新着記事

れんこんと鶏手羽元のビール煮

【管理栄養士が教える減塩レシピ】冬至は旬のれんこん料理で運を呼び込もう!

40~50代の「卒母」世代の9割が実感する髪の悩みと対策法

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/16~12/22)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/16~12/22)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/16~12/22)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】会社を劇的に変えた「10円のサプライズ」

【ビジネスの極意】会社を劇的に変えた「10円のサプライズ」

川中島にある信玄と謙信像。川中島合戦はお互いにとって不毛な戦いだった。

大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|【戦国史のおさらい(1)】「桶狭間合戦」のきっかけを作った 武田×今川×北条の「三国軍事同盟」

乾燥シーズンに増える手指のお悩み…「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

既婚女性 4,700名に聞いた「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

ビル・エヴァンスのふたつの「枯葉」~あなたはNGテイクを聴いている!?~「別テイク」の正しい聴き方(2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道19】

文/池上信次

第19回ビル・エヴァンスのふたつの「枯葉」~あなたはNGテイクを聴いている!?~「別テイク」の正しい聴き方(2)

前回に引き続き「別テイク」について。今回は「マスター・テイク」を決める基準はどこにあるのか、ということを考えてみましょう。

別テイクにまつわるエピソードをひとつ紹介します。ビル・エヴァンス(ピアノ)の『ポートレート・イン・ジャズ』(リヴァーサイド)は、エヴァンスの作品の中ではたいへん人気のある1作です。収録曲の中ではジャズ・スタンダード「枯葉」が、名演としてとくによく知られていますが、これにはマスター・テイクがふたつ存在します。現在リリースされている(多くの)CDには「枯葉・テイク1/ステレオ」「枯葉・テイク2/モノラル」の2ヴァージョンが収録されていますが、どちらかを「別テイク」とはしていません。なぜそうなったのかは後述しますが、本来ならばよい方の1テイクだけを収録するところです。CDをお持ちの方はこの先を読む前に、ぜひテイク1、2を聴き比べてみてください。(なおCDによっては、モノラルが「テイク9」表記のものや、モノラル/ステレオ表記のないもの、モノラル・テイクを収録していないもの、あるいはその逆もあります)。

ビル・エヴァンス『ポートレート・イン・ジャズ』 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ)、スコット・ラファロ(ベース)、ポール・モチアン(ドラムス) 録音:1959年12月28日 従来の「ピアノ=主役+ベース=伴奏」ではなく、ピアノとベースの「対等な絡み」がこの時期のエヴァンス・トリオの特徴。とくに「枯葉」ではそれが顕著に表れます。

ビル・エヴァンス『ポートレート・イン・ジャズ』
演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ)、スコット・ラファロ(ベース)、ポール・モチアン(ドラムス)
録音:1959年12月28日
従来の「ピアノ=主役+ベース=伴奏」ではなく、ピアノとベースの「対等な絡み」がこの時期のエヴァンス・トリオの特徴。とくに「枯葉」ではそれが顕著に表れます。

テイク1、2のどちらがいいと思いますか? どちらも甲乙つけがたい魅力的な演奏ですよね。だから両方ともマスター・テイクとして収録した、と思いがちですが、実際はそうではありません。エヴァンスは甲乙をつけています。エヴァンスがマスター・テイクとして選んだのは「テイク2/モノラル」のほうでした。ですから「テイク1/ステレオ」は「別テイク」というべきもので、本来ボツになっていたテイクなのです。

当時、レコード会社はこのアルバムを同じ内容のステレオ盤とモノラル盤の両方で出すために、録音はそれぞれのレコーダーを同時に回していました。「枯葉」は2テイク録音されたのですが、「テイク2」の録音中に、なんとステレオの方のレコーダーが故障してしまったというのです。そして、マスター・テイクを決めるにあたってエヴァンスは「テイク2」を選びました。つまり、モノラルしか音源がないのです。当然、ステレオはどうする? ということになりますが、エヴァンスはじめプロデューサーもあわてず騒がず、ステレオは残りの方でいいや(と言ったかどうかはわかりませんが)と「別テイク」を収録したのでした。

というのは、これが録音された1959年当時、「ステレオ録音のレコード」は出始めたばかりでまったく普及しておらず、当事者たちはまるで重視していなかったというのですね。ですから、モノラルでベスト・テイクを残せれば問題なし、となったのです。しかし、のちにステレオ録音LPが一般的フォーマットとなり、このアルバムをステレオLPレコードとして出し直す際に、モノラルとステレオの両方のヴァージョンを収録し、それが現在CDになっているということなのです。本来はそこに「テイク1・別テイク」と入れるべきだったのでしょうが、ステレオ版ではそれがマスター・テイクだったのでそうもいかなかった、ということでしょう。つまり、それまで「枯葉」は2種類の違う演奏を同じ演奏として聴かれていたということになります。しかし、それは非難されることはなく、どちらもすごいということでエヴァンスの評価はますます高まったのではないかと思います。

