関係が近いからこそ、実態が見えなくなる家族の問題。親は高齢化し、子や孫は成長して何らかの闇を抱えていく。愛憎が交差する関係だからこそ、核心が見えない。探偵・山村佳子は「ここ数年、肉親を対象とした調査が激増しています」と語る。この連載では、探偵調査でわかった「家族の真実」について、紹介していく。

***

今回の依頼者・敏恵さん(仮名・60歳)は、半年前に定年退職後の夫(65歳)が、現役時代と変わらず外出を続けていることで浮気を疑い、私たちの事務所に相談にいらっしゃいました。

【これまでの経緯は前編で】

都心の単身向けマンションに入っていく

夫は敏恵さんがパートに出る朝8時には寝ている。用意しておいた食事をとり、敏恵さんがパートから帰って来る16時にはもうすでに家におらず、帰宅は敏恵さんが眠りについた深夜になる。

敏恵さんのパートがない日は朝8時には出てしまい、深夜まで帰宅しないとのこと。

そこで、敏恵さんのパートがない日を狙い、朝7時から張り込みを開始。敏恵さんが住んでいるのは、23区内郊外の高級高層マンション群です。ここは何度か調査に入ったのですが、管理組合の監視の目が厳しい。私たちは敷地全体の出入り口3か所に探偵を配置しました。

夫は7時45分に敷地から出てきました。地下鉄駅までかなりの早足で歩き、都心にある単身向けのマンションに入っていきます。

そして、昼の13時に出てきて、徒歩で向かったのは銀座の映画館。たった一人で映画鑑賞をして、再びかなりの距離を歩いて、個人営業の喫茶店へ。ママと顔なじみのようで、談笑しています。10分もしないうちに、40~50代程度の小柄でおしゃれな男性が入ってきました。

私たちも中に入ろうかと思いましたが、近くにコーヒーチェーンがあるのに、わざわざ常連だらけの喫茶店に入るのは、かなり警戒されてしまう。そこで外から待ちました。

この男性も結婚しているようで左手の薬指に指輪が光っています。マスクをはずしていたのですが、夫も男性もめちゃくちゃ楽しそうに話している。底抜けに明るい笑顔を浮かべていました。

30分ほど話して、会計をワリカンで済ませて出てきました。夫は再びマンションに戻り、次に出てきたのは19時。新宿二丁目にあるバーに入っていきました。ここは、常連以外にも門戸を開いている雰囲気で、私たちも後を追いました。

【再び、昼間の男性とカウンターで親し気に話していた 次のページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
10月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品