新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

フランスの有名曲「枯葉」がジャズのスタンダードになるまで|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道3】

ジャズ・スタンダード必聴名曲(2)「枯葉」

文/池上信次
「枯葉」(原題:Les Feuilles mortes/英語題:Autumn Leaves)は、シャンソンの代表的スタンダード・ナンバーですが、現在ではおそらくシャンソン以上に、「ジャズのスタンダード」として知られているのではないでしょうか。

「枯葉」はフランス生まれ。1946年制作・公開のフランス映画『Les Portes de la Nuit (夜の門)』の挿入歌で、ハンガリー出身でパリで活動した作曲家のジョゼフ・コズマと、フランス生まれの詩人・作詞家・脚本家のジャック・プレヴェールによって作られました。メロディはもともと45年にローラン・プティ・バレエ団の伴奏音楽としてコズマが作曲したものですが、そこにこの映画の脚本を担当するプレヴェールが歌詞をつけて「枯葉」として完成しました(映画は日本では劇場未公開ですが、たびたびソフト化されており、現在の邦題は『枯葉 ~夜の門~』となっています)。

監督は、名画として知られる『天井桟敷の人々』(45年)のマルセル・カルネ。プレヴェールは同作でも脚本を書いています。主演は当時新人歌手のイヴ・モンタンで、映画中で「枯葉」はバックグラウンドのほか、モンタン、共演のナタリー・ナティエが歌い、ハーモニカの演奏も登場します。映画は当時ヒットしなかったと伝えられていますが、「枯葉」はその後、シャンソン歌手のジュリエット・グレコやエディット・ピアフ、コラ・ヴォケールらがカヴァーし、フランスで広く知られるようになりました。

このフランスの有名曲をアメリカに紹介したのは、ビング・クロスビーでした。「Autumn Leaves」という英語題名で、ジョニー・マーサーによる英語歌詞で歌ったレコードを50年に発表したのが最初です。その後、52年にスタン・ゲッツ(テナー・サックス)、54年にはハリー・ジェイムズ(ビッグ・バンド)らジャズマンが取り上げてはいますが、この時点ではまだ「(アメリカでは目新しい)フランスの名曲」という認識だったと思われます。

「枯葉」がアメリカで有名になったのは、55年にポピュラー・ピアニストのロジャー・ウィリアムズの演奏からです。ウィリアムズのシングルは、ビルボード・チャート1位、セールス200万枚の大ヒットとなりました。なお、この演奏はオーケストラをバックにした装飾過剰ともいえるピアノ・スタイルで、シャンソンともジャズともまるで異なるテイストですが、エロール・ガーナー、アーマッド・ジャマルが反応、同年にジャズ・ピアノ・トリオで録音しています。とくにガーナーはきらびやかな装飾音を散りばめ、明らかにウィリアムスを意識した演奏になっています。また同年にはギタリストのタル・ファーロウも録音を残しています。

そして翌56年にはアメリカで映画『Autumn Leaves』が作られ公開されます(ロバート・アルドリッチ監督、ジョーン・クロフォード主演/日本劇場未公開)。そこで主題歌として使われたのが、ナット・キング・コールのヴォーカルによる「枯葉」でした。この映画のストーリーは『夜の門』とは無関係かつ「枯葉」の歌詞とも直接関係がないので、ウィリアムスのヒットにあやかっての企画なのでしょう。

こうして「枯葉」はさらに有名になり、ジャズマンの間にも徐々に浸透し、56年にはジミー・スミス(オルガン)、57年にはフランク・シナトラ(ヴォーカル)、ヴィンス・ガラルディ(ピアノ)らが録音しました。そして58年、大物マイルス・デイヴィスが録音します。正確にはマイルスが参加したキャノンボール・アダレイのアルバム『サムシン・エルス』[(1)]なのですが、それは契約の制約をかいくぐるための「隠れみの」で、実質はマイルスがリーダーのセッションです。これは同年8月にリリースされました。この演奏は、現在では「枯葉」の代表的名演の筆頭としてよく紹介されますが、この直後にすぐ「枯葉」の録音が増えたということではないようです。

