新着記事

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ

サラエヴォ市民の命をつないだ「希望のトンネル」|ボスニア・ヘルツェゴヴィナ民族紛争を振り返る

文・写真/晏生莉衣1990年代前半、壮絶な民族紛争が繰り広げられたボスニア・ヘルツェゴヴィナ…

美味しいものを美味しく食べたい|味覚障害と唾液の深い関係(前編)

味覚障害はなぜおこる?|味覚障害と唾液の深い関係

味覚障害についておいしく味わって食べることは人生の大きな喜びですね。そのためには丈夫な歯と顎、そ…

【ビジネスの極意】できる人のフリをする迷惑な人たち

【ビジネスの極意】できる人のフリをする迷惑な人たち

「仕事ができる人」と「仕事ができない人」は社内に確実に存在する。問題なのは「仕事ができない人」が自分…

クールビズでもノータイはちょっと…という人にリンクルカラーを推す理由

近年はクールビズが浸透し、夏場のノーネクタイが定着した感もありますが、シャツだけでは首元が淋…

世界中からプレスやソムリエなどが集まり、現在のシャンパーニュの最新の流れや傾向を知るため試飲を繰り返す。

小さな農家の生産者が造るオリジナルのシャンパーニュ|シャンパンの新潮流を味わう(フランス・ランス)

取材・文/鳥海美奈子フランスのシャンパーニュ地方では毎年、4月になると約1週間にわたり、「L…

姫路城

「日本の城」ランキング|名古屋城、松江城、犬山城が躍進!

日本国内に数多くある城。最近では城マニアも多く、城を訪れる人も多くなっている。そんな日本の城…

中高年のセカンドライフに関する意識調査

【私の理想のセカンドライフ】女性は「時間を気にせずゆっくりすごしたい」

新しい時代「令和」が幕を開けた。昭和、平成を生き抜いてきた中高年は、人生の後半(65歳以降)…

プロっぽい純銅製の玉子焼きで玉子焼き職人を目指すのだ!

日本料理店の厨房にしばしば常備されるのが、こんな銅製の玉子焼き器です。とはいえプロ専用と躊躇…

『チャーリー・パーカー・オン・ダイアル完全盤』(ダイアル)

マイケル・ジャクソンも歌ったジャズ名曲「オール・ザ・シングス・ユー・アー」の秘密|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道7】

第7回ジャズ・スタンダード必聴名曲(4)「オール・ザ・シングス・ユー・アー」文/池上信次今回…

『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』

1000駅走破した達人が推奨する「道の駅めぐり」という愉しみ|『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』

文/印南敦史文字どおり大型の10連休が終わり、しばらく祝日はおあずけとなる。次の連休が7…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  催し物についての記事一覧

  1.  

    モダンデザインの父、ウィリアム・モリスの軌跡を辿る展覧会

         

    取材・文/池田充枝英国の詩人でモダンデザインの父とも称されるウィリアム・モリス(1834~96)のデザインの世界を一堂に眺め渡せる展覧会《ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡》が、豊橋市美術博物館で開かれています(~20…

  2.  

    猫好き文士にちなんだ猫まみれの写真展《大佛次郎×ねこ写真展2018》

         

    取材・文/わたなべあや「鞍馬天狗」など軽妙洒脱な大衆文学や童話、エッセイの作家として知られる…

  3.  

    荘厳なる秘仏!葛井寺の国宝「千手観音菩薩坐像」が東京国立博物館に出陳

         

    取材・文/田中昭三東京国立博物館で開催中の『仁和寺と御室派のみほとけ―天平と真言密教…

  4.  

    知られざる滋賀の日本酒を堪能できるイベント『春の地酒まつり SHIGA’s BAR in 日本橋』

         

    文/編集部豊かな琵琶湖を擁する滋賀県は、伊吹・鈴鹿・比良・比叡といった山地を水源とする名水と…

  5.  

    江戸・寛永文化の雅な美を味わう展覧会《寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽》

         

    取材・文/池田充枝17世紀初め、江戸幕府が政権を確立すると泰平の時代が訪れました。時…

  6.  

    名コレクション空前絶後の展覧会《至上の印象派展ビュールレ・コレクション》

         

    取材・文/池田充枝ドイツに生まれ、スイスで後半生をすごしたエミール・ゲオルク・ビュールレ(1…

  7.  

    家呑みを楽しむ「現代の囲炉裏パーティー」に32名様をご招待

         

    文/編集部人と人との親密なコミュニケーションに欠かせないものといえば、食べることと飲むことだ…

  8.  

    奈良・薬師寺の2大名画が揃って公開《薬師寺の名画-板絵神像と長沢芦雪筆旧福寿院障壁画-》

         

    取材・文/池田充枝奈良・薬師寺は法相宗(ほっそうしゅう)の大本山。その創建は、白鳳時代に天武…

  9.  

    驚くほど鮮烈な錦絵!浮世絵師「歌川国貞」展、観賞のポイント

         

    取材・文/藤田麻希浮世絵師・歌川国貞(1786~1864)をご存じでしょうか。江戸時代後期か…

  10.  

