新着記事

欅のこぶ付き指圧棒|絶妙な具合でツボを刺激する天然木の指圧棒

指圧、叩き、腰のマッサージといった3通りの使い方ができる、国産材で作った指圧棒である。…

最終的に色付けをしてできあがり ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭りアーティストとはいったい何?

文・写真/田川敬子(海外書き人クラブ/スペイン在住ライター)3月になりバレンシアは色めき立っ…

クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~) 初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石畳スペースに一挙集結! 元町商店街とクラウンがコラボした「クラウンDay at Motomachi」![PR]

観音開きドアの初代クラウンから現行型クラウンまで15台が勢ぞろい2月23日(土)・24日(日…

【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方

月に行く、と宣言して話題になったファッション通販サイトの社長がいるが、その方よりももっと以前…

膝や腰の痛み、原因は足の形かも 甲高や扁平だと、なぜひざや腰に負担がかかるのか?|「足の形」が原因の膝や腰の痛み

取材・文/渡辺陽原因不明のひざの痛みや腰痛に何年も悩まされていませんか。病院で詳しく…

メイドイン京都の小さなおりん|澄んだ音色が心地よい手のひらサイズのおりんセット

一度叩けば余韻が長く、高く澄んだ音色が耳に心地よい。「佐波理」という銅と錫の合金で作られた、…

黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほどの痛快さ|黒澤明『用心棒』【面白すぎる日本映画 第28回】

文・絵/牧野良幸今回は黒澤明の『用心棒』ある。名作ばかりの黒澤映画の中でも、おそらく『七…

日本リメイク版『24』ジャック・バウアー役を演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 日本リメイク版『24』ジャック・バウアーを演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は?

日本でも大ヒットしたアメリカのTVシリーズ「24」が、来年日本でリメイクされるという。ドラマ内で…

被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】

■預金通帳やキャッシュカードを焼失した場合の取扱い災害に遭い、急いで避難しなければならない場合、…

出雲黒柿の香筒|柿の古木が生む超希少な材を使った伝統の逸品

柿の古木のなかで黒い紋様が現れた材を「黒柿」と呼ぶ。黒柿はどの木にも出てくるものではなく、貴…

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

  1. 名画で辿るパリジェンヌたちの美しき姿《ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち》

    取材・文/池田充枝近現代の世界のなかで常に流行をリードする、文化の花開く都パリ。そんな魅力あふれる街に生きる女性が、パリジェンヌです。サロンを仕切る知的な女主人、子どもを慈しむ美しい母、流行を生み出すファッショニスタ、画家の…

  2. 希代の猫アート収集家のコレクションを展示《招き猫亭コレクション 猫まみれ展》

    取材・文/鈴木拓也謎多き猫アートのコレクター、招き猫亭をご存知だろうか。著書の『猫まみれ』(…

  3. 江戸時代に花開いたカラフルなやきもの「色絵」の魅力に迫る展覧会《色絵 Japan CUTE!》

    取材・文/池田充枝色絵(いろえ)は、古九谷・柿右衛門・鍋島といった磁器や、野々村仁清・尾形乾…

  4. アラブの栄華を物語る文化財が集結!《アラビアの道ーサウジアラビア王国の至宝》展|

    アラビア半島は古代より交易で栄え、エジプトやギリシア、ローマなどの諸文明が交差する要所でもあった。…

  5. 鳥好き必見!鳥だらけの日本画展《国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング》

    取材・文/藤田麻希雪化粧した松の木が陽光を浴びて立っています。冬の凛とした空気感が伝…

  6. 夜の河|若く美しい染物職人と学者の恋を描く名画【サライ名画館】

  7. 智の巨人・南方熊楠の真の姿に迫る展覧会《南方熊楠-100年早かった智の人-》

  8. 東京駅で「鉄道絵画」の魅力にふれる展覧会《鉄道絵画発→ピカソ行》

  9. “超俗の画家“熊谷守一の意外にも緻密な一面を紐解く展覧会「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」

  10. 春日大社の国宝の太刀に猫好きがほっこりする理由【にゃんこサライ特別編9】[PR]

  11. 奈良・長谷寺に伝わる荘厳な宗教音楽「声明(しょうみょう)」を聴く会

  12. 日本画壇に革新をもたらした三人の画家「日本画三山」の展覧会

  13. 日本を愛した画家・川合玉堂の癒しの風景画を愛でる展覧会

  14. 「庭園画」に描かれた庭園と現状の庭園とを比べてみる楽しみ

  15. 古今亭志ん輔がトリで『お見立て』を口演!「第76回人形町らくだ亭」は2月5日開催

  16. 日本画壇の実力派たちによる「知られざる傑作」33点が足立美術館で展観中

  17. 江戸の大名庭園『六義園』の昔と今を「庭園画」で比較してみた

  18. 失われた江戸の名園たちが眼前に!美しき「庭園画」の世界展

  19. ジャズ歌の女王エラが愛した名曲をパティ・オースティンが歌うライブ

  20. 仁清と乾山、京のやきものを牽引した2人の展覧会

  21. 六本木「ジムビームヒルズバー」で”特別なハイボール”を味わう

  22. 技巧を駆使した精緻な「刀装具」の名品を堪能できる展覧会

  23. アンセル・アダムスの美しく崇高な風景写真を堪能する展覧会

  24. 日本画家・堀文子さん99 歳、描き続ける「いのち」の軌跡

  25. 四十八歳の抵抗|人生の盛りを終えようとする男の焦りが切ない【サライ名画館】

  26. 若冲や応挙も学んだ中国・明清絵画の名品を味わう展覧会

  27. 狩野芳崖と四天王|近代日本画の父と弟子たちの知られざる画業

  28. “綺想の皇帝”ルドルフ2世の驚異の世界を味わう展覧会

  29. 風景画の巨匠ターナーの傑作を世界中から集めた展覧会

  30. 葛飾北斎と西洋の芸術家たちの夢の共演『北斎とジャポニスム』展

PAGE TOP