これと並んで名演とされるのが、ビル・エヴァンス(ピアノ)によるもの[(2)]ですが、彼の演奏は翌59年末の録音で、60年初頭にリリースされました。その60年にはアート・ペッパー(アルト・サックス)、ジャック・マクダフ(オルガン)が録音、61年にはボビー・ティモンズ(ピアノ)、ウィントン・ケリー(ピアノ)、アル・コーン&ズート・シムズ(ともにテナー・サックス)、ソニー・スティット&ジーン・アモンズ(ともにテナー・サックス)と急速に録音が増えました。「枯葉」がジャズ・スタンダード化したと思われるのはこのあたりからと思われます。そしてその後は現在に至るまで膨大な録音が残されています。

現在では、ロジャー・ウィリアムスの演奏や『夜の門』の歌とジャズの演奏が比べられることはありませんし、その意味もありません(そもそも知られていない)。完全にスタンダード化したといえます。強いていえばジャズマンにとってはマイルスやエヴァンスの演奏が「元歌」的存在といえます。しかし、いずれはそのイメージも希薄になっていくことでしょう。

なお、「枯葉」を書いたプレヴェールとコズマのコンビは、このほかにも「美しい星で」「バルバラ」など、50曲超のシャンソンを書いていますが、ジャズで取り上げられる曲は「枯葉」のほかにはありません。なぜ「枯葉」だけが、ジャズで取り上げられるのか。その話題は次回で。

「枯葉」名演収録アルバムと聴きどころ

(1)キャノンボール・アダレイ『サムシン・エルス』(ブルーノート)
キャノンボール・アダレイ『サムシン・エルス』

キャノンボール・アダレイ『サムシン・エルス』

演奏:マイルス・デイヴィス(トランペット)、キャノンボール・アダレイ(アルト・サックス)、ハンク・ジョーンズ(ピアノ)、サム・ジョーンズ(ベース)、アート・ブレイキー(ドラムス)
録音:1958年3月9日

録音から60年が経った今でも「枯葉」といえばマイルスといわれるほど、この曲と演奏者のイメージはくっついてしまっています。いわば、他人の曲なのに自分の「持ち歌」にしてしまったわけで、それこそ最高の個性表現、つまり最高のジャズ名演といえるもの。ジャズにおいてはセルフ・ブランディング能力も技術の一部なのです。

(2)ビル・エヴァンス『ポートレイト・イン・ジャズ』(リヴァーサイド)
ビル・エヴァンス『ポートレイト・イン・ジャズ』

ビル・エヴァンス『ポートレイト・イン・ジャズ』

演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ)、スコット・ラファロ(ベース)、ポール・モチアン(ドラムス)
録音:1959年12月28日

ロジャー・ウィリアムズの甘さやマイルスの暗さといったような、シャンソン原曲からくるムードを徹底的に排し、リズミカルなイントロから速いテンポのテーマ、メンバー同士の会話のようなソロ(インタープレイ)で、エヴァンスは「エヴァンスだけの枯葉」を作り出しました。いわば「素材としての曲」。これが典型的なジャズマンの流儀です。

(3)ナット・キング・コール『永遠のナット・キング・コール』(キャピトル)

演奏:ナット・キング・コール(ヴォーカル)
録音:1955年8月23日(英語)、64年8月18日(日本語)

これはベスト盤なのですが、ここには「枯葉」が、なんと英語と日本語の2ヴァージョンで収録されています。「枯葉」のさまざまなタイプの演奏を楽しむ上でも、もともとは歌詞のある「歌」であり、それが表現している世界はぜひ知っておきたいところ。キング・コールは日本語で歌っても説得力が素晴らしいですね。心に染みます。

(4)サラ・ヴォーン『枯葉(クレイジー・アンド・ミックスト・アップ)』(パブロ)

演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、ローランド・ハナ(ピアノ)、ジョー・パス(ギター)、アンディ・シンプキンス(ベース)、ハロルド・ジョーンズ(ドラムス)
録音:1982年3月1、2日

