新着記事

絞り出し・至高急須|茶葉本来の魅力を引き出す、デザインの妙

難しく考えてしまいがちな独学を身近なものに|『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』

頑張らない独学のススメ|「定年後」の学び方

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?|免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜1位はブロッコリー

【ビジネスの極意】 「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

【ビジネスの極意】「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

【朝めし自慢】生島ヒロシ(フリーアナウンサー・68歳)「料理好きなカミさんが無添加食材でバランスよく調えてくれます」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆

早朝のラジオ番組を担って20年。この間、一日も休まなかったその秘訣は、夫人が作る栄養バランスに配慮したブランチだ。

【生島ヒロシさんの定番・朝めし自慢】

前列中央から時計回りに、味噌汁(浅蜊)、玄米と小あずき豆の五分粥、粥のトッピング(梅干し・岩海苔・梅の実ひじき)、アボカドサラダ(セロリ・シーチキン・コーン・ブロッコリー・ラディッシュ)、果物(グレープフルーツ・キウイフルーツ・苺いちご)、黒米の甘酒、牛蒡茶。白のプレートは手前右から時計回りに、大根おろし(しらす・桜海老)、白和え(ほうれん草・人参・きくらげ・干し椎茸・干し柿・摺ったピーナツと胡桃)、納豆(長芋・長ねぎ)、新玉葱スライス(鰹節・プチトマト)、もずく酢(生姜)、厚焼き卵、漬物(胡瓜の糠漬け・いぶりがっこ)、キビナゴの丸干し(スダチ)、中央は鯖の竜田揚げ(スダチ)。アボカドサラダはマヨネーズとスダチで和え、大根おろしはスダチを絞って食す。白和えの和え衣は豆腐に胡麻、ピーナツ、胡桃を合わせたもの。新玉葱は塩ポン酢でいただく。

前列中央から時計回りに、味噌汁(浅蜊)、玄米と小あずき豆の五分粥、粥のトッピング(梅干し・岩海苔・梅の実ひじき)、アボカドサラダ(セロリ・シーチキン・コーン・ブロッコリー・ラディッシュ)、果物(グレープフルーツ・キウイフルーツ・苺いちご)、黒米の甘酒、牛蒡茶。白のプレートは手前右から時計回りに、大根おろし(しらす・桜海老)、白和え(ほうれん草・人参・きくらげ・干し椎茸・干し柿・摺ったピーナツと胡桃)、納豆(長芋・長ねぎ)、新玉葱スライス(鰹節・プチトマト)、もずく酢(生姜)、厚焼き卵、漬物(胡瓜の糠漬け・いぶりがっこ)、キビナゴの丸干し(スダチ)、中央は鯖の竜田揚げ(スダチ)。アボカドサラダはマヨネーズとスダチで和え、大根おろしはスダチを絞って食す。白和えの和え衣は豆腐に胡麻、ピーナツ、胡桃を合わせたもの。新玉葱は塩ポン酢でいただく。

優子夫人手作りの梅干し、らっきょう漬け、糠漬け、味噌(手前右から時計回りに)。味噌は米麹味噌だが、長期熟成を経て豆味噌のような色を呈している。糠漬けは胡瓜や茄子などを漬けている。

優子夫人手作りの梅干し、らっきょう漬け、糠漬け、味噌(手前右から時計回りに)。味噌は米麹味噌だが、長期熟成を経て豆味噌のような色を呈している。糠漬けは胡瓜や茄子などを漬けている。

「薩摩がらんつ」はキビナゴの目刺し。鹿児島では目刺しのことを“がらんつ”と呼ぶという。イワシの丸干しより小ぶりで、塩分が少ないので、生島家ではカルシウム源として冷凍保存。さっと焙って食す。

「薩摩がらんつ」はキビナゴの目刺し。鹿児島では目刺しのことを“がらんつ”と呼ぶという。イワシの丸干しより小ぶりで、塩分が少ないので、生島家ではカルシウム源として冷凍保存。さっと焙って食す。

