■坐骨神経痛を和らげる体操

新規ドキュメント 7_1

©hirasawaminami

(1)うつ伏せになり、症状が出ている側の膝を90度まで曲げる。

新規ドキュメント 7_2

©hirasawaminami

(2)曲げた足を外側(内股方向)に倒す。足を同じ側の手でかかとを持ち、下に向けて20秒ほど押し付ける。

新規ドキュメント 7_3

©hirasawaminami

(3)今度は仰向けに向きを変え、症状が出ている側のかかとを下から両手でつかむ。かかとを手前に引き、臀部に限界を感じたところで止める。

新規ドキュメント 7_4

©hirasawaminami

(4)(3)の状態から症状が出ている側と反対方向へ手を水平移動させ、臀部に限界を感じたところで止めて、そのまま30秒ほどキープする。

仰向けの時は頭は浮かないよう床につけたまま行います。枕を使ってもOK。多少キツく感じても我慢してそのまま行いましょう。1回50秒、1日何回でも。

この体操も以下の点に注意してください。

□ ギックリ腰、または腰の痛みが強い時は行わないこと。

□ 股関節、膝、足首などに強い痛みが発生した場合は、必ず中止すること。

坐骨神経痛は、腰に原因があるものとお尻に原因があるものに分けられます。今回の体操はお尻に原因がある人向けのものになります。この体操で症状を和らげることができたら、座りっぱなしなど生活習慣を改善して、坐骨神経痛を予防していきましょう。

監修・構成/宮腰圭
取材・文/庄司真紀

1 2 3

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店