新着記事

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

文・写真/羽生のり子(海外書き人クラブ/フランス在住ライター)スペイン国境に近いピレ…

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

9月20日~26日は動物愛護週間。ペットブームが続く中、今ペットの健康や介護にも関心が高まってい…

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

文/川口陽海腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などで、太ももの裏におきる痛…

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

昔、縁側で父親が爪を切っていたときに聞こえてきた、パチパチという小気味よい音。ニッパー型の爪…

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

文/遠藤利三郎(ワイン評論家) 日本を代表するワインを産み続けるシャトー…

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

洗剤

「風呂の残り湯は使わない」「毎日洗濯しない」|令和時代の洗い方

日々の洗濯で使う「衣料用洗剤」や洗濯の仕方についてマイボイスコム株式会社が6回目となるインタ…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1.  

    簡単シンプル奥深い!ソーミン(素麺)を使った沖縄料理2つ【沖縄ぬちぐすい紀行26】

         

    文/鳥居美砂沖縄料理店の献立に「ゴーヤーチャンプルー」と並んで「ソーミン(ソーメン)チャンプルー」と書かれていることがあります。「チャンプルー」はインドネシア語の「チャンプール」(混ぜるの意味)が語源といわれ、季節の野菜と豆…

  2.  

    疲れた心を養ってくれる!あさりのオリーブオイル炒め【辰巳芳子の「私のおすすめ」6】

         

    談/辰巳芳子(料理家)日本の伝統文化の底にある日本人の神経の細やかさは、貝によって養…

  3.  

    懐かし洋食の濃やかな技が光る!浅草『とんかつ やまと』【大人の東京実用グルメ13】

         

    文・写真/鈴木隆祐B級グルメは決してA級の下降線にはない。それはそれで独自の価値ある…

  4.  

    鰻重の味ひきたてる裏技とは?東京・白金台『うなぎ藤田』【山本益博の新ひと皿の歳時記4】

         

    文・写真/山本益博「江戸前」というと、まず「鮨」を思い浮かべるかもしれないが、実はは…

  5.  

    浅草の“そこだけ韓国”な路地裏の名店「富味屋」の石焼ビビンバ【下町の美味探訪6】

         

    文・写真/秋山都「ハロー」「メルシー」「サイツェン」……雷門の下にしばし佇んでいると…

  6.  

    伝説になる前に!赤坂『フィッシュ』の「キーマカレー」【山本益博の新ひと皿の歳時記3】

         

    文・写真/山本益博今から20年ほど前、新宿から青梅街道を西荻窪の自宅まで車を走らせて…

  7.  

    魚醤の香りが酒に合う!「カブのいしる漬け」の作り方【酒がすすむ醸し料理4】

         

    文・写真/馬場吉成秋田県のしょっつる、香川県のイカナゴ醤油、ベトナムのニョクマムなど、魚醤は…

  8.  

    これが戦国の味!忍者の携帯食「兵糧丸」を食べてみた

         

    文/鈴木拓也戦争の歴史をひもとけば、戦(いくさ)で雌雄を決するのは、兵力よりも補給の…

  9.  

    街場中華の本領!石神井公園『龍正軒』のレバ入りホイコーロ【大人の東京実用グルメ12】

         

    文・写真/鈴木隆祐B級グルメは決してA級の下降線にはない。それはそれで独自の価値ある…

  10.  

    沖縄の伝統焼き菓子ポーポーとチンビンの作り方【沖縄ぬちぐすい紀行25】

         

    文/鳥居美砂旧暦の5月4日は「ユッカヌフィー」と呼ばれ、各地の漁港では豊漁と航海安全を祈願す…

  11.  

    生ハムに燗酒!? 大塚『29rotie』が提案する驚きのマリアージュ【東京下町の美味探訪5】

         

    文・写真/秋山都東京・大塚は、大正13年に“三業地”の許可が降りた花街だ。三業とは「…

  12.  

    思わず料理を作ってみたくなる一冊!『定年からの台所入門』【印南敦史の定年本イッキ読み6】

         

    文/印南敦史読み手の関心を無理なく惹きつける、なんとも魅力的な文章を書く人だなと感じ…

  13.  

    飲んで検証!5月のお題料理「桜鯛のあら炊き」に合う酒とは【旬の料理と異酒格闘技 第1回】

         

    文/藤本一路(酒販店『白菊屋』店長)料理とお酒の新しい出逢い、その幸せなマリアージュを求めて…

  14.  

    よろず屋的大衆食堂の鑑!要町『なみき食堂』の懐かしオムレツ【大人の東京実用グルメ11】

         

    文・写真/鈴木隆祐B級グルメは決してA級の下降線にはない。それはそれで独自の価値ある…

  15.  