「夜は打ち合わせを兼ねて外で摂ることが多いので、カミさんが栄養バランスを考えて作ってくれるブランチが僕の健康を支えています」と生島さん。午後からはテレビ番組の収録などが入ることが多い。

「夜は打ち合わせを兼ねて外で摂ることが多いので、カミさんが栄養バランスを考えて作ってくれるブランチが僕の健康を支えています」と生島さん。午後からはテレビ番組の収録などが入ることが多い。

午前5時、ラジオ(TBS系列)から軽快な声が聞こえる。『生島ヒロシのおはよう定食・一直線』である。その時々のニュースやスポーツはもちろん、「健康広場」や「おはよう体操」など、シニアライフを充実させる内容が特徴だ。

「僕が48歳の時に始まり、今年で21年目。当初からリスナーは僕と同年代を設定し、それぞれに年齢を重ねてきた。今は健康が主なテーマのひとつになっています」

それまではテレビで活躍していたが、テレビよりラジオのほうが自然体の自分が出せる。声だけで表情まで伝えられるのも面白い。

昭和25年、宮城県気仙沼市に生まれた。高校卒業後、法政大学に入学するが、学生紛争で挫折し、渡米を決意。高校時代から続けていた空手が縁だった。その空手とアルバイトで食いつなぎながら、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校ジャーナリズム科を卒業。4年間のアメリカ武者修行で、人前で話すのが苦手だった赤面症の青年は、いつしかアナウンサーを目指すようになっていた。

スポーツ少年で、高校生で始めた空手が渡米のきっかけを作ってくれた。上は40代の頃、東京・駒沢体育館で技を披露する生島さん。

スポーツ少年で、高校生で始めた空手が渡米のきっかけを作ってくれた。上は40代の頃、東京・駒沢体育館で技を披露する生島さん。

帰国後、TBSに入社。冠番組を持つ人気者になるが、平成元年に独立。「生島企画室」を設立し、以来、経営者という顔も併せ持つ。

昨年11月、生島企画室創立30周年を祝う会が開催された。マネージャーとふたりで立ち上げ、今ではスタッフを含め総勢70人以上を抱える事務所に。生島さん(前列中央)は「人との出会いに感謝」と挨拶した。

昨年11月、生島企画室創立30周年を祝う会が開催された。マネージャーとふたりで立ち上げ、今ではスタッフを含め総勢70人以上を抱える事務所に。生島さん(前列中央)は「人との出会いに感謝」と挨拶した。

食事の30分前に冷水を飲む

午前4時前に起床。すぐ白湯を飲んでラジオ局に入り、6時30分に生放送が終了すると帰宅。仮眠をとり、1食目は午前11時頃だ。

食事には幾つかの決まりがある。

「食事の30分前にはコップ2杯の水を飲む。ゆっくりとよく噛んで、野菜やスープから始めてご飯やパンなどの炭水化物は最後に。就寝3時間前からは何も食べない、などです」

いずれも先の「健康広場」で専門医から学んだことである。

ブランチを作るのは、料理上手な優子夫人。優子さんは実母の介護体験から一念発起し、上智大学の介護福祉士科夜間部で3年学んだ経験がある。

「栄養学から実践まで幅広く勉強しました。それらを生かしつつ添加物のない食材で品目を多く、目にも楽しくを心がけています」

たとえば、鉄分不足を補うために湯は鉄瓶で沸かし、粥は鉄玉を入れて炊くのが生島流。また、砂糖の代わりに「ラカンカ糖」を使用。これは天然甘味成分が原料で、砂糖と同じ甘さでカロリーはゼロだ。それもこれも、すべては夫の健康を願ってのことである。

50歳を過ぎてから、防災士など数々の資格を取得

生島さんの仕事はアナウンサーから派生して、司会、講演、本の執筆と幅広い。講演のテーマは“心と体と財布の健康”と多岐にわたる。というのも、50歳を過ぎてからファイナンシャルプランナー、ヘルスケアアドバイザー、福祉住環境コーディネーター、防災士などの資格を取得したからだ。

