Search results for - 漱石と明治人のことば

  1. 「ただおもしろくけふもくらしつ」(徳川慶喜)【漱石と明治人のことば5】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。【今日のことば】「とりわきていふべきふしはあらねど…

  2. 「君、年始をやめて雑煮を食いにこぬか」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば4】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  3. 「普通の人間が、いざという間際に急に悪人に変わるから恐ろしい」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば3】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  4. 「人間には上等中等下等がある」(森鴎外)【漱石と明治人のことば2】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  5. 「すべての人間は、恥をかくために生まれてきた」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば1】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  6. 森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

  7. 中勘助が幼少期に使っていた銀の匙【文士の逸品No.38】

  8. 林芙美子が出版記念品として配った灰皿【文士の逸品No.37】

  9. 音楽好きの宮澤賢治が奏でたチェロ【文士の逸品No.36】

  10. 文士・尾崎士郎が履いていた奇妙な下駄【文士の逸品No.35】

  11. 『風立ちぬ』作者・堀辰雄の心を癒した蓄音機【文士の逸品No.35】

  12. 作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

  13. 無類の河童好き作家・火野葦平が愛でていた石像【文士の逸品No.32】

  14. 愛の遍歴を重ねた文士・永井荷風自作の偏奇な蚊遣り【文士の逸品No.31】

  15. クラシック音楽を愛し抜いた文士・野村胡堂が愛用した蓄音機【文士の逸品No.30】

  16. 作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

  17. 競輪マニアだった坂口安吾の愛用のストップウォッチ【文士の逸品No.28】

  18. 作家・三浦綾子が病床で愛用していた手鏡【文士の逸品No.27】

  19. 夏目漱石が英国留学中に使っていた旅行ガイドブック【文