これも「アドリブ違い」の別テイクですが、この選択にはエヴァンスの目指す方向が表れているはずですから、それを考えながら聴くのも別テイクの楽しみのひとつですね。

ビル・エヴァンス『フロム・ザ・70's』 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、エディ・ゴメス(ベース) 録音:1974年10月11月7〜10日(データは『インチュイション』別テイク) エヴァンス死去の翌年(1983年)に発表された、70年代録音の別テイクを集めたアルバム(当時はLP)。2002年にはタイトル、ジャケットはそのままですが、初発表の別テイク5曲が追加収録(と従来収録の3曲を削除)されてCD化されました。古くからのファンの方ほど聴き逃しているかもしれませんね。

ビル・エヴァンス『フロム・ザ・70’s』
演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、エディ・ゴメス(ベース)
録音:1974年10月11月7〜10日(データは『インチュイション』別テイク)
エヴァンス死去の翌年(1983年)に発表された、70年代録音の別テイクを集めたアルバム(当時はLP)。2002年にはタイトル、ジャケットはそのままですが、初発表の別テイク5曲が追加収録(と従来収録の3曲を削除)されてCD化されました。古くからのファンの方ほど聴き逃しているかもしれませんね。

ビル・エヴァンスの興味深い「別テイク」をもうひとつ。

エヴァンスは多作家だったことと、プロデューサーの方針からか、録音しても発表されなかった音源が多数残されており、その人気から死後にたくさんの別テイクが発表されました。なかでも注目は、70年代の別テイク集『フロム・ザ・70’s』(ファンタジー)。83年にLPで発表され、その後はさほど注目されていなかった1枚ですが、2002年のCD化で追加収録された別テイクが驚きなのです。それは、『インチュイション』(同)からの「アー・ユー・オール・ザ・シングス」と「ショウ・タイプ・チューン」の2曲の別テイクです。『インチュイション』でエヴァンスは、エレクトリック・ピアノ(以下エレピ)をエフェクターをかけて弾きまくっており、この2曲がアルバムの代表曲です。エレピのサウンドがエヴァンスらしからぬことから、「異色のアルバム」というのが多くのファンの印象でしょう。

ビル・エヴァンス&エディ・ゴメス『インチュイション』 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、エディ・ゴメス(ベース) 録音:1974年10月11月7〜10日 ビル・エヴァンスは1970年からエレクトリック・ピアノを使いはじめますが、75年のライヴ盤を最後に、それからは一切弾くことはありませんでした。『インチュイション』はそのエレピ時代の代表作。これはエヴァンスの意欲作だったのでしょうか、それとも「黒歴史」?

ビル・エヴァンス&エディ・ゴメス『インチュイション』
演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、エディ・ゴメス(ベース)
録音:1974年10月11月7〜10日
ビル・エヴァンスは1970年からエレクトリック・ピアノを使いはじめますが、75年のライヴ盤を最後に、それからは一切弾くことはありませんでした。『インチュイション』はそのエレピ時代の代表作。これはエヴァンスの意欲作だったのでしょうか、それとも「黒歴史」?

『インチュイション』収録のマスター・テイクでは、その2曲でエヴァンスはエレピだけを弾いているのですが、別テイクではいずれもアコースティック・ピアノをメインにした、「アレンジ違い」なのです。これがマスター・テイクとは印象が大きく異なる、異色でもなんでもない、じつにエヴァンスらしい演奏なのです。もし『インチュイション』発表当時にこちらがマスター・テイクになっていれば、おそらくアルバムの評価はまるで異なっていたことでしょう。当時はエレピは流行の楽器だっただけに、一方で「エヴァンスらしさ」のアレンジのテイクも録音しておきながらも、最終的には「時代性」をアピールするためにエレピのテイクを選んだのではないかと想像します。しかしその翌年あたりから、エヴァンスはまったくエレピを弾かなくなったので結果的に「異色のアルバム」となったわけですが、プロデューサーはじつは後悔していたのかも。このように、演奏内容だけでなく時代によっても評価基準はきっと違うはず、と思いながら聴くとほかのアルバムの印象も変わってくるかもしれません。ちょっとマニアックになってしまいましたが、このように別テイクはリスナーの想像力を刺激してくれる格好の素材なのです。

文/池上信次
フリーランス編集者・ライター。専門はジャズ。近年携わった雑誌・書籍は、『後藤雅洋監修/隔週刊CDつきマガジン「ジャズ100年」シリーズ』(小学館)、『村井康司著/あなたの聴き方を変えるジャズ史』、『小川隆夫著/ジャズ超名盤研究2』(ともにシンコーミュージックエンタテイメント)、『チャーリー・パーカー〜モダン・ジャズの創造主』(河出書房新社ムック)など。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』 音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 …
  2. ビル・エヴァンス『ザ・ソロ・セッションズ Vol. 2』 真夏に弾くクリスマス ビル・エヴァンスはサンタ好き!?【ジャズを…
  3. ビング・クロスビー『メリー・クリスマス』 ジャズ・スタンダードとしてのクリスマス名曲選【ジャズを聴く技術 …
  4. ナット・キング・コール『ザ・クリスマス・ソング』 「クリスマス・ジャズ」はなぜこんなに楽しいのか【ジャズを聴く技術…
  5. (2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』 「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く…
PAGE TOP