新着記事

常滑焼の炭化焼成の急須と湯呑み2客組|コクがあり柔らかな味が楽しめる炭化焼成のセット

急須といえば常滑焼(愛知県常滑市)といわれるくらい、朱色の茶器はお馴染みの日用品だ。ところが…

佐世保鎮守府関連の日本遺産を巡る特別な徒歩ツアー|長崎県佐世保・日本近代化の躍動を体感できる街【1】

構成・文/山津京子 佐世保市内に点在する、迫力満点の遺構27群2019年7月発行の『サライ8…

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

取材・文/坂口鈴香「親の終の棲家をどう選ぶ? 壊れていく母、追い詰められる父」で紹介…

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

取材・文/坂口鈴香「親の終の棲家をどう選ぶ? 壊れていく母、追い詰められる父」で紹介…

同窓会で気になること第1位は「友人のおばさん化」!?

高校時代、あんなにキレイだったのに……|同窓会で気になったこと第1位は「友人のおばさん化」

学生時代の友人や恩師と会える同窓会。当時の楽しかった出来事や、淡い恋愛の思い出などがプレイバ…

八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる

水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【田中吉政編】

写真・文/藪内成基戦国時代から全国統一へと進んだ織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三英…

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

取材・文/池田充枝日本が弥生時代といわれた、遥か1800年も昔の中国に起こった「三国志」は、…

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

綿布の感触が、素足になんとも心地よい雪駄をご案内。使われる綿布はジーンズ生地などで定評のある…

黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

タイヤは消耗品。黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美タイヤは消耗品。車検では1.6mm以上タイヤの溝があれば合格しますが、それはイコ…

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1.  

    青春食堂の旅人・鈴木隆祐さんの「名門校の青春食堂」記事まとめ

         

    文/編集部全国の名門高校の青春食堂を訪ね歩く食の旅人として「マツコの知らない世界」にも登場!の文筆家・鈴木隆祐さんが、これまで『サライ.jp』に寄稿いただいた「名門校の青春食堂」記事の数々をまとめてご紹介しよう。↓↓↓【名門…

  2.  

    青春食堂の旅人・鈴木隆祐さんの「東京実用グルメ」記事まとめ15連発

         

    文/編集部全国の名門高校の青春食堂を訪ね歩く食の旅人として6月5日夜放映のTBS「マツコの知…

  3.  

    【名門校の青春食堂 第7回】同志社高等学校×グリル宝の「コルドンブル」(京都府・国際会館)

         

    文/鈴木隆祐わざわざ食べ行く価値大の『グリル宝』名物コルドンブル京都の市営地下鉄烏丸…

  4.  

    下北半島の絶景スポットで地元食材に舌鼓!《下北“ジオ・ダイニング” in 仏ヶ浦》

         

    文・写真/編集部“神様の遊び場”“天然の美術館”などと呼ばれる、青森県の仏ヶ浦(ほとけがうら…

  5.  

    一輪の花が迎えてくれる大人の京都路地裏バー『文久』(京都・三条)

         

    取材・文/わたなべあや京都・三条の駅を降りると、鴨川のゆったりとした流れが眼前に広がり、夏で…

  6.  

    作家・石牟礼道子さんが遺した「食べごしらえ」の思いを受け継ぐ人々

         

    文・撮影/大沼聡子今年2月、作家の石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが、90歳で天に…

  7.  

    博多・中洲『BEVU』で食らう「極厚鉄板」仕立ての熱々極上ステーキ

         

    取材・文/編集部西日本最大の歓楽街といわれる福岡県博多市の中洲エリア。ここの商店街の一画に店…

  8.  

    「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  9.  

    【名門校の青春食堂 第6回】早稲田高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

         

    文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

  10.  

    【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

         

    文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

  11.  

    無理なく続けられる、週末料理のすすめ(コウケンテツの料理コラム 第11回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  12.  

    ラオスのお母さんのご飯が伝える、息子への想い(コウケンテツの料理コラム 第10回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  13.  

    【名門校の青春食堂 第4回】筑波大学付属駒場高等学校×井上のポークピカタ(東京・駒場)

         

    文/鈴木隆祐将来のエリートたちの小腹を満たす「太田屋」のフライと「井上」のポークピカタ…

  14.  

    明治屋「おいしい缶詰」は酒のアテとしてどうか?日本酒好き編集長が食べて検証《プレゼントあり》

         

    文/小坂眞吾(サライ編集長)日本酒、特に純米酒の美味しさに目覚めて20年近く。毎週末、酒屋に…

  15.  

    毎日食べたい!自宅でつくる簡単もち麦料理レシピ6選

         

    食生活にもち麦を取り入れるには、白米に混ぜて炊く「もち麦ご飯」がおすすめだ。理想の割合は、白…

  16.  

    2000年も受け継がれてきた、フィリピンの棚田(後編)(コウケンテツの料理コラム 第9回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  17.  

    大阪・住之江の老舗洋食店『源ちゃん』名物「やまいものグラタン」【大阪旨いもん巡り】

         

    取材・文/わたなべあや大阪の繁華街といえば、中心をなすのはキタとミナミ。しかし、本当に美味し…

  18.  

    2000年も受け継がれてきた、フィリピンの棚田(前編)(コウケンテツの料理コラム 第8回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  19.  

    シャンパーニュ・オーギュスタン|「ビオディナミ」シャンパーニュ最先端の作り手

         

    取材・文/鳥海美奈子フランスの有機農業振興団体アジャンス・ビオによれば、2015年の…

  20.  

    国循直伝の「マインド食+かるしおレシピ」で認知症を予防【名医に聞く健康の秘訣】

         

    取材・文/わたなべあや認知症は、一度発症してしまうと治療するのは難しい病気です。根治…

  21.  

    【名門校の青春食堂 第3回】武蔵高等学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

         

    文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

  22.  

    一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  23.  

    手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

         

    文/山本益博江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨…

  24.  

    【名門校の青春食堂 第2回】麻布高等学校×那須飯店の肉定食(東京・広尾)

         

    文/鈴木隆祐40代以上の麻布OBなら誰もが知っている『那須飯店』の肉定食。失われたはずの味が…

  25.  

    料理家コウケンテツ、思い出の初レシピ(コウケンテツの料理コラム 第6回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  26.  

    【名門校の青春食堂 第1回】開成高等学校×フィレンツェの喫茶洋食(東京・西日暮里)

         

    文/鈴木隆祐オタク系開成生の根城『フィレンツェ』で名物ママの繰り出すザ・喫茶洋食に癒される。…

  27.  

    挫折の20代、料理が切り開いてくれた道(コウケンテツの料理コラム 第5回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  28.  

    【日本ワイン生産者の肖像3】ブルース・ガットラヴさん(10Rワイナリー)|北海道・空知でつむぐ理想のワイン造り

         

    取材・文/鳥海美奈子日本ワイン“中興の祖”。ブルース・ガットラヴさんには、そんな形容…

  29.  

    花見の日には気合いの入った鮨屋の卵焼きを味わいたい

         

    取材・文/片山虎之介花見に持参する御馳走には、向き不向きがある。食べるときに調理、加…

  30.  

    故郷の記憶を蘇らせた済州島のスープ(コウケンテツの料理コラム 第4回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

PAGE TOP