歌詞は歌わず、最初から最後まで全部即興のスキャット(シュビダバシャバダバ……というやつです)という演奏で、「枯葉」のメロディはどこにも出てきません。はたしてこれは「枯葉」なのか?という疑問は当然ともいえますが、これがサラの個性なのです。ここではサラは「声という楽器」の演奏者なのです。

(5)ジュリアン・レイジ『グラッドウェル』(デッカ)
ジュリアン・レイジ『グラッドウェル』

ジュリアン・レイジ『グラッドウェル』

演奏:ジュリアン・レイジ(ギター)
録音:2010年

現在のジャズ・ギター・シーンの最先端をリードするジュリアン・レイジは、「枯葉」を無伴奏ソロで演奏。驚異的な技術に裏打ちされた自由奔放に動き回る展開がじつにスリリング。世代的(87年生まれ)に過去の名演はすべて並列で認識されているだけあって、ジャズ・ギターの歴史がそこに見えるかのよう。

※本稿では『 』はアルバム・タイトル、そのあとに続く( )はレーベルを示します。ジャケット写真は一部のみ掲載しています。

文/池上信次
フリーランス編集者・ライター。専門はジャズ。近年携わった雑誌・書籍は、『後藤雅洋監修/隔週刊CDつきマガジン「ジャズ100年」シリーズ』(小学館)、『村井康司著/あなたの聴き方を変えるジャズ史』、『小川隆夫著/ジャズ超名盤研究2』(ともにシンコーミュージックエンタテイメント)、『チャーリー・パーカー〜モダン・ジャズの創造主』(河出書房新社ムック)など。

  1. ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

    「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

  2. シンガーズ・アンリミテッド『イン・チューン』

    ジャズの「リアル」はどこにある?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道54】

  3. じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】

    じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】

  4. ペギー・リー『ビューティ・アンド・ザ・ビート』(キャピトル)

    じつは「ライヴ」ではなかったあの「ライヴ名盤」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道52】

  5. ビル・エヴァンス『ザ・コンプリート・ヴィレッジ・ヴァンガード・レコーディングス 1961』

    CDの「家ライヴ」ががぜん楽しくなる方法【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道51】

  6. ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』(ブルーノート)

    何回演れば「完成」なのか? 超人たちの「難産セッション」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道50 】

  7. マイルス・デイヴィス『クッキン』

    最高のコスト・パフォーマンス!? マイルスの「短距離走セッション」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道49 】

  8. (1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

    ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

  9. (1)ビル・エヴァンス『フロム・レフト・トゥ・ライト』(MGM) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、サム・ブラウン(ギター)、エディ・ゴメス(ベース)、ジョン・ビール(エレクトリック・ベース)、マーティ・モレル(ドラムス)、ミッキー・レナード(編曲、指揮)、ストリングス 録音:1969~70年

    ジャズの「定説」を見直す。ビル・エヴァンスはエレピの名手!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道47】

  10. (1)ソニー・ロリンズ『サキソフォン・コロッサス』 演奏:ソニー・ロリンズ(テナー・サックス)、トミー・フラナガン(ピアノ)、ダグ・ワトキンス(ベース)、マックス・ローチ(ドラムス) 録音:1956年6月22日

    あのライヴ名盤が日曜日に生まれた理由とは!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道46】

  11. (1)ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』

    名盤は日曜日に生まれる!?~読んで楽しむ録音データ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道45】

  12. 渡辺香津美『MOBO』

    1曲3分から1曲68分。メディアの進歩がジャズを動かした【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道44】

  13. 『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

    再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

  14. チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

    録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

  15. 「3分しばり」が名演を生んだ~SPレコードの楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道41】

    「3分しばり」が名演を生んだ~SPレコードの楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道41】

  16. ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

    ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』 「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを…
  2. シンガーズ・アンリミテッド『イン・チューン』 ジャズの「リアル」はどこにある?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プ…
  3. じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】 じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャ…
  4. 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち
  5. サブスク音楽を「聞き流し」専門スタイルからヴァージョン・アップす…
PAGE TOP