講演のテーマは幅広い。写真は昨年の「埼玉金融広報委員会」主催の講演。テーマは“人生を楽しむ秘訣”で、生島さん自らが手本を示し、参加者全員が健康体操を行なう。

講演のテーマは幅広い。写真は昨年の「埼玉金融広報委員会」主催の講演。テーマは“人生を楽しむ秘訣”で、生島さん自らが手本を示し、参加者全員が健康体操を行なう。

「資格を取るきっかけは、帯津良一先生(帯津三敬病院名誉院長)の“60代、70代、80代それぞれに面白さがある。何歳になってもチャレンジし続けること”という言葉でした。帯津先生は僕より15ほども年上だけど、僕のお手本です」

防災士の資格は平成16年、新潟県中越地震で浦佐駅と越後湯沢駅間で6時間も新幹線の中に閉じ込められた経験から取得したという。

4月刊行の最新著書『どん底に落ちてもはい上がる37のストーリー』(ゴマブック ス)。人生を5つの谷になぞらえ、それを埋めるには何が必要かを実体験に基づいて説く。宮城県気仙沼市を襲った東日本大震災の悲劇にも言及。

4月刊行の最新著書『どん底に落ちてもはい上がる37のストーリー』(ゴマブックス)。人生を5つの谷になぞらえ、それを埋めるには何が必要かを実体験に基づいて説く。宮城県気仙沼市を襲った東日本大震災の悲劇にも言及。

資格を得るための勉強は、基礎から学べるのがいい。基礎を理解していると、経済の話ひとつとっても、身近な話題としてリスナーに分かりやすく伝えることができる。そうしているうちに資格が増え、番組に今までとは異なった切り口を生み出せたという。

70代を目前に、また新たなチャレンジが始まっている。

生島さん考案の『おはようヒロシ体操』はシニアが対象で、太ももを鍛える、身体をひねる、リズミカル、伸びるの4つに重点を置く。医学的監修は順天堂大学医学部教授の小林弘幸さん、振り付けは次男のプロダンサー・生島翔さん。

生島さん考案の『おはようヒロシ体操』はシニアが対象で、太ももを鍛える、身体をひねる、リズミカル、伸びるの4つに重点を置く。医学的監修は順天堂大学医学部教授の小林弘幸さん、振り付けは次男のプロダンサー・生島翔さん。

定期的にジムにも通っているが、自宅でも時間があれば身体を動かすのが習慣だ。ストレッチポールを使って左右の手を交互に動かし、肩と背中の筋肉をほどよく緩める。

定期的にジムにも通っているが、自宅でも時間があれば身体を動かすのが習慣だ。ストレッチポールを使って左右の手を交互に動かし、肩と背中の筋肉をほどよく緩める。

DVDの注文先 グランマルシェショッピング 電話:0120・164・390

DVDの注文先 グランマルシェショッピング 電話:0120・164・390

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆

※この記事は『サライ』本誌2019年6月号より転載しました。年齢・肩書き等は掲載当時のものです。

  1. 「夜は打ち合わせを兼ねて外で摂ることが多いので、カミさんが栄養バランスを考えて作ってくれるブランチが僕の健康を支えています」と生島さん。午後からはテレビ番組の収録などが入ることが多い。

    【朝めし自慢】生島ヒロシ(フリーアナウンサー・68歳)「料理好きなカミさんが無添加食材でバランスよく調えてくれます」

  2. 前列中央から時計回りに、ご飯、梅干し、沢たく庵あん、青菜ちりめん、牛の佃煮、辛子明太子 、茹で卵とサラダ(ブロッコリー・プチトマ ト)、味噌汁(蜆)。ご飯は茶碗に1膳、明太子はひと切れ、沢庵は2~3切れが朝の定番だ。牛の佃煮は濃い味付けなので、ほんのひと箸をご飯に混ぜる。

