新着記事

トヨタ センチュリー|匠の技が磨き上げた美と品格をまとう国産車【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家) 撮影/佐藤靖彦初代の登場は1967年。お抱え運転手が運転…

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

発売中の『サライ』1月号で掲載している「マカオ美味紀行」の記事について、記事のご感想、もしくはマカオ…

マジック 街を歩けばカフェに当たる!? コーヒーの街メルボルンで極上の一杯を堪能。

文・写真/南野真琴(海外書き人クラブ/オーストラリア在住ライター)オーストラリア南東部に位置…

マカオ美味紀行|東西文明の出合いが生んだ比類なき味覚を旅する[PR]

約500年前の大航海時代が繁栄をもたらしたマカオ。2005年にユネスコの世界文化遺産となり、2017…

【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる? 【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる?

部下が思ったような結果を出してくれない。それは部下とのコミュニケーションに問題があるのかもし…

知っておきたい医療にかかるお金 大きな手術などの医療費負担が抑えられる「高額療養費制度」|知っておきたい医療にかかるお金

60代、70代ともなると、多かれ少なかれ体調面での心配事が出てくるものです。これから増えるかもし…

サライ1月号|特集は日本酒とかけ蕎麦、付録は光琳ブランケットです

文/編集部今号のサライは創刊29周年特大号の第4弾。毎年恒例「日本酒」の大特集に、「かけ蕎麦…

「春日若宮御祭礼絵巻 上巻」 春日大社蔵 奈良の歳末を彩るおん祭【特別陳列 おん祭と春日信仰の美術―特集 大宿所―】

取材・文/池田充枝春日若宮おん祭は、奈良の歳末を飾る祭事として、人々に親しまれています。…

越前がにだけじゃない!食べに行きたい福井県の美味いもの5つ

取材・文/編集部北陸・福井県の美味いものといえば、なんといっても「越前がに」が名高いが、じつ…

ポルトギーゼ クロノグラフ 一生使える高級腕時計|スイス時計の伝統と技術が息づく「IWC」5選

文/安藤政弘スイス時計の伝統を受け継ぎながら、創業時より150年にわたり、革新性の満ちたタイ…

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

  1. 最後の浮世絵師・月岡芳年の展覧会《芳年―躍動の瞬間と永遠の美》

    取材・文/池田充枝浮世絵師・月岡芳年(1839-1892)は、江戸から明治へと変遷する時代に活躍した絵師です。浮世絵の需要が失われつつあった当時において、最も大成した絵師であることから「最後の浮世絵師」と称され、人々を魅了し続けてい…

  2. モネ、ピカソ、ムンク、ロートレック…世界の巨匠たちの青春時代の作品展

    取材・文/池田充枝どんな巨匠にも子ども時代があり、多感な青春時代がありました。モネ、ピカソ、…

  3. 名画で辿るパリジェンヌたちの美しき姿《ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち》

    取材・文/池田充枝近現代の世界のなかで常に流行をリードする、文化の花開く都パリ。そんな魅力あ…

  4. 希代の猫アート収集家のコレクションを展示《招き猫亭コレクション 猫まみれ展》

    取材・文/鈴木拓也謎多き猫アートのコレクター、招き猫亭をご存知だろうか。著書の『猫まみれ』(…

  5. 江戸時代に花開いたカラフルなやきもの「色絵」の魅力に迫る展覧会《色絵 Japan CUTE!》

    取材・文/池田充枝色絵(いろえ)は、古九谷・柿右衛門・鍋島といった磁器や、野々村仁清・尾形乾…

  6. アラブの栄華を物語る文化財が集結!《アラビアの道ーサウジアラビア王国の至宝》展|

  7. 鳥好き必見!鳥だらけの日本画展《国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング》

  8. 夜の河|若く美しい染物職人と学者の恋を描く名画【サライ名画館】

  9. 智の巨人・南方熊楠の真の姿に迫る展覧会《南方熊楠-100年早かった智の人-》

  10. 東京駅で「鉄道絵画」の魅力にふれる展覧会《鉄道絵画発→ピカソ行》

  11. “超俗の画家“熊谷守一の意外にも緻密な一面を紐解く展覧会「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」

  12. 春日大社の国宝の太刀に猫好きがほっこりする理由【にゃんこサライ特別編9】[PR]

  13. 奈良・長谷寺に伝わる荘厳な宗教音楽「声明(しょうみょう)」を聴く会

  14. 日本画壇に革新をもたらした三人の画家「日本画三山」の展覧会

  15. 日本を愛した画家・川合玉堂の癒しの風景画を愛でる展覧会

  16. 「庭園画」に描かれた庭園と現状の庭園とを比べてみる楽しみ

  17. 古今亭志ん輔がトリで『お見立て』を口演!「第76回人形町らくだ亭」は2月5日開催

  18. 日本画壇の実力派たちによる「知られざる傑作」33点が足立美術館で展観中

  19. 江戸の大名庭園『六義園』の昔と今を「庭園画」で比較してみた

  20. 失われた江戸の名園たちが眼前に!美しき「庭園画」の世界展

  21. ジャズ歌の女王エラが愛した名曲をパティ・オースティンが歌うライブ

  22. 仁清と乾山、京のやきものを牽引した2人の展覧会

  23. 六本木「ジムビームヒルズバー」で”特別なハイボール”を味わう

  24. 技巧を駆使した精緻な「刀装具」の名品を堪能できる展覧会

  25. アンセル・アダムスの美しく崇高な風景写真を堪能する展覧会

  26. 日本画家・堀文子さん99 歳、描き続ける「いのち」の軌跡

  27. 四十八歳の抵抗|人生の盛りを終えようとする男の焦りが切ない【サライ名画館】

  28. 若冲や応挙も学んだ中国・明清絵画の名品を味わう展覧会

  29. 狩野芳崖と四天王|近代日本画の父と弟子たちの知られざる画業

  30. “綺想の皇帝”ルドルフ2世の驚異の世界を味わう展覧会

PAGE TOP