新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

男女を問わず人気1位は「バーモントカレー」、女性に人気の「こくまろカレー」|カレーの好みとこだわりを徹底調査

カレー好きの男性が好きなカレールウは?|男女のカレーへの好みとこだわりを調査
カレー嫌い、という人はあまりいない(ごく稀にいらっしゃるが)。家庭料理やキャンプ料理の定番でもあるカレーはもはや日本の料理と言ってもいいだろう。だが、カレーと一口に言ってもその好みは千差万別。家庭で作るカレーには、その家庭の数だけ種類がある、と言ってもいいだろう。

今回は月間250万人が利用する国内最大級の男性向け料理・家事メディア「オリーブオイルをひとまわし」(「オリひと」)を運営する株式会社ディライトクリエイションが行った「オリひと 男の料理研究所」における、カレーに関するインターネット調査から、男女のカレーの好みやこだわりを紹介しよう

【調査概要】
調査対象:全国の男女
回答数:840名
調査期間:2019年3月5日~2019年3月15日
調査方法:インターネット調査

* * *

1. 毎週カレーを食べる男性は女性の1.3倍。男性は「こだわり」、女性は「手軽さ」でカレーを作る

カレーを食べる頻度を聞いたところ、週に1回以上カレーを食べる人は、男性で約40%、女性で約30%という結果に。この結果から、カレーは特に男性から好まれていることが分かる。

カレーを食べる頻度

また、カレーを作りたいと思う理由を聞くと、男女ともに「自分が食べたいから」という理由がもっとも多かった一方で、その他の理由では男女差が顕著。女性は「手軽に作れるから」「作りおきができるから」という便利さを多く挙げていたのに対して、男性は「こだわって作れるから」という回答が女性よりも多く集まった。

カレーを作りたいと思う理由

家族全員の食事を作る必要がある主婦などにとって、複数人分の食事を作り置きできるカレーが重宝されるのに対し、男性は休みの日などに趣味としてこだわり料理=カレーを調理する場合が多いという特徴があるのだろうか。

2. 時間をかけ、スパイスを使う男性のこだわりカレー

カレーを作る際のこだわりを聞くと、「玉ねぎをよく炒める」という回答がもっとも多く、「複数のルウを使う」「隠し味を入れる」と続いた。中でも男性では「玉ねぎをよく炒める」「長時間煮込む」という回答が女性よりも多くなり、時間をかけてこだわる男性のカレーの特徴が改めて明らかになる結果となった。

また、「スパイスを加える」と回答した男性が女性の約1.5倍と、スパイスを使った本格的な味わいを目指す男性が多いことが分かった。

カレー作りでのこだわり

男性から集まった具体的なこだわりとしては、「玉ねぎを飴色になるまでじっくり炒める」(30代男性など)、「肉は別で圧力鍋で柔らかくなるまで調理する」(50代男性など)、「ターメリック、コリアンダー、クミンなど5種類以上のスパイスを加える」(30代男性など)といったこだわりが複数寄せられた。

3. 男女を問わず人気の「バーモントカレー」、カレー好きの男性に特に人気の「ジャワカレー」

カレーを作る際にもっともよく使うルウを聞いたところ、男女ともにバーモントカレーが最多の回答を集めた。
その他の銘柄では男女で差が開くことも多く、こくまろカレーやプレミアム熟カレーは女性から、ジャワカレーやザ・カリーは男性から多くの支持を集める結果となった。

最もよく使うルウ

4. ルウ選びは男性の好みが強く影響

カレーのルウ選びでもっとも重視することとしては、 男女ともに「自分が好きな銘柄であること」が最多に。 ただし、 その割合は男性では75%と女性の62%よりも高く、 女性の場合は「配偶者(夫)が好き」「子どもが好き」という回答の割合が男性の2倍程度となった。 家族の好みを反映させてルウを選ぶ女性と、 自分のこだわりに合ったルウを使う男性の違いが表れていると考えられる。

ルウの銘柄選びで重視すること

* * *

いかがだっただろうか。女性はカレーを「料理」としてとらえ、男性は「趣味」としてとらえているのではないだろうか。好みのカレーを作りあって味比べ、というのも楽しいかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 船飯カレーコンテスト第1位。鳥羽海上保安部 巡視艇しまなみ「南国ビーフカレー」 カレーはアンチエイジング食?|医師が考える「船とカレーの知られざ…
  2. サライ12月号|特集は魚料理と伊能忠敬、付録は奇想の日本美術カレ…
  3. ブームを先取り!北部タイ料理の真髄が味わえるチェンマイの名店3軒…
  4. タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!…
  5. 知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日…
PAGE TOP