    独特な香りと旨味がクセに!滋賀の「鮒寿司」を使った簡単酒肴の作り方【酒がすすむ醸し料理3】

         

    文・写真/馬場吉成滋賀県の名産品である「鮒寿司」(ふなずし)は、魚を塩とご飯とを使い…

  16.  

    旬の江戸前穴子を至高の握りで味わう!谷中『すし乃池』の穴子ずし【東京下町の美味探訪4】

         

    文・写真/秋山都年を重ねるにつれ好きになる食べ物がある。たとえば鮨。昔は家で来客があ…

  17.  

    生もずくの旬が到来!沖縄が誇る美味なる海の健康食材「もずく」【沖縄ぬちぐすい紀行24】

         

    文/鳥居美砂古くから全国各地で食べられてきたもずくですが、じつは沖縄県の生産量は日本…

  18.  

    路地裏に佇むジビエの聖地!六本木「ラ・シャッス」【山本益博の新ひと皿の歳時記2】

         

    文・写真/山本益博10年を超える歴史があるのに、長らくこの店の存在を忘れていた。…

  19.  

    合わせて175歳超の音楽家夫婦が切り盛り!江古田『砂時計』は音大生が集うユニーク洋食店【大人の東京実用グルメ10】

         

    文・写真/鈴木隆祐B級グルメは決してA級の下降線にはない。それはそれで独自の価値あるもの…

  20.  

    臭いの向こうの奥深き旨み!「焼きくさや」を使ったオツな酒肴の作り方【酒がすすむ醸し料理2】

         

    文・写真/馬場吉成“臭い食べ物”といって思いつくものを挙げてもらうと、かなり上位に名…

  21.  

    ドイツは「朝」が美味しい! ミュンヘンっ子自慢の「白ソーセージ」を小麦ビールでいただく幸せ

         

    写真・文/溝口シュテルツ真帆(在ミュンヘン)「朝食を食べにいらっしゃい」誰かからそう…

  22.  

    和菓子と酒がこんなに合うなんて!常識を覆す『和菓子 薫風』の超党派マリアージュ【東京下町の美味探訪3】

         

    文・写真/秋山都一般に酒が飲める人を「左党」、酒を飲めずに甘いもの好きな人を「右党」…

  23.  

    意外な相性に驚き!花の京都で「精進料理×シャンパーニュ」のマリアージュを体験

         

    文・写真/インディ藤田(サライ編集部)花見の桜と言えば、一般的にはソメイヨシノですが、京都で…

  24.  

    江戸っ子は蕎麦もうどんもコレで食べてた!滋味深い江戸の味噌つゆ「煮貫」(にぬき)【酒がすすむ醸し料理1】

         

    文・写真/馬場吉成蕎麦やうどんを食べる際には、今では醤油や砂糖、味醂などを使って作る…

  25.  

    地粉の甘み漂う武蔵野うどんの真骨頂!東久留米『ますや製麺』の肉汁うどん【大人の東京実用グルメ9】

         

    文・写真/鈴木隆祐B級グルメは決してA級の下降線にはない。それはそれで独自の価値ある…

  26.  

    和食と合わせて堪能したい!仏ブルゴーニュの銘醸地「コート・ドール」の注目ワイン

         

    取材・文/鳥海美奈子世界有数のワイン産地、フランス・ブルゴーニュ地方。そのなかでも銘…

  27.  

    小麦の味を純粋に楽しむ!根津『釜竹』の細ざるうどん【山本益博の新ひと皿の歳時記1】

         

    文・写真/山本益博私が初めて『釜竹』(かまちく)を知ったのは、今から20年以上前、大…

  28.  

    レバー好きには悶絶の旨さ!大井町『プロヴァンス』の絶品ドリア「オペラ」【大人の東京実用グルメ8】

         

    文・写真/鈴木隆祐B級グルメは決してA級の下降線にはない。それはそれで独自の価値ある…

  29.  

    出汁の芸術「おでん」の真骨頂!開高健も惚れ込んだ『たこ梅』の関東煮(かんとだき)

         

    文/鈴木隆祐わが国では、冬場になると各コンビニがおでん販売競争を繰り広げるが、セブン…

  30.  

    伊万里の「秘窯の里」で実現した食と芸術の見事な融合!「EAT & ART in 伊万里」@大川内山

         

    佐賀県伊万里市、大川内山(おおかわちやま)。江戸時代、日本で唯一の磁器生産地を持った鍋島藩は…

PAGE TOP