新着記事

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

さんまの梅しそ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】梅干しパワーで梅雨を乗り切る! 「うめびしお」の作り方

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その1~

なるほど! 腰痛・坐骨神経痛 なかなか治らない原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

なかなか治らない腰痛・坐骨神経痛|痛みの原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

腰痛を防ぐ「イスの正しい座り方」ポイント3つ

指導/宮腰圭(整体家)

腰痛の方にとって一番困るのが、イスに座ることではないでしょうか。しかし、イスに座ったり立ったりというのは、日常で必ず行う動作ですから、避けることはできませんよね。

腰痛と無縁の生活を送るためには、イスの座り方にも注意を払う必要があります。そこで今回は、腰に負担をかけないイスへの座り方のポイントを3つお伝えしていきましょう。

【座り方のポイント1】骨盤を立てて座る

じつはもっとも腰に負担をかけない座り方は「正座」です。しかし、正座ができるのは自宅くらいのもので、職場や外出先で正座ができる場所などほぼありませんよね。また、正座は腰には良いのですが、膝の負担が大きく、下半身の血流を阻害してしまうという短所もあります。

イスへ座るとき、腰痛を和らげたり予防する観点からは、まずは正座のように骨盤を立てるような位置を維持することが大切です。

【座り方のポイント2】背もたれをなるべく使わない

骨盤を立てるためにも、イスには深く座った方がいいです。浅座りがなぜよくないかというと、骨盤を後傾させ背もたれに寄りかかる姿勢になるためです。骨盤が後ろに傾いていると、腰の筋肉も常に伸ばされてしまい、腰痛が治らないどころか、かえって悪くなってしまいます。

イスには深く座って、背もたれに寄りかからない状態を保ってください。

【座り方のポイント3】足は前後に置く

骨盤を立てて座ったら、足は前後に置くとよいです。左右の足のどちらが前になっても後ろになっても構いません。後ろに置いてある足が上半身の支えになるので、腰が安定し、疲れにくくなります。

こうして正しい姿勢を保っていれば、腰痛を避けることはもちろん、猫背やストレートネックの予防になりますし、肩こりの改善にもつながります。

©hirasawaminami

©hirasawaminami

自宅でくつろぐ時は、ソファに座る方も多いと思いますが、深く沈み込むソファは腰にはよくありません。浅座りの時と同じように骨盤が後ろに傾いてしまい、腰痛を悪化させる可能性があります。その他、あぐらや横座り、女の子座りや体育座りなども腰にはあまりよくないのでさけるようにしましょう。

自宅で床に座る場合は、座イスを使い、両足を前に伸ばして、肘掛けに両ひじを乗せて上半身の体重の負担を軽くします。座イスがない場合は、壁を背もたれ代わりにし、座イスの場合と同様に両足を前に伸ばして置くといいでしょう。

立っている姿勢と同じように座っている姿勢も重要です。とはいえ、良い姿勢を意識しても、すぐに元の姿勢に戻ってしまうものです。ほとんどの方が良い姿勢と悪い姿勢が1:9くらいで1日を過ごすのではないでしょうか。

いかがでしょうか? 上記の3つのポイントは、体をまっすぐに保ち、上半身を正しく支えるコツのようなもので、続けるのにそれほど難しいものではありません。悪い姿勢を続ければそれが体に記憶され、その形に合わせて矯正されてしまいます。

イスに座る時には、ぜひ「骨盤」を意識してみてくださいね。

監修・構成/宮腰圭
取材・文/庄司真紀

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 効き目にビックリ!?腰痛・坐骨神経痛はココをほぐせ!腰・脚の痛みがスッキリ軽くなる足のツボ 腰痛・坐骨神経痛はココをほぐせ!|腰・脚の痛みがスッキリ軽くなる…
  2. 腰痛にお悩みの方、必読!|『あなたの腰痛が治らないのは治し方を間違えているから』 あなたの腰痛の原因は「肥満」「運動不足」「喫煙」「睡眠不足」の可…
  3. 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方
  4. 1分で背骨をゆるめて腰痛・首肩こり解消! 誰でも簡単にできる背骨ゆらし【川口陽海の腰痛改善教室 第9回】 1分で背骨をゆるめて腰痛・首肩こり解消!|簡単にできる「背骨ゆら…
  5. 好みでシナモンかバニラエッセンスをひとふりして完成 アンチエイジング効果があると話題の「アーモンドミルク」の秘密
PAGE TOP