新着記事

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ

サラエヴォ市民の命をつないだ「希望のトンネル」|ボスニア・ヘルツェゴヴィナ民族紛争を振り返る

文・写真/晏生莉衣1990年代前半、壮絶な民族紛争が繰り広げられたボスニア・ヘルツェゴヴィナ…

美味しいものを美味しく食べたい|味覚障害と唾液の深い関係(前編)

味覚障害はなぜおこる?|味覚障害と唾液の深い関係

味覚障害についておいしく味わって食べることは人生の大きな喜びですね。そのためには丈夫な歯と顎、そ…

【ビジネスの極意】できる人のフリをする迷惑な人たち

【ビジネスの極意】できる人のフリをする迷惑な人たち

「仕事ができる人」と「仕事ができない人」は社内に確実に存在する。問題なのは「仕事ができない人」が自分…

クールビズでもノータイはちょっと…という人にリンクルカラーを推す理由

近年はクールビズが浸透し、夏場のノーネクタイが定着した感もありますが、シャツだけでは首元が淋…

世界中からプレスやソムリエなどが集まり、現在のシャンパーニュの最新の流れや傾向を知るため試飲を繰り返す。

小さな農家の生産者が造るオリジナルのシャンパーニュ|シャンパンの新潮流を味わう(フランス・ランス)

取材・文/鳥海美奈子フランスのシャンパーニュ地方では毎年、4月になると約1週間にわたり、「L…

姫路城

「日本の城」ランキング|名古屋城、松江城、犬山城が躍進!

日本国内に数多くある城。最近では城マニアも多く、城を訪れる人も多くなっている。そんな日本の城…

中高年のセカンドライフに関する意識調査

【私の理想のセカンドライフ】女性は「時間を気にせずゆっくりすごしたい」

新しい時代「令和」が幕を開けた。昭和、平成を生き抜いてきた中高年は、人生の後半(65歳以降)…

プロっぽい純銅製の玉子焼きで玉子焼き職人を目指すのだ!

日本料理店の厨房にしばしば常備されるのが、こんな銅製の玉子焼き器です。とはいえプロ専用と躊躇…

『チャーリー・パーカー・オン・ダイアル完全盤』(ダイアル)

マイケル・ジャクソンも歌ったジャズ名曲「オール・ザ・シングス・ユー・アー」の秘密|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道7】

第7回ジャズ・スタンダード必聴名曲(4)「オール・ザ・シングス・ユー・アー」文/池上信次今回…

『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』

1000駅走破した達人が推奨する「道の駅めぐり」という愉しみ|『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』

文/印南敦史文字どおり大型の10連休が終わり、しばらく祝日はおあずけとなる。次の連休が7…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  催し物についての記事一覧

  1.  

    デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京に登場!

         

    文/堀けいこ1920年代半ばから半世紀にわたり、自身のオーケストラを率いて精力的に活動し続けたデューク・エリントン。「A列車で行こう」「スイングしなけりゃ意味ないね」「キャラバン」など、すでにスタンダート化し、数多くのミュージシャン…

  2.  

    徳川家康ゆかりの本願寺寺宝が関東初公開!《本願寺・寺宝展「東本願寺と江戸幕府」》

         

    取材・文/池田充枝今を遡ること400年、豊臣秀吉により本願寺法主の座を奪われた教如(…

  3.  

    画業100年!105歳の美術家・篠田桃紅の挑戦の全貌を見る《篠田桃紅 とどめ得ぬもの 墨のいろ 心のかたち》展

         

    取材・文/池田充枝ニューズウィーク誌の「世界が尊敬する日本人100人」(2005年)にも選ば…

  4.  

    神秘的かつ優美な中国磁器の真髄を見る《宋磁 神秘のやきもの》展

         

    取材・文/池田充枝悠久の歴史を有する中国陶磁のなかで、宋時代(960-1279)にはその美し…

  5.  

    南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

         

    取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

  6.  

    なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

         

    取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

  7.  

    誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

         

    取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

  8.  

    京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

         

    京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

  9.  

    林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

         

    文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

  10.  

    【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

  11.  

    面白すぎる江戸の滑稽絵を集めた展覧会《江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで》展

         

    取材・文/池田充枝戯画や漫画を「鳥羽絵」と称しますが、狭義には18世紀に大坂を中心に流行した…

  12.  

    旅情をそそる巨匠たちの傑作風景画が来日《プーシキン美術館展―旅するフランス風景画》展

         

    取材・文/池田充枝モスクワのプーシキン美術館は、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館と…

  13.  

    戦禍を免れた「奇跡のネガ」277枚に写っていた80年前の沖縄の姿《よみがえる沖縄1935》展

         

    偶然発見された写真に映し出された、80年前の沖縄の姿。笑顔に包まれた人々の豊かな暮らしと平和がそこに…

  14.  

    無類の猫好き画家が描いた、愛すべき猫たちの姿《猪熊弦一郎展 猫たち》

         

    取材・文/藤田麻希香川県出身の画家、猪熊弦一郎をご存知でしょうか。1902年に生まれ、東京、…

  15.  

    上村松園の最高傑作《序の舞》が修理後初公開!「東西美人画の名作《序の舞》への系譜」展

         

    取材・文/池田充枝上村松園(うえむら・しょうえん)の作品の中で最も人気の高い《序の舞》は、昭…

  16.  

    美しき「裸体画」ばかりの展覧会《ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより》

         

    取材・文/池田充枝大英博物館やナショナル・ギャラリーなどと並ぶ、英国を代表する国立美術館のひ…

  17.  

    佐竹本三十六歌仙「藤原興風」が初公開!メナード美術館《ひと 人・顔・姿》展

         

    取材・文/池田充枝人の顔や姿には豊かな個性があふれています。また作家の個性によって人…

  18.  

    「現代の囲炉裏」でワイワイ楽しむ!日本酒 家呑み パーティ講座【サライ読者イベント特別レポート】

         

    【サライ読者イベント 特別レポート】「現代の囲炉裏」でワイワイ楽しむ日本酒 家呑み パー…

  19.  

    プーシキン美術館展を閉館後にゆったり楽しめるプレミアム鑑賞会

         

    来たる4 月 14 日(土)~ 7 月 8 日(日)にかけて、東京・上野の東京都美術館にて「…

  20.  

    江戸の絵師たちが追求した不思議な現実《リアル 最大の奇抜》展

         

    取材・文/藤田麻希古来、日本の絵画は、奥行や陰影を表すことに、さほど重きを置いてきませんでし…

  21.  

    御年80歳、日本が世界に誇る人形作家「与 勇輝」創作人形の集大成

         

    取材・文/池田充枝日本が世界に誇る人形作家・与 勇輝(あたえ・ゆうき)の、半世紀にわたる創作…

  22.  

    大阪・中之島に日本美術の美術館「中之島香雪美術館」が誕生!《珠玉の村山コレクション》展

         

    取材・文/池田充枝1973年、朝日新聞社の創業者である村山龍平(1850-1933)が遺した…

  23.  

    【第77回人形町らくだ亭】4月2日開催|柳家小満んが『強飯の女郎買い』を口演

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。2018年4月の第77回公演では、柳家小満ん師匠が主任…

  24.  

    日本浮世絵史上の二大巨頭が夢の饗宴《北斎と広重 冨嶽三十六景と東海道五十三次》

         

    取材・文/池田充枝日本の浮世絵史上の二大巨頭、北斎と広重は同時代に活躍した絵師でした。…

  25.  

    知られざる日本画家・木島櫻谷の徹底した写生の技に瞠目《木島櫻谷 近代動物画の冒険》展

         

    取材・文/藤田麻希明治から昭和にかけて、京都を拠点に活動した日本画家・木島櫻谷(このしまおう…

  26.  

    レサワで乾杯!「レモンサワーフェスティバル2018」が全国7都市で開催

         

    文/編集部みなさんは、居酒屋でどんなお酒を好んで飲むだろうか? ビール? 焼酎? そ…

  27.  

    黒の画家ルドンの色彩豊かな明るい世界を発見《ルドン―秘密の花園》展

         

    取材・文/藤田麻希オディロン・ルドン(1840-1916)といえば、不思議な生物が登場するモ…

  28.  

    スペインが誇る美の殿堂「プラド美術館」の至宝を堪能《プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光》

         

    取材・文/池田充枝スペインのマドリードにあるプラド美術館は、スペイン王室の収集品を核…

  29.  

    白隠禅師の書画が故郷静岡に結集!展覧会《駿河の白隠さん》

         

    取材・文/藤田麻希禅宗の始祖、達磨がダイナミックに描かれたこの《達磨図》。一般的な達磨図に比…

  30.  

    京都ゆかりの雛人形たちが華やかに並ぶ展覧会《雛まつりと人形》

         

    取材・文/池田充枝季節の変わり目である節(せち)の祝いをする日「節供(せっく)」は、…

PAGE TOP