新着記事

専門家と歩く江戸城特別ツアー、江戸時代の幻の菓子に参加者驚く!

家康が作った江戸城をCGで完全再現したサライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』の発売にあ…

ほとんどの日本人が知らない「老眼」最新治療トレーニング

文/鈴木拓也多くの人が40~50代にかけて老眼にかかる。そして、大半の人は「年だから…

シチリア料理の定番中の定番!本格「イワシのパスタ」の作り方

取材・文/わたなべあやイタリア南部、地中海に囲まれたシチリア島。オリーブオイルやワイ…

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

たった3秒!肩こり解消エクササイズ

shutterstock_404895862

前回の記事「手首の向きを変えるだけでOK!肩こりをゆるめる歩き方“こりとりウォーク”の基本」では、は肩こりを解消するこりとりウォークをご紹介しました。

肩こりは筋肉が収縮してこり固まったものをイメージしますが、実際は、筋肉が伸ばされたり、引っ張られたりすることでこりが発生していることのほうが多いのです。

肩が内巻きになると、肩甲骨が横向きになり筋肉は外側へ伸ばされます。これが多くのこりの原因です。

こりの解消には肩甲骨と肩を正しい位置に戻すこと。しかし、正しい姿勢をとってもすぐに元に戻ってしまったり、正しい姿勢がよくわからない人もいるのではないでしょうか。

今回は、名づけて「魔法の形状記憶メソッド」という、3秒で正しい姿勢がつくれ、同時に肩も軽くなるエクササイズをご紹介します。

■座ってでも立ってでも「魔法の形状記憶メソッド

(1)両腕を肩と水平の位置まで上げ、両肘を90度に曲げた状態で、胸を前に突き出します。(これら3つの動きを同時にやります)

(2)そのままの状態から、腰を少しだけ後ろに引きます。

(3)そのままの状態から、両腕をおろします。

©hirasawaminami

©hirasawaminami

立ってでも座ってでも構いません。また、歩き始めやデスクワークの合間で行えば、脳への姿勢インプット効果も大です。

ちなみに(1)の状態のまま猫背にしようと試みてください。できないはずです。さらに(1)の状態のまま、首を前に出してみてください。これも出せないはずです。

つまりこのカタチにすると、あえて悪い姿勢をとろうとしても取れないわけです。ということはこの状態が、もっとも姿勢が悪くならない状態であり、いま現在のあなたができる一番よい姿勢なのです。

骨と肩甲骨が正しい位置に収まれば、筋肉がムダに引っ張られることもなくなるため、肩がスーッと楽になります。

■なぜ肩甲骨が横向きになると猫背に見えるのか

背骨には何の問題もないのに、猫背に見えてしまう人もたくさんいます。

一般的には背中の丸い人を「猫背だ」「姿勢が悪い」と捉えがちですが、肩が内に巻いているだけでも、肩甲骨の平面部分(三角部分)が横に向いてしまい、猫背に見えます。

ではなぜこのように肩甲骨が横向きになると、猫背に見えてしまうのでしょうか。

それは肋骨の形にあります。肋骨は背骨からスタートして、ぐるっと半円形の樽のような形になっています。

肩甲骨は肋骨の上をトロッコのように移動するので、肩が内に向けば向くほど、肋骨の上を前進し、横から見ると、あたかも背中がまるまっているように見えてしまいます。

このように肩甲骨が内に向くと肩こりだけでなく猫背に見えてしまうので、見た目としても残念な話です。肩こりがなくても猫背の傾向がある人は「魔法の形状記憶メソッド」を取り入れるとよいでしょう。

このメソッドは「いつやればいいんですか?」という質問をよく受けますが、いつやっても構いませんし、日に何度行っても構いません。また、立ってでも座ってでも、どちらでも構いませんし。どちらがよいということでもありません。

また歩き出すまえにこのメソッドを行なうことで、正しい姿勢で歩くことが簡単に習得できます。ぜひ毎日の習慣にしていただきたいメソッドです。

 

監修・構成/宮腰圭
取材・文/庄司真紀

 

指導/宮腰圭(みやこし けい)
整体家。骨と筋代表。アカデミー骨と筋主宰。1969年秋田県生まれ。50年代のアメリカに憧れ、テネシー州メンフィスでバンド活動に励んだのち、30才のときに音楽で生計を立てる道を断念。一転カイロプラクティックの道を志し、日本カイロプラクティックカレッジに入学。2001年より米国政府公認ドクター中島旻保D.Cのセンターに勤める。2006年より中目黒にて開業し、2010年にはスクールを開校。現在は秋田と東京に拠点を置き、施術や整体家の育成に努める。誰もが自分で治せる療法の開発にも力を入れており、セルフメソッドの発明王!との異名をもつ。著書に「1日10分歩き方を変えるだけでしつこい肩こりが消える本」「1日30秒足を振るだけでしぶとい腰痛が消える本」などがある。骨と筋(http://www.pelvickm.com

 

【参考図書】
『1日10分歩き方を変えるだけでしつこい肩こりが消える本』
(宮腰圭・著、本体1,300円+税、サンマーク出版)

71vdtW4KQgL

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く…
  2. 50代男性ヘルニア患者の腰痛の原因「トリガーポイント」はどこ?【…
  3. 歳だから…とあきらめない!専門医が教える「ひざ痛」解消運動
  4. 北欧発のスポーツ「ノルディック・ウォーク」健康効果と上達のコツ
  5. 認知症の早期発見に有効!脳ドックの画像検査でわかること【名医に聞…
PAGE TOP