新着記事

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その2~

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その1~

「寅さん」シリーズの名セリフ、名シーンを厳選した「読む名場面集」|『いま、幸せかい?「寅さん」からの言葉』

「人間は何のために生きてんのかな?」|心に響く「寅さん」からの言葉

親に寄り添い、正しく対処するために|『親ががんになったら読む本』

自分の親が「がん」になったら、子としてすべきこと

第1位の『優鶴』の宣伝部長を務める看板犬「リンク」

「ペットと泊まれる宿」人気ランキングTOP5

酒倉染とコルクの3WAYバッグ|味わいのある帆布とコルクで作った、使い勝手のいいバッグ

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの鮮魚卸「ふじわら」

医学部受験合格者1,031人に聞きました! 勉強法から精神面、身体面まで受験直前対策を一挙紹介!!

勉強法から精神面まで、医学部受験合格者に聞いた「受験直前対策」 

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その2~

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その1~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

ついにラストステージへ!名歌手ヘレン・メリルの「さよならコンサート」@ブルーノート東京

不朽の名盤として音楽ファンに愛され続けるアルバムがある。1954年にニューヨークのスタジオで録音された「ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン」も、その1枚。ジャズ・ヴォーカリスト、ヘレン・メリルの初のリーダー作で、ジャズ・ファンばかりでなく、広い層に聴かれてきた。

『JAZZ VOCAL COLLECTION』(ジャズ・ヴォーカル・コレクション)第17号「ヘレン・メリル」(監修:後藤雅洋、サライ責任編集、小学館刊)

『JAZZ VOCAL COLLECTION』(ジャズ・ヴォーカル・コレクション)第17号「ヘレン・メリル」(監修:後藤雅洋、サライ責任編集、小学館刊)

名曲揃いのこのアルバムだが、中でも人気が高いのがコール・ポーター作曲の「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」。クリフォード・ブラウンのトランペットのイントロに続く歌い出しから、メリルの陰影に満ちたユニークなハスキー・ヴォイスにノックアウトされた人は多いだろう。

「ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン」の名唱を皮切りに、“ニューヨークのため息”と称されて魅力的なヴォーカルを聴かせ続けてきたヘレン・メリルが、約70年間にわたって歩んできたジャズ界から引退することを宣言。4月19日、20日、22日の三日間にわたって、「ヘレン・メリル フェアウェルさよならコンサート」がブルーノート東京のステージで行なわれる。

撮影 : 山路 ゆか

「ハスキーな歌声、清潔感のあるセクシーさ……、日本でのジャズ・ヴォーカルのイメージは、まさにヘレン・メリルさんの声、存在そのものではないでしょうか」というブルーノート東京広報の原澤美穂さんの言葉通り、ヘレン・メリルは日本での人気はとても高い。その背景には、数年間を日本で暮らしたことや、彼女自身が大の日本贔屓であることもある。

幾度となく日本を訪れ、熱烈なファンを前に度々ライブを行ってきたヘレンにとって、ブルーノート東京は馴染み深いステージ。そこでの最後のライブを目前に、彼女から、日本のファンへのメッセージが届いている。

撮影 : 山路 ゆか

「長年の友人であり、ファンの皆様へ

ブルーノート東京というステキな場所で行われる、私のさよなら公演で、また皆様に会えることを楽しみにしています。

私がはじめて東京を訪れたのは1960年代でした。当時若く、素朴な少女だった私は東京という街に行く事を恐れていました。しかしそこには、高層ビルも無く、たくさんの美しい、温かく友好的な人たちが待っていてくれました。
私はその全てに心を惹かれました。その気持ちは、今も、少しも変わることがありません。

日本の皆様に、たくさんの愛と、感謝を。 ヘレン」

ブルーノート東京での「ヘレン・メリル フェアウェル さよならコンサート」での共演は、ヘレンのお気に入りでもある、テッド・ローゼンタール(ピアノ)、ショーン・スミス(ベース)、テリー・クラーク(ドラムス)。いずれも伴奏の達人で、2年前のブルーノート東京でのヘレン・メリルのステージでも共演をした3人。息の合った名手たちをバックに、再び、素晴らしいプレイを繰り広げてくれるにちがいない。

永遠の歌姫、ヘレン・メリルの姿を、そして、魅惑のハスキーボイスを、心の奥深くまでしっかりと刻みたい。

撮影 : 山路 ゆか

【ヘレン・メリル フェアウェル さよならコンサート】
■公演日時/2017年4月19日(水)、20日(木)、22日(土)
■会場/ブルーノート東京
東京都港区南青山6-3-16 ライカビル

■時間、料金などの詳細は下記ページを参照のこと
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/helen-merrill/
■予約・お問合せ/電話:03-5485-0088

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』 ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは…
  2. ジューン・クリスティ&スタン・ケントン『デュエット』 「自分を変えない」というインタープレイ【ジャズを聴く技術 〜ジャ…
  3. エラ・フィッツジェラルド&ジョー・パス『エラ&パス・アゲイン』 1+1=2にならないデュオの面白さ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「…
  4. チック・コリア&ハービー・ハンコック『デュオ・ライヴ』 ピアノは寄り添い、ギターはぶつかる。デュオには性格が出る?【ジャ…
  5. 古今亭志ん輔 【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り…
PAGE TOP