新着記事

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

バーベキューといえば、炭を敷いた上に網を置いて、食材を載せて焼くのが常識。でもそれだと場所も…

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)クラシックのコンサートは退屈と…

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

取材・文/坂口鈴香中野美佐さん(仮名・42)さんの母親は60歳を過ぎたころ「アルツハ…

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

取材・文/坂口鈴香政府は、2015年に策定した「認知症施策推進総合戦略(新オレン…

アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル

デジタルデトックスができる!世界のリトリートホテル6選

旅先でウェルネスを求めるグローバルトレンドの高まりに伴い、日本でもデトックス…

源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。【企画展 はじめての古美術鑑賞―絵画のテーマ】

取材・文/藤田麻希昨今の日本美術ブームで、美術館に出かけるかたは多いのではないでしょうか。何…

足裏が心地よいモダンな牛革草履で颯爽と街を歩いてみたら?

天面に牛革(スエード)が張られた、モダンで小粋な草履です。滑らかなスエードの感触に加え、土踏…

茶摘み体験

大人が満足する社会見学4選【静岡県】|ヤマハ楽器ミュージアム、電車の転車台体験、うなぎパイファクトリー、茶摘み

取材・文/末原美裕子どもの頃の社会科見学は何もかもが新鮮な光景でしたが、道理の分かっ…

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家…

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ昭和、平成と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族か…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  催し物についての記事一覧

  1.  

    智の巨人・南方熊楠の真の姿に迫る展覧会《南方熊楠-100年早かった智の人-》

         

    取材・文/池田充枝近年、関心が高まっている智の巨人・南方熊楠(みなかた・くまぐす、1867~1941)の生涯と足跡を分かりやすく紹介する展覧会『南方熊楠-100年早かった智の人-』が、東京・上野の国立科学博物館で開かれています(~2…

  2.  

    東京駅で「鉄道絵画」の魅力にふれる展覧会《鉄道絵画発→ピカソ行》

         

    取材・文/池田充枝東京駅の丸の内駅舎が、建築家・辰野金吾(たつの・きんご)の設計によ…

  3.  

    “超俗の画家“熊谷守一の意外にも緻密な一面を紐解く展覧会「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」

         

    取材・文/藤田麻希熊谷守一(くまがい・もりかず)は、花や鳥や昆虫、景色などを、美しい色彩と単…

  4.  

    春日大社の国宝の太刀に猫好きがほっこりする理由【にゃんこサライ特別編9】[PR]

         

    文/一乗谷かおり奈良の春日大社に、猫好きがほっこりさせられる宝物があります。国宝に指定されて…

  5.  

    奈良・長谷寺に伝わる荘厳な宗教音楽「声明(しょうみょう)」を聴く会

         

    「声明(しょうみょう)」とは、インドに端を発する、仏典(お経)に節をつけた宗教音楽です。真言…

  6.  

    日本画壇に革新をもたらした三人の画家「日本画三山」の展覧会

         

    取材・文/池田充枝杉山寧、髙山辰雄、東山魁夷。同じ山の字のつく三人の画家は、戦後の日本画壇に…

  7.  

    日本を愛した画家・川合玉堂の癒しの風景画を愛でる展覧会

         

    取材・文/藤田麻希自然をこよなく愛し、日本の山河とそのなかで生活を営む人々を描き続けた日本画…

  8.  

    「庭園画」に描かれた庭園と現状の庭園とを比べてみる楽しみ

         

    取材・文/田中昭三「庭園画」とは、読んで字のごとく、日本庭園を描いた絵画のことをいう。江戸時…

  9.  

    古今亭志ん輔がトリで『お見立て』を口演!「第76回人形町らくだ亭」は2月5日開催

         

    文/編集部古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会…

  10.  

    日本画壇の実力派たちによる「知られざる傑作」33点が足立美術館で展観中

         

    文/編集部かつて国内外で高い評価を受けながら、今日では一般の人にあまり知られていない日本画家…

  11.  

    江戸の大名庭園『六義園』の昔と今を「庭園画」で比較してみた

         

    取材・文/田中昭三江戸時代、100万都市の江戸は世界に冠たる庭園都市だった。なぜなら…

  12.  

