ドイツ生まれの美術商、ハインツ・ベルクグリューンは自分のための作品購入を晩年まで続け、世界有数の個人コレクションを作り上げました。後年ドイツ政府が買い上げ、現在はベルリン国立ベルクグリューン美術館となったベルクグリューンのコレクションが、この秋来日します。(2023年1月22日まで)

パブロ・ピカソ《黄色のセーター》
1939年
ベルリン国立ベルクグリューン美術館
日本初公開
(C)Museum Berggruen-Nationalgalerie,SMB / bpk / Roman März (C)2022-Succession Pablo Picasso-BCF(JAPAN)

本展の見どころを、広報事務局の担当者にうかがいました。

「ベルクグリューンのコレクションの特徴は、彼が最も敬愛した同時代の4人、ピカソ、クレー、マティス、ジャコメッティの作品に重点を置いているところです。

アンリ・マティス《雑誌『ヴェルヴ』第4巻13号の表紙図案》
1943年
ベルリン国立ベルクグリューン美術館、ベルクグリューン家より寄託
日本初公開
(C)Private Collection,on loan to Museum Berggruen-Nationalgalerie,Staatliche Museen zu Berlin / bpk / Jens Ziehe
アルベルト・ジャコメッティ《ヴェネツィアの女 Ⅳ》
1956年
ベルリン国立ベルクグリューン美術館
(C)Museum Berggruen-Nationalgalerie,SMB / bpk / Jens Ziehe

今回の展覧会は、個性的で傑出したコレクションから精選した97点に加えて、日本の国立美術館の所蔵・寄託作品11点の合計108点で構成。

パブロ・ピカソ《緑色のマニキュアをつけたドラ・マール》
1936年
ベルリン国立ベルクグリューン美術館
日本初公開
(C)Museum Berggruen-Nationalgalerie,SMB / bpk / Jens Ziehe (C) 2022-Succession Pablo Picasso-BCF(JAPAN)

同館の設立後、館外でまとめてコレクションを紹介する展覧会は今回が初めてで、なかでも、ベルクグリューンが購入に力を注いだピカソ作品は全体の約半数を占め、そのうち35点が日本初公開です」

パウル・クレー《中国の磁器》
1923年
ベルリン国立ベルクグリューン美術館
日本初公開
(C)Museum Berggruen-Nationalgalerie,SMB / bpk / Jens Ziehe

ベルクグリューンの熱い思いがこもった作品群を、会場でご堪能ください。

【開催要項】
ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
会期:2022年10月8日(土)~2023年1月22日(日)
会場:国立西洋美術館
住所:東京都台東区上野公園7-7
電話:050・5541・8600(ハローダイヤル)
開館時間:9時30分から17時30分まで、金・土曜日は20時まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(ただし10月10日、1月2日、1月9日は開館)、10月11日(火)、12月30日(金)~1月3日(火)、1月10日(火)
展覧会公式サイト:https://picasso-and-his-time.jp/
料金:公式サイト参照
アクセス:公式サイト参照
巡回:大阪・国立国際美術館(2023年2月4日~5月21日)

取材・文/池田充枝

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
12月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店