新着記事

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

腰痛を防ぐ「イスの正しい座り方」ポイント3つ

指導/宮腰圭(整体家)

腰痛の方にとって一番困るのが、イスに座ることではないでしょうか。しかし、イスに座ったり立ったりというのは、日常で必ず行う動作ですから、避けることはできませんよね。

腰痛と無縁の生活を送るためには、イスの座り方にも注意を払う必要があります。そこで今回は、腰に負担をかけないイスへの座り方のポイントを3つお伝えしていきましょう。

【座り方のポイント1】骨盤を立てて座る

じつはもっとも腰に負担をかけない座り方は「正座」です。しかし、正座ができるのは自宅くらいのもので、職場や外出先で正座ができる場所などほぼありませんよね。また、正座は腰には良いのですが、膝の負担が大きく、下半身の血流を阻害してしまうという短所もあります。

イスへ座るとき、腰痛を和らげたり予防する観点からは、まずは正座のように骨盤を立てるような位置を維持することが大切です。

【座り方のポイント2】背もたれをなるべく使わない

骨盤を立てるためにも、イスには深く座った方がいいです。浅座りがなぜよくないかというと、骨盤を後傾させ背もたれに寄りかかる姿勢になるためです。骨盤が後ろに傾いていると、腰の筋肉も常に伸ばされてしまい、腰痛が治らないどころか、かえって悪くなってしまいます。

イスには深く座って、背もたれに寄りかからない状態を保ってください。

【座り方のポイント3】足は前後に置く

骨盤を立てて座ったら、足は前後に置くとよいです。左右の足のどちらが前になっても後ろになっても構いません。後ろに置いてある足が上半身の支えになるので、腰が安定し、疲れにくくなります。

こうして正しい姿勢を保っていれば、腰痛を避けることはもちろん、猫背やストレートネックの予防になりますし、肩こりの改善にもつながります。

©hirasawaminami

©hirasawaminami

自宅でくつろぐ時は、ソファに座る方も多いと思いますが、深く沈み込むソファは腰にはよくありません。浅座りの時と同じように骨盤が後ろに傾いてしまい、腰痛を悪化させる可能性があります。その他、あぐらや横座り、女の子座りや体育座りなども腰にはあまりよくないのでさけるようにしましょう。

自宅で床に座る場合は、座イスを使い、両足を前に伸ばして、肘掛けに両ひじを乗せて上半身の体重の負担を軽くします。座イスがない場合は、壁を背もたれ代わりにし、座イスの場合と同様に両足を前に伸ばして置くといいでしょう。

立っている姿勢と同じように座っている姿勢も重要です。とはいえ、良い姿勢を意識しても、すぐに元の姿勢に戻ってしまうものです。ほとんどの方が良い姿勢と悪い姿勢が1:9くらいで1日を過ごすのではないでしょうか。

いかがでしょうか? 上記の3つのポイントは、体をまっすぐに保ち、上半身を正しく支えるコツのようなもので、続けるのにそれほど難しいものではありません。悪い姿勢を続ければそれが体に記憶され、その形に合わせて矯正されてしまいます。

イスに座る時には、ぜひ「骨盤」を意識してみてくださいね。

監修・構成/宮腰圭
取材・文/庄司真紀

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 仰向けで脚を動かすだけで、様々な不調が改善されるセルフケア|『引き合う動きが体を変える』 仰向けで1日1回脚を曲げて伸ばすだけで、不調が改善されるセルフケ…
  2. ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛「痛くて顔を洗えない、前に屈めない」を改善するストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第27回】 ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛「痛くて顔を洗えない、前に屈めない」を…
  3. ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛 朝起きる時の腰の痛みを改善するセルフ…
  4. 効き目にビックリ!?腰痛・坐骨神経痛はココをほぐせ!腰・脚の痛みがスッキリ軽くなる足のツボ 腰痛・坐骨神経痛はココをほぐせ!|腰・脚の痛みがスッキリ軽くなる…
  5. 腰痛にお悩みの方、必読!|『あなたの腰痛が治らないのは治し方を間違えているから』 あなたの腰痛の原因は「肥満」「運動不足」「喫煙」「睡眠不足」の可…
PAGE TOP