和士。7月18日から上演されるプッチーニの『トゥーランドット』は、大野芸術監督の就任1シーズン目である2018/2019シーズンの締めくくり。オ…

  2. ジョン・スコフィールド  

    ジャズ界の最前線で活躍し続けるギタリスト、ジョン・スコフィールド|炸裂するパワーと円熟味のある演奏は、聴衆の心をわしづかみにする!

         

    文/堀けいこ学生時代にギターをやっていた人は? サライ世代にこんな質問をしたら、きっと、あち…

  3. クラシックのコンサートとはいえ、観客はカジュアルな服装で会場に入ることができる。(c)teamMiura  

    クラシック音楽をもっとポピュラーに!|注目の音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」が、GWに東京へやってくる

         

    文/堀けいこいつの時代にも、作曲家たちは新たなインスピレーションを求めて旅をした。そんな…

  4. 笈田ヨシ  

    新国立劇場が世界に放つ新作オペラ『紫苑物語』|世界の演劇界で活躍してきた三島由紀夫の愛弟子・笈田ヨシ85歳が、その演出に挑む!

         

    文/堀けいこ昨年暮れ、俳優として三島由紀夫の『豊穣の海』の舞台版で圧巻の演技を見せた笈田…

  5. マーカス・ミラー  

    マイルス・デイヴィスなどのトップ・アーティストに愛されてきたスーパー・ベーシスト、マーカス・ミラーがカウントダウン・ライブに登場!

         

    文/堀けいこその曲を耳にすると、あのときを思い出す‥‥。誰にでも、そんな心に刻まれたミュージシャ…

  6. 新国立劇場「カルメン」2017年公演より 撮影:寺司正彦  

    人気のオペラ『カルメン』|メトロポリタン歌劇場やパリ・オペラ座で活躍する美貌の歌手、コスタ=ジャクソン新国立デビュー

         

    文/堀けいこ世界中から熱い視線を浴びる美貌の歌手、コスタ=ジャクソンが歌うカルメンに期待が高まる…

  7.  

    ラテン・ジャズ界のスーパー・トランぺッター、アルトゥーロ・サンドヴァルの熱いライブを堪能する

         

    文/堀けいこ音楽に限らず、様々な芸術分野で活躍する優れたアーティストを語るときに使わ…

  8.  

    長谷寺に伝わる“お経の音楽”「声明」が日本橋三越で聴ける特別なイベントがあります

         

    声明(しょうみょう)とは、お経に節をつけて唱える荘厳な仏教音楽の一種である。中でも、真言宗豊…

  9.  

    静岡の別邸でお茶とピアノを楽しみ尽くす特別な一夜「茶音の会」with 和樂

         

    お茶どころ静岡ならではの多様な味覚と〝ヤマハ〟が極めた音楽。このふたつが出合うまったく新しい茶会「茶…

  10.  

    御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブルーノート東京

         

    文/堀けいこ落ち込んだり、悲しいことに出会ったりしたとき、映画や音楽に接することで、気持ちが…

  11.  

    デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京に登場!

         

    文/堀けいこ1920年代半ばから半世紀にわたり、自身のオーケストラを率いて精力的に活動し続け…

  12.  

    京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

         

    京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

  13.  

    大宮エリーと奈良「長谷寺」の荘厳な声明を聴くイベント

         

    奈良県桜井市にある長谷寺は、真言宗豊山派の総本山。像高約10メートルの日本最大の木造仏である…

  14.  

    ジャズ歌の女王エラが愛した名曲をパティ・オースティンが歌うライブ

         

    文/堀けいこジャズの世界には、いつの時代にも人々を魅了する女性ヴォーカリストがいるが…

  15.  

    祝80歳!ベースの巨匠ロン・カーターの円熟の極みを聴くライブ

         

    文/堀けいこ今年5月に80歳の誕生日を迎えたロン・カーター。最も有名なジャズ・ベーシ…

  16.  

    81歳を迎える”左手のピアニスト”舘野泉のバースデー・コンサート

         

    「左手のピアニスト」として知られる舘野泉(たての・いずみ)さんの81歳のバースデー・コンサー…

  17.  

    新国立劇場オペラ10月『神々の黄昏』公演で「指環」四部作が完結

         

    スタート間近の新国立劇場2017/2018シーズン オペラ公演。その幕開けを飾るのは、10月…

  18.  

    ネルソンス指揮ボストン響の来日公演@サントリーホール【ご招待あり】

         

    文/編集部開館30周年を期に実施されていた大規模改修が完了し、新たな幕開けを迎えたば…

  19.  

    新国立劇場オペラ上演全作品を一挙紹介(2017/2018シーズン)

         

    オペラ、バレエ、ダンス、演劇などの現代舞台芸術を発信してきた新国立劇場は、この秋、誕生20周…

  20.  

    古き佳きジャズを洒脱に奏でる『ザ・ホット・サーディンズ』来日公演@ブルーノート東京

         

    文/堀けいこ「現代のニューヨークで、最高のジャズバンドのひとつ」(『フォーブス』)と…

  21.  

    静謐なギター&ヴォーカルで映画音楽を堪能!ビル・フリゼール来日公演@ブルーノート東京

         

    ギタリストのビル・フリゼールは、1970年代にジャズシーンに登場し、1983年のアルバム・デ…

  22.  

    ワーグナーの超大作に挑むプロジェクト第3弾!新国立劇場で『ジークフリート』が公演

         

    「大作」という語には、規模の大きな作品であるという意味と同時に、すぐれて立派な作品、傑作、の…

  23.  

    愉しきジャズ・ライブの集いに90名様ご招待!アウスレーゼ×サライ「一期一会~生ジャズの夕べ」@東京&大阪

         

    文/編集部『サライ』では、本誌5月号の特集「57歳からの友だちづくり」と連動したイベ…

  24.  

    ついにラストステージへ!名歌手ヘレン・メリルの「さよならコンサート」@ブルーノート東京

         

    不朽の名盤として音楽ファンに愛され続けるアルバムがある。1954年にニューヨークのスタジオで…

  25.  

    イタリア・オペラの最高峰『オテロ』@新国立劇場【ご招待あり】

         

    名作オペラには文豪の作品を原作にしたものが数多くあるが、オペラ化された作品が多い文豪といえば…

  26.  

    ニーナ・シモンの再来!注目の女性歌手「ブイカ」の来日公演【@ブルーノート東京】

         

    誰にでも、心の中には音楽の抽斗(ひきだし)がある。たとえば、ふと立ち寄ったカフェで、店内に流…

  27.  

    ロシアの美貌の歌姫が「狂乱の場」を歌う!名作オペラ『ルチア』が新国立劇場で上演

         

    喜劇、悲劇、英雄伝説、歴史物語など、時代を超えて人々を惹きつけてきたオペラの物語のスタイルは…

  28.  

    待望の日本人ソプラノが主演!名作オペラ『蝶々夫人』が新国立劇場で公演されます

         

    美術館の話題の催しに足を運ぶと、“名作”と称される作品の前には多くの人が集まっている。初めて見る人は…

  29.  

    いま聴きどきの女性ジャズ歌手!ステイシー・ケントのバレンタイン公演【@ブルーノート東京】

         

    「ニューヨークのため息」と呼ばれたヘレンメリルのハスキーな歌声。バラードが胸に染み入るカーメ…

  30.  

    オペラに足を踏み入れるきっかけに!超有名作『カルメン』の新春公演@新国立劇場

         

    音楽、演劇、文学、美術、とあらゆる芸術が一体となったオペラ。だからオペラの劇場には、クラシッ…

PAGE TOP