新着記事

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

お湯で温めたり、電子レンジでチンするだけで、簡単に食べられるレトルト食品。最近は、種類も豊富で、…

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

ビジネスパーソンにとってコミュニケーションは重要な要素であり、時には武器にもなる。だが、中に…

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

文/印南敦史まず、タイトルのセンスが秀逸である。これには、定年を過ぎた人、あるいは定年を間近に迎…

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

コレステロールと聞くと、あまりよくないイメージを抱く人が多いことと思います。善玉コレステロール、悪玉…

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

あなたが環境問題のために、日頃から気をつけていることは? リビング新聞グループのシンクタンクであ…

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

発売中の『サライ』10月号で掲載している「マカオ 創刊30周年特別紀行」の記事について、記事のご感想…

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

鹿や猪による農作物被害が止まらない。猿や熊、烏などの食害分も合わせると、全国で年間160億円…

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

文/池上信次第28回ジャズ・スタンダード必聴名曲(17)「マイ・フェイヴァリット・シングス」…

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【セカンドライフで気になるイベントやお金のこと】介護施設の種類と費用は親も自分たちも元気…

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

テレビ放送には、従来からあった地上波放送とBSとCSの衛星放送があります。衛星放送の中でもBS放…

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物音楽会

  1. 2017『椿姫』2017年公演より 撮影:寺司正彦  

    心惹かれる歌手と出会える! 多彩なオペラの世界が楽しめる10作品

         

    文/堀けいこ秋晴、秋涼、紅葉、といった季語をつかう10月も、すぐ目の前。10月1日には国内外のオペラ・ファン、クラシック・ファンが待ちに待った新国立劇場オペラ2019/2020シーズンの幕開きとなる。日本屈指の指揮者である大野和士氏が同…

  2. レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ  

    カウント・ベイシーの意志を受け継ぐ伝説のオーケストラ・ジャズ

         

    文/堀けいこオーケストラを日本語で言うと、管弦楽団。クラシック音楽の編成では、管楽器、弦楽器…

  3. プッチーニの名作オペラ、その結末はいかに?|日本から世界に発信するオペラとして世界からも注目される新制作の『トゥーランドット』  

    プッチーニの名作オペラ、その結末はいかに?|日本から発信するオペラとして世界からも注目される新制作の『トゥーランドット』

         

    文/堀けいこ新国立劇場のオペラ部門芸術監督をつとめるのは、世界的な指揮者でもある大野和士…

  4. ジョン・スコフィールド  

    ジャズ界の最前線で活躍し続けるギタリスト、ジョン・スコフィールド|炸裂するパワーと円熟味のある演奏は、聴衆の心をわしづかみにする!

         

    文/堀けいこ学生時代にギターをやっていた人は? サライ世代にこんな質問をしたら、きっと、あち…

  5. クラシックのコンサートとはいえ、観客はカジュアルな服装で会場に入ることができる。(c)teamMiura  

    クラシック音楽をもっとポピュラーに!|注目の音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」が、GWに東京へやってくる

         

    文/堀けいこいつの時代にも、作曲家たちは新たなインスピレーションを求めて旅をした。そんな…

  6. 笈田ヨシ  

    新国立劇場が世界に放つ新作オペラ『紫苑物語』|世界の演劇界で活躍してきた三島由紀夫の愛弟子・笈田ヨシ85歳が、その演出に挑む!

         

    文/堀けいこ昨年暮れ、俳優として三島由紀夫の『豊穣の海』の舞台版で圧巻の演技を見せた笈田…

  7. マーカス・ミラー  

    マイルス・デイヴィスなどのトップ・アーティストに愛されてきたスーパー・ベーシスト、マーカス・ミラーがカウントダウン・ライブに登場!

         

    文/堀けいこその曲を耳にすると、あのときを思い出す‥‥。誰にでも、そんな心に刻まれたミュージシャ…

  8. 新国立劇場「カルメン」2017年公演より 撮影:寺司正彦  

    人気のオペラ『カルメン』|メトロポリタン歌劇場やパリ・オペラ座で活躍する美貌の歌手、コスタ=ジャクソン新国立デビュー

         

    文/堀けいこ世界中から熱い視線を浴びる美貌の歌手、コスタ=ジャクソンが歌うカルメンに期待が高まる…

  9.  

    ラテン・ジャズ界のスーパー・トランぺッター、アルトゥーロ・サンドヴァルの熱いライブを堪能する

         

    文/堀けいこ音楽に限らず、様々な芸術分野で活躍する優れたアーティストを語るときに使わ…

  10.  

    長谷寺に伝わる“お経の音楽”「声明」が日本橋三越で聴ける特別なイベントがあります

         

    声明(しょうみょう)とは、お経に節をつけて唱える荘厳な仏教音楽の一種である。中でも、真言宗豊…

  11.  