    知られざる「御室派」の秘仏が一堂に会す展覧会《仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝-》

         

    取材・文/藤田麻希真言宗御室派(おむろは)の総本山である仁和寺(にんなじ)は、遅咲き…

  11.  

    ブリューゲル一族の名作を一挙に観賞《ブリューゲル展 画家一族150年の系譜》

         

    取材・文/池田充枝16世紀フランドルを代表する画家、ピーテル・ブリューゲル1世に始まり、15…

  12.  

    弾き語りの名手ジョン・ピザレリの『シナトラ&ジョビン』ライブ

         

    文/堀けいこ映画で、ラジオで、喫茶店で……。サライ世代は、長い時間をかけて、様々なシ…

  13.  

    大宮エリーと奈良「長谷寺」の荘厳な声明を聴くイベント

         

    奈良県桜井市にある長谷寺は、真言宗豊山派の総本山。像高約10メートルの日本最大の木造仏である…

  14.  

    マルチアーティスト小村雪岱の原画を堪能する展覧会 《小村雪岱 「雪岱調」のできるまで》

         

    取材・文/池田充枝小村雪岱(こむら・せったい、1887-1940)は、埼玉県川越市生まれ。1…

  15.  

    狩野派のいったい何が“革新的”だったのか?企画展《墨と金-狩野派の絵画-》

         

    取材・文/藤田麻希日本絵画の流派の一つである狩野派(かのうは)は、足利義政、織田信長、豊臣秀…

  16.  

    最後の浮世絵師・月岡芳年の展覧会《芳年―躍動の瞬間と永遠の美》

         

    取材・文/池田充枝浮世絵師・月岡芳年(1839-1892)は、江戸から明治へと変遷する時代に…

  17.  

    モネ、ピカソ、ムンク、ロートレック…世界の巨匠たちの青春時代の作品展

         

    取材・文/池田充枝どんな巨匠にも子ども時代があり、多感な青春時代がありました。モネ、ピカソ、…

  18.  

    名画で辿るパリジェンヌたちの美しき姿《ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち》

         

    取材・文/池田充枝近現代の世界のなかで常に流行をリードする、文化の花開く都パリ。そんな魅力あ…

  19.  

    希代の猫アート収集家のコレクションを展示《招き猫亭コレクション 猫まみれ展》

         

    取材・文/鈴木拓也謎多き猫アートのコレクター、招き猫亭をご存知だろうか。著書の『猫まみれ』(…

  20.  

    江戸時代に花開いたカラフルなやきもの「色絵」の魅力に迫る展覧会《色絵 Japan CUTE!》

         

    取材・文/池田充枝色絵(いろえ)は、古九谷・柿右衛門・鍋島といった磁器や、野々村仁清・尾形乾…

  21.  

    アラブの栄華を物語る文化財が集結!《アラビアの道ーサウジアラビア王国の至宝》展|

         

    アラビア半島は古代より交易で栄え、エジプトやギリシア、ローマなどの諸文明が交差する要所でもあった。…

  22.  

    鳥好き必見!鳥だらけの日本画展《国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング》

         

    取材・文/藤田麻希雪化粧した松の木が陽光を浴びて立っています。冬の凛とした空気感が伝…

  23.  

    夜の河|若く美しい染物職人と学者の恋を描く名画【サライ名画館】

         

    東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご…

  24.  

    智の巨人・南方熊楠の真の姿に迫る展覧会《南方熊楠-100年早かった智の人-》

         

    取材・文/池田充枝近年、関心が高まっている智の巨人・南方熊楠(みなかた・くまぐす、1867~…

  25.  

    東京駅で「鉄道絵画」の魅力にふれる展覧会《鉄道絵画発→ピカソ行》

         

    取材・文/池田充枝東京駅の丸の内駅舎が、建築家・辰野金吾(たつの・きんご)の設計によ…

  26.  

    “超俗の画家“熊谷守一の意外にも緻密な一面を紐解く展覧会「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」

         

    取材・文/藤田麻希熊谷守一(くまがい・もりかず)は、花や鳥や昆虫、景色などを、美しい色彩と単…

  27.  

    春日大社の国宝の太刀に猫好きがほっこりする理由【にゃんこサライ特別編9】[PR]

         

    文/一乗谷かおり奈良の春日大社に、猫好きがほっこりさせられる宝物があります。国宝に指定されて…

  28.  

    奈良・長谷寺に伝わる荘厳な宗教音楽「声明(しょうみょう)」を聴く会

         

    「声明(しょうみょう)」とは、インドに端を発する、仏典(お経)に節をつけた宗教音楽です。真言…

  29.  

    日本画壇に革新をもたらした三人の画家「日本画三山」の展覧会

         

    取材・文/池田充枝杉山寧、髙山辰雄、東山魁夷。同じ山の字のつく三人の画家は、戦後の日本画壇に…

  30.  

    日本を愛した画家・川合玉堂の癒しの風景画を愛でる展覧会

         

    取材・文/藤田麻希自然をこよなく愛し、日本の山河とそのなかで生活を営む人々を描き続けた日本画…

PAGE TOP