取材・文/池田充枝

E. H. シェパード『絵本 クマのプーさん』原画 1965年

1926年、イギリス人作家、A. A. ミルンが子ども向けに描いた『クマのプーさん』(Winnie-the-Pooh)は、少年クリストファー・ロビンのクマのぬいぐるみプーと仲間たちが過ごす日常が、E. H. シェパードの挿画を交えて綴られ人気を博しました。

1924年から1928年に刊行された『プー横丁にたった家』と、詩集『クリストファー・ロビンのうた』、同じく詩集『クマのプーさんとぼく』の計4冊によるプーさんシリーズは多言語で翻訳されて世界中に愛読者をもち、その人気は今も衰えることはありません。

『クマのプーさん プー横丁にたった家』
(A. A. ミルン作、石井桃子訳、E. H. シェパード絵、岩波書店)

この秋、クマのプーさんの物語世界を広く紹介する展覧会が開かれています。(11月27日まで)

本展の見どころを、名古屋市美術館の広報担当者にうかがいました。

「本展は、シェパードが出版社のダットン社のために1950~60年代に描いた挿絵の原画約100点とミルンの言葉で、クマのプーさんの物語世界を辿ります。

E. H. シェパード『The Pooh Cook Book』原画 1969年

会場は、物語の舞台である「百町森(100 エーカーの森)」にさまがわりします。草木や風、水を想起させる特別な空間のなかで、原画を物語や詩とともに堪能し、クリストファー・ロビンとプーや仲間たちが過ごした「夢のような時間」を体験する場となります」

E. H. シェパード『クマのプーさん プー横丁にたった家』原画 1957年

会場で、あなたも100エーカーの森(アッシュダウンの森)に行ってみませんか!!

2022年の「アッシュダウンの森」(100エーカーの森)
Photo:Kanon Okamoto

特別展「クマのプーさん」展
会期:2022年10月8日(土)~11月27日(日)
会場:名古屋市美術館
住所:名古屋市中区栄2-17-25(芸術と科学の杜・白川公園内)
電話:052・212・0001
開館時間:9時30分から17時まで、金曜日は20時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし10月10日は開館)、10月11日(火)
展覧会公式サイト:https://pooh-nagoya.jp
料金:公式サイト参照
アクセス:公式サイト参照

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
12月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店