サライ.jp

Runner touching painful leg. Athlete runner training accident. Sport running leg sprain.

指導/宮腰圭(整体家)

お尻の真ん中あたりからもも裏、ふくらはぎの外側にしびれや痛みがでる「坐骨神経痛」。重だるかったり、キューンとつるような感覚があったり、長引けば生活に支障がでるほど辛いものです。

今回はこの坐骨神経痛についてのお話をしていこうと思います。著書『1日30秒足を振るだけでしぶとい腰痛が消える本』では、私が考案した坐骨神経痛をやわらげる体操がありますので、そちらも合わせてご紹介していきます。

■坐骨神経痛とは?

もともと腰椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板症、腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症などの腰の疾患が原因で起こる症候ですが、お尻の奥にあるインナーマッスル、梨状筋と上双子筋の圧迫によっても起こることが少なくありません。

坐骨神経は人体の中でも最も太い神経であり、その太さは本人の小指くらいと言われています。長さの平均で1メートル近くあり、からだの中で最長の神経とされています。腰椎の一番下から出発し、骨盤の中を通り、お尻側に出る際に、ちょうど梨状筋と上双子筋の間を抜けていきます。

■坐骨神経の圧迫で起こる坐骨神経痛もある

運動不足や長時間の座りっぱなしなどによって、この梨状筋と梨上筋が硬くなったり収縮したりすると、間を通る坐骨神経が圧迫され、坐骨神経痛の症状が出てくる場合があるのです。病院でMRIなどの検査をして、腰に全く異常はないのに、坐骨神経を訴える方が多いのはこのためです。

またこのような場合、坐骨神経の圧迫を解放することで、それまで出ていた坐骨神経痛特有の症状がやわらぐ場合は多々あります。

私はそういった方に、梨状筋と上双子筋の緊張をゆるめるための次のような体操をご指導しています。症状がある方は一緒にやってみましょう。

次ページに続きます。

1 2 3

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア