新着記事

ビジネスシーンの口臭に要注意!|「特に口臭が気になった相手」第1位は50代男性!

突然ですが、「口臭」が気になったことはありますか? 例えばビジネスシーンで、相手の口臭が気に…

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

バーベキューといえば、炭を敷いた上に網を置いて、食材を載せて焼くのが常識。でもそれだと場所も…

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)クラシックのコンサートは退屈と…

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

取材・文/坂口鈴香中野美佐さん(仮名・42)さんの母親は60歳を過ぎたころ「アルツハ…

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

取材・文/坂口鈴香政府は、2015年に策定した「認知症施策推進総合戦略(新オレン…

アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル

デジタルデトックスができる!世界のリトリートホテル6選

旅先でウェルネスを求めるグローバルトレンドの高まりに伴い、日本でもデトックス…

源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。【企画展 はじめての古美術鑑賞―絵画のテーマ】

取材・文/藤田麻希昨今の日本美術ブームで、美術館に出かけるかたは多いのではないでしょうか。何…

足裏が心地よいモダンな牛革草履で颯爽と街を歩いてみたら?

天面に牛革(スエード)が張られた、モダンで小粋な草履です。滑らかなスエードの感触に加え、土踏…

茶摘み体験

大人が満足する社会見学4選【静岡県】|ヤマハ楽器ミュージアム、電車の転車台体験、うなぎパイファクトリー、茶摘み

取材・文/末原美裕子どもの頃の社会科見学は何もかもが新鮮な光景でしたが、道理の分かっ…

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1.  

    臭いの向こうの奥深き旨み!「焼きくさや」を使ったオツな酒肴の作り方【酒がすすむ醸し料理2】

         

    文・写真/馬場吉成“臭い食べ物”といって思いつくものを挙げてもらうと、かなり上位に名前が出てくる「くさや」。新島や八丈島をはじめとする伊豆諸島の特産品で、名前は知っているが食べた事は無いという方も多いのではないでしょうか。…

  2.  

    ドイツは「朝」が美味しい! ミュンヘンっ子自慢の「白ソーセージ」を小麦ビールでいただく幸せ

         

    写真・文/溝口シュテルツ真帆(在ミュンヘン)「朝食を食べにいらっしゃい」誰かからそう…

  3.  

    和菓子と酒がこんなに合うなんて!常識を覆す『和菓子 薫風』の超党派マリアージュ【東京下町の美味探訪3】

         

    文・写真/秋山都一般に酒が飲める人を「左党」、酒を飲めずに甘いもの好きな人を「右党」…

  4.  

    意外な相性に驚き!花の京都で「精進料理×シャンパーニュ」のマリアージュを体験

         

    文・写真/インディ藤田(サライ編集部)花見の桜と言えば、一般的にはソメイヨシノですが、京都で…

  5.  

    江戸っ子は蕎麦もうどんもコレで食べてた!滋味深い江戸の味噌つゆ「煮貫」(にぬき)【酒がすすむ醸し料理1】

         

    文・写真/馬場吉成蕎麦やうどんを食べる際には、今では醤油や砂糖、味醂などを使って作る…

  6.  

    地粉の甘み漂う武蔵野うどんの真骨頂!東久留米『ますや製麺』の肉汁うどん【大人の東京実用グルメ9】

         

    文・写真/鈴木隆祐B級グルメは決してA級の下降線にはない。それはそれで独自の価値ある…

  7.  

    和食と合わせて堪能したい!仏ブルゴーニュの銘醸地「コート・ドール」の注目ワイン

         

    取材・文/鳥海美奈子世界有数のワイン産地、フランス・ブルゴーニュ地方。そのなかでも銘…

  8.  

    小麦の味を純粋に楽しむ!根津『釜竹』の細ざるうどん【山本益博の新ひと皿の歳時記1】

         

    文・写真/山本益博私が初めて『釜竹』(かまちく)を知ったのは、今から20年以上前、大…

  9.  

    レバー好きには悶絶の旨さ!大井町『プロヴァンス』の絶品ドリア「オペラ」【大人の東京実用グルメ8】

         

    文・写真/鈴木隆祐B級グルメは決してA級の下降線にはない。それはそれで独自の価値ある…

  10.  

    出汁の芸術「おでん」の真骨頂!開高健も惚れ込んだ『たこ梅』の関東煮(かんとだき)

         

    文/鈴木隆祐わが国では、冬場になると各コンビニがおでん販売競争を繰り広げるが、セブン…

  11.  

    伊万里の「秘窯の里」で実現した食と芸術の見事な融合!「EAT & ART in 伊万里」@大川内山

         

    佐賀県伊万里市、大川内山(おおかわちやま)。江戸時代、日本で唯一の磁器生産地を持った鍋島藩は…

  12.  

    今に伝わる戦国時代の非常食!松の皮から作った秋田の郷土菓子「松皮餅」とは

         

    文/鈴木拓也戦国時代の戦い方の一つに、「籠城戦」というものがあった。これは、文字通り…

  13.  