    失われた江戸の名園たちが眼前に!美しき「庭園画」の世界展

         

    取材・文/田中昭三江戸時代、100万人都市の江戸には1000邸近い大名屋敷があり、そのほとん…

  13.  

    ジャズ歌の女王エラが愛した名曲をパティ・オースティンが歌うライブ

         

    文/堀けいこジャズの世界には、いつの時代にも人々を魅了する女性ヴォーカリストがいるが…

  14.  

    仁清と乾山、京のやきものを牽引した2人の展覧会

         

    取材・文/藤田麻希京都でつくられた陶器である京焼は、桃山時代の後半に開かれました。当時は茶の…

  15.  

    六本木「ジムビームヒルズバー」で”特別なハイボール”を味わう

         

    取材・文/編集部北風が吹くなか、六本木ヒルズを歩いていたら、ホットな看板を発見。「好…

  16.  

    技巧を駆使した精緻な「刀装具」の名品を堪能できる展覧会

         

    取材・文/藤田麻希鐔(つば)、縁(ふち)、頭(かしら)など、刀の外装部分に使われてい…

  17.  

    アンセル・アダムスの美しく崇高な風景写真を堪能する展覧会

         

    取材・文/池田充枝アンセル・アダムス(1902-1984)は、1920年代後半から約60年に…

  18.  

    日本画家・堀文子さん99 歳、描き続ける「いのち」の軌跡

         

    取材・文/角山祥道自然と「いのち」を描き続ける日本画家・堀文子さんは今夏、99歳となった。世…

  19.  

    四十八歳の抵抗|人生の盛りを終えようとする男の焦りが切ない【サライ名画館】

         

    東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご…

  20.  

    若冲や応挙も学んだ中国・明清絵画の名品を味わう展覧会

         

    取材・文/藤田麻希日本の美術は、その時代ごとに、中国や朝鮮など大陸の美術の影響を受け…

  21.  

    狩野芳崖と四天王|近代日本画の父と弟子たちの知られざる画業

         

    取材・文/池田充枝近代日本画の黎明期を代表する画家、狩野芳崖(かのう・ほうがい 1828-1…

  22.  

    “綺想の皇帝”ルドルフ2世の驚異の世界を味わう展覧会

         

    取材・文/池田充枝16世紀末から17世紀初頭にかけて、プラハに宮廷を構え、神聖ローマ帝国皇帝…

  23.  

    風景画の巨匠ターナーの傑作を世界中から集めた展覧会

         

    取材・文/池田充枝風景画の巨匠ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775-1…

  24.  

    葛飾北斎と西洋の芸術家たちの夢の共演『北斎とジャポニスム』展

         

    取材・文/藤田麻希江戸時代、鎖国政策のため日本と西洋世界の交流は限られていましたが、19世紀半ば…

  25.  

    第69回正倉院展|西域伝来、聖武天皇ゆかりの御物が一般公開中

         

    取材・文/池田充枝奈良・平安時代の中央・地方の官庁や大寺には、重要物品を納める「正倉」が設け…

  26.  

    怖い絵展|思わず背筋がゾッとする怖い絵ばかりの展覧会

         

    取材・文/池田充枝2007年、作家でドイツ文学者の中野京子氏が出版した『怖い絵』(朝…

  27.  

    生きているかのようなリアルさに驚愕!動物画の名手・木島櫻谷展

         

    取材・文/池田充枝明治から昭和にかけて活躍した、京都の日本画家・木島櫻谷(このしま・おうこく…

  28.  

    19世紀末パリの優雅で瀟洒なグラフィック・アートを集めた展覧会

         

    取材・文/藤田麻希トゥールーズ・ロートレックという画家をご存じでしょうか。名前を知らないとい…

  29.  

    長沢芦雪展|独創的で型破りな作品を生み出した奇想の画家の展覧会

         

    取材・文/藤田麻希巨大な虎が襖から飛び出すかのように、こちらに向かって足を踏み出しま…

  30.  

    祝80歳!ベースの巨匠ロン・カーターの円熟の極みを聴くライブ

         

    文/堀けいこ今年5月に80歳の誕生日を迎えたロン・カーター。最も有名なジャズ・ベーシ…

PAGE TOP