    【朝めし自慢】石塚昭一郎(裁ち鋏鍛冶・84歳)「卵と明太子、ふりかけや佃煮を欠かしません」

  3. 盆上の前列中央から時計回りに、ご飯、大根の柚子漬け(近 電話:075・461・4072)、大根の皮と人参のきんぴら(白胡麻)、茎昆布(五辻の昆布 電話:075・431・0719)、金ごまおかか(たきものゑびす 電話:075・464・0110)、だし巻き卵(三つ葉)、味噌汁(大根・長芋・百合根・よもぎ麩・粟麩・豆腐・三つ葉)、中央は鶏胸肉の芥子酢味噌和え(生ゆば・人参・胡瓜)。盆外の下から、白和え(油揚げ・蒟蒻・人参・椎茸・菜の花)、サラダ(ブロッコリー・蓮根・三色トマト・チーズ・梅肉)、果物(デコポン・林檎)。味噌汁は京都特産の白味噌(石野味噌 電話:075・361・2336)に少量の酒粕を加えるのが長艸家流。よもぎ麩や粟麩、豆腐、生ゆば、白和えの油揚げは『京とうふ藤野』の製品。鶏胸肉は塩麹に漬けてから蒸してハムの代わりに。サラダは梅肉とオリーブ油のドレッシングで食す。

    【朝めし自慢】長艸敏明(京繍伝統工芸士、京繍作家・70歳)「出汁をきかせた減塩献立です」

  4. 朝めし自慢

    フラワーデザイナー・今野政代さんの朝めし自慢「普段は洋風、時間に追われない朝は和風です」

  5. 造園家・小杉左岐さん(72歳)の朝めし自慢「60代に入ってから塩分と油分を控えた献立です」

  6. 春風亭昇太さんの定番・朝めし自慢

    落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える純和風の献立です」

  7. 手塚雄二・朝めし自慢1

    【朝めし自慢】手塚雄二さん(日本画家・65歳)「糖質を抑えた献立で、20年来、体型は変わりません」

  8. 林業家・柴原薫さん(58歳)の朝めし自慢「母が作る野菜中心の常備菜が並びます」

  9. 椅子張り職人・宮本茂紀さんの朝めし自慢「人参と林檎のジュースを欠かしません」

  10. 料理学院長・江上栄子さんの朝めし自慢「カフェオレは“グランタース”(大きな碗)に限ります」

  11. 名指揮者・飯守泰次郎さんの朝めし自慢「パンなら全粒粉100%、ご飯なら発芽玄米です」

  12. 【朝めし自慢】大江英樹さん(経済コラムニスト)「週末は洋風献立。それ以外は“おかいさん”です」

  13. 【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

  14. 【朝めし自慢】宇田左近さん(ビジネス・ブレークスルー大学副学長)「知人から届く季節の恵みを時間をかけ味わいます」

  15. 【朝めし自慢】西 高志(ジャズシンガー)「朝のヴィシソワーズは僕の得意料理です」

  16. 【朝めし自慢】眞賀里文子さん(人形アニメーション作家)「20数年来、朝食はコーヒーとチョコレートです」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 過激な音の乱舞!作曲家・西村朗の幻覚的で魔訶不思議な音楽【林田直…
  2. マックス・リヒターの音楽|暴力に傷ついた人々への悲しみの治療行為…
  3. 古馴染みの東京・新宿のライブハウス『ピットイン』でサックスを吹く。今も年におよそ100ステージを各地でこなす。海外公演も多い。「僕は音楽を通して“生きる”ことの表現をしている」 【インタビュー】坂田 明(ミュージシャン・74歳)「引退するとし…
  4. フランス至宝の音色!歴史的チェンバロで奏でるルイ・クープランの組…
  5. 5ドアハッチバックの小型車、リーフe イープラス+。車体と屋根の色が塗り分けられているのは特別塗装色で6種類から選べる。 日産リーフ|国産EVの草分け的存在、発売から9年を経て進化【石川…
PAGE TOP