    カレーの海にとろける肉の旨み!新宿『モンスナック』の元祖サラサラカレー【大人の東京実用グルメ7】

         

    文・写真/鈴木隆祐B級グルメは決してA級の下降線にはない。それはそれで独自の価値ある…

  14.  

    途絶えさせるにゃもったいない!「引越し蕎麦」の意外な由来【片山虎之介の蕎麦談義 第4回】

         

    文・写真/片山虎之介春は引越しの季節である。私の隣りの家の住人も転居し、住んでいた家…

  15.  

    カツをつまみに蕎麦前で一杯!東京・日暮里『川むら』のかつ煮【東京下町の美味探訪2】

         

    文・写真/秋山都最近は蕎麦屋でお酒を飲むことを「蕎麦前」と呼ぶが、その言葉、古いよう…

  16.  

    揚げ物愛にあふれた極上フライワールド!高円寺『あげもんや』のあげもん【大人の東京実用グルメ6】

         

    文・写真/鈴木隆祐B級グルメは決してA級の下降線にはない。それはそれで独自の価値ある…

  17.  

    遊歩 純米吟醸無濾過生原酒・花さかゆうほ|これぞお花見用の酒(御祖酒造)【今宵の一献 第24回】

         

    文/藤本一路(酒販店『白菊屋』店長)今年も花見の季節がやってきました。全国各地の桜の…

  18.  

    スイーツ界の絶滅危惧種!『サンゴダール・マルジュウ』のシベリア【東京下町の美味探訪1】

         

    文・写真/秋山都サライ読者の方であれば、シベリアと聞いて懐かしく思う方もいらっしゃる…

  19.  

    春の季節にふさわしい華やかな万能ワイン!シャトー・メルシャンの「ロゼワイン」4種飲み比べてみた

         

    取材・文/編集部いま海外のワイナリーやワイン愛好家が注目しているワインのカテゴリーと…

  20.  

    鶏レバーのピュアな旨味に悩殺される!浅草『菜苑本館』の「純レバ」【大人の東京実用グルメ5】

         

    文・写真/鈴木隆祐B級グルメは決してA級の下降線にはない。それはそれで独自の価値ある…

  21.  

    炊き立てごはんにのっけていただく至福!東京『千駄木腰塚』のコンビーフ【日本の佳いモノがたり1】

         

    文・写真/秋山都数十年前の台風の夜、「今日はもう缶詰にしちゃいましょうか」と母が言いだし、牛…

  22.  

    高砂 辛口純米|富士の伏流水で仕込んだ和やかな辛口酒(富士高砂酒造)【今宵の一献 第23回】

         

    文/藤本一路(酒販店『白菊屋』店長)今宵の一献は「高砂 辛口純米」。静岡県は富士山の…

  23.  

    アワビの濃厚な旨味と香りを堪能できる!平翠軒の「アバロンパテ」【倉敷・平翠軒のごちそう6】

         

    倉敷の美観地区にある食のセレクトショップ「平翠軒」(へいすいけん)。31坪の小さな店ながら、…

  24.  

    日本でもっとも高価な餃子!? 平翠軒の「黒豚ぜいたく餃子」【倉敷・平翠軒のごちそう5】

         

    倉敷の美観地区にある食のセレクトショップ「平翠軒」(へいすいけん)。31坪の小さな店ながら、…

  25.  

    ロブスターの濃厚な旨味が絶品!平翠軒の「オマールロブスターの缶詰」【倉敷・平翠軒のごちそう4】

         

    倉敷の美観地区にある食のセレクトショップ「平翠軒」(へいすいけん)。31坪の小さな店ながら、…

  26.  

    木曽路の懐かしい佇まいに癒される!「木曽福島への日帰りグルメ旅」厳選7店

         

    「木曽路はすべて山の中である」。島崎藤村の小説である夜明け前のこの書き出しを知る人は多いのではないだ…

  27.  

    ワイルドな甘味がやみつきに!平翠軒の「タスマニア産ジャム」【倉敷・平翠軒のごちそう3】

         

    倉敷の美観地区にある食のセレクトショップ「平翠軒」(へいすいけん)。31坪の小さな店ながら、…

  28.  

    爽やかな辛味がご飯にも酒にも合う!平翠軒の「うまみ油漬櫻じゃこ」【倉敷・平翠軒のごちそう2】

         

    倉敷の美観地区にある食のセレクトショップ「平翠軒」(へいすいけん)。31坪の小さな店ながら、…

  29.  

    駅ビル老舗レストランの混沌を楽しむ! 浜松町『パラタン』の「ドイツ風ハンバーグ」【大人の東京実用グルメ4】

         

    文・写真/鈴木隆祐B級グルメは決してA級の下降線にはない。それはそれで独自の価値ある…

  30.  

    百年の歴史が込められた芋焼酎!独自製法「追麹」造りの本格焼酎『七窪 追麹造』

         

    百年の歴史――。文章に起こすと僅か五文字で済んでしまう事象であるが、「夏目漱石がいまだ存命で…

PAGE TOP