    静岡の別邸でお茶とピアノを楽しみ尽くす特別な一夜「茶音の会」with 和樂

         

    お茶どころ静岡ならではの多様な味覚と〝ヤマハ〟が極めた音楽。このふたつが出合うまったく新しい茶会「茶…

  12.  

    御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブルーノート東京

         

    文/堀けいこ落ち込んだり、悲しいことに出会ったりしたとき、映画や音楽に接することで、気持ちが…

  13.  

    デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京に登場!

         

    文/堀けいこ1920年代半ばから半世紀にわたり、自身のオーケストラを率いて精力的に活動し続け…

  14.  

    京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

         

    京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

  15.  

    大宮エリーと奈良「長谷寺」の荘厳な声明を聴くイベント

         

    奈良県桜井市にある長谷寺は、真言宗豊山派の総本山。像高約10メートルの日本最大の木造仏である…

  16.  

    ジャズ歌の女王エラが愛した名曲をパティ・オースティンが歌うライブ

         

    文/堀けいこジャズの世界には、いつの時代にも人々を魅了する女性ヴォーカリストがいるが…

  17.  

    祝80歳!ベースの巨匠ロン・カーターの円熟の極みを聴くライブ

         

    文/堀けいこ今年5月に80歳の誕生日を迎えたロン・カーター。最も有名なジャズ・ベーシ…

  18.  

    81歳を迎える”左手のピアニスト”舘野泉のバースデー・コンサート

         

    「左手のピアニスト」として知られる舘野泉(たての・いずみ)さんの81歳のバースデー・コンサー…

  19.  

    新国立劇場オペラ10月『神々の黄昏』公演で「指環」四部作が完結

         

    スタート間近の新国立劇場2017/2018シーズン オペラ公演。その幕開けを飾るのは、10月…

  20.  

    ネルソンス指揮ボストン響の来日公演@サントリーホール【ご招待あり】

         

    文/編集部開館30周年を期に実施されていた大規模改修が完了し、新たな幕開けを迎えたば…

  21.  

    新国立劇場オペラ上演全作品を一挙紹介(2017/2018シーズン)

         

    オペラ、バレエ、ダンス、演劇などの現代舞台芸術を発信してきた新国立劇場は、この秋、誕生20周…

  22.  

    古き佳きジャズを洒脱に奏でる『ザ・ホット・サーディンズ』来日公演@ブルーノート東京

         

    文/堀けいこ「現代のニューヨークで、最高のジャズバンドのひとつ」(『フォーブス』)と…

  23.  

    静謐なギター&ヴォーカルで映画音楽を堪能!ビル・フリゼール来日公演@ブルーノート東京

         

    ギタリストのビル・フリゼールは、1970年代にジャズシーンに登場し、1983年のアルバム・デ…

  24.  

    ワーグナーの超大作に挑むプロジェクト第3弾!新国立劇場で『ジークフリート』が公演

         

    「大作」という語には、規模の大きな作品であるという意味と同時に、すぐれて立派な作品、傑作、の…

  25.  

    愉しきジャズ・ライブの集いに90名様ご招待!アウスレーゼ×サライ「一期一会~生ジャズの夕べ」@東京&大阪

         

    文/編集部『サライ』では、本誌5月号の特集「57歳からの友だちづくり」と連動したイベ…

  26.  

    ついにラストステージへ!名歌手ヘレン・メリルの「さよならコンサート」@ブルーノート東京

         

    不朽の名盤として音楽ファンに愛され続けるアルバムがある。1954年にニューヨークのスタジオで…

  27.  

    イタリア・オペラの最高峰『オテロ』@新国立劇場【ご招待あり】

         

    名作オペラには文豪の作品を原作にしたものが数多くあるが、オペラ化された作品が多い文豪といえば…

  28.  

    ニーナ・シモンの再来!注目の女性歌手「ブイカ」の来日公演【@ブルーノート東京】

         

    誰にでも、心の中には音楽の抽斗(ひきだし)がある。たとえば、ふと立ち寄ったカフェで、店内に流…

  29.  

    ロシアの美貌の歌姫が「狂乱の場」を歌う!名作オペラ『ルチア』が新国立劇場で上演

         

    喜劇、悲劇、英雄伝説、歴史物語など、時代を超えて人々を惹きつけてきたオペラの物語のスタイルは…

  30.  

    待望の日本人ソプラノが主演!名作オペラ『蝶々夫人』が新国立劇場で公演されます

         

    美術館の話題の催しに足を運ぶと、“名作”と称される作品の前には多くの人が集まっている。初めて見る人は…

PAGE TOP