新着記事

鶏肉とじゃがいものローズマリーグリル

【管理栄養士が教える減塩レシピ】春だけじゃない!秋も旬のじゃがいもを使った料理2品

写真・文/矢崎海里全国各地で栽培され、一年中お店に並んでいるじゃがいも。5月頃には新…

副業

年収800万円以上のビジネスマンの約2割が副業している!|副業での年収は「100万円以上~499万円以下」が最多

政府が働き方改革の一環で副業を推進していますね。それを受け副業を解禁する企業も増加してきてい…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

【ビジネスの極意】「報連相」「CC文化」が招く弊害

【ビジネスの極意】「報連相」「CC文化」が招く弊害

「報連相(報告・連絡・相談)」や「CC(Carbon Copy:カーボンコピー、同報メール)」は…

マスクディスペンサー60|マスクを1枚ずつ取り出せる専用収納箱

これからの季節はインフルエンザや花粉症予防のために、使い捨てマスクの使用が頻繁になる。薬店な…

岐阜県内(美濃国)には明智光秀伝承が数多く残る。写真は恵那市千畳敷公園内にある「明智光秀産湯の井戸」。

【今から待てない『麒麟がくる』!】大河ドラマファンの編集者が明智光秀が主人公の『麒麟がくる』に期待する理由を語り尽くす Part1

30数年前、NHK大河ドラマが3年間路線転換をした。1984年の『山河燃ゆ』を皮切りに『春の波涛…

【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その2~

【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その1~

【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1.  

    世界一美味しいご飯をわが家で炊く裏ワザ

         

    文/鈴木拓也「ご飯を炊く」というのが、「炊飯器のスイッチを入れる」とほぼ同義になって久しい。炊飯器の蒸気口から立ち昇る湯気を見て、かまどで炊いていた時代に思いをはせるということもまずないはず。しかし、『世界一美味しい…

  2.  

    「福澤朗流」これが私の居酒屋流儀(福澤朗の美味・料理コラム 第8回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  3.  

    作家・石牟礼道子さんが問いかけた「食」の本来あるべき姿とは

         

    文・撮影/大沼聡子私たちは日々、食べて生きている。昔とは違い、現代の暮らしは…

  4.  

    天然の鰻はどうして「狐うなぎ」と呼ばれるのか?【食いしん坊の作法 第7回】

         

    文/山本益博夏の土用丑の日が近くなると、「鰻の蒲焼」が必ず話題に上ります。「蒲焼」の焼けるに…

  5.  

    講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  6.  

    おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

         

    文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

  7.  

    意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

         

    文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

  8.  

    日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

         

    取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

  9.  

    タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

         

    文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

  10.  

    知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

         

    文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

  11.  

    武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  12.  

    知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

         

    文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

  13.  

    錫のチロリとぐい呑みをお手元に(福澤朗の美味・料理コラム 第5回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  14.  

    東京・虎ノ門『錠前屋珈琲』でコーヒー豆の焙煎を体験してみた

         

    取材・文/編集部豆にもこだわりがあるコーヒー愛好家なら、「一度はやってみたい!」と思うのがコ…

  15.  

    えっバナナ豆乳ウイスキー!? 誰も知らない面白ウイスキーレシピ4種

         

    文/鈴木拓也「ウイスキーの家飲みの仕方」と聞いて、ストレート以外に何が思い浮かぶだろうか?「…

  16.  

    金剛院住職の「お寺ごはん」日々の食から“氣づき”を得るカフェ

         

    文/鈴木拓也大永2年(1522)に開創した古刹、真言宗豊山派の金剛院(東京都豊島区)…

  17.  

    オキュズギョズにボアズケレ!? トルコワインのブドウ品種名が不思議すぎ

         

    文・写真/横溝絢子(トルコ在住ライター)トルコワインの歴史は古く、その始まりは紀元前…

  18.  

    羊羹と白飯の劇的な出会い!「羊羹ライス」のススメ(福澤朗の美味・料理コラム 第4回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  19.  

    テキーラの故郷「テキーラ村」でメキシコ流テキーラの飲み方を学ぶ

         

    文・写真/片岡恭子産地、気候、土壌などの生育環境による特徴を指すテロワールという用語がある。…

  20.  

    シチリア料理の定番中の定番!本格「イワシのパスタ」の作り方

         

    取材・文/わたなべあやイタリア南部、地中海に囲まれたシチリア島。オリーブオイルやワイ…

  21.  

    カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  22.  

    レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

         

    文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

  23.  

    【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

         

    取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

  24.  

    大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近所食堂 第8回】

         

    文/鈴木隆祐北野高校のある十三は、大阪中で愛される「下町甘味の両雄」が相並ぶ街…

  25.  

    僕の差し入れの定番「ジャストミートどら焼き」誕生秘話(福澤朗の美味・料理コラム 第2回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  26.  

    いまスコットランドで大流行!「クラフト・ジン」2つの楽しみ方

         

    文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター)スコットランドは、言わずと知れたスコ…

  27.  

    檀ふみさんが「ワインブーケ」で極上シャンパーニュを個人輸入してみた[PR]

         

    ワイン好きで知られる女優の檀ふみさんが、スマートフォンからワイン購入サイトの「ワインブーケ」(htt…

  28.  

    サライ編集長が自宅で実践!家でステーキを旨く焼く秘訣とは

         

    文・写真/小坂眞吾(サライ編集長)美味しく食べて長生きできる。いいことずくめなのが牛肉である…

  29.  

    日本酒をもっと自由に!「柑橘系ロック」のすすめ(福澤朗の美味・料理コラム 第1回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  30.  

    ドメーヌ・ド・ラルロ|銘醸地ニュイ・サン・ジョルジュで醸される繊細なワイン

         

    取材・文/鳥海美奈子世界に冠たるフランス・ブルゴーニュワイン。とりわけ銘釀地として知られるコ…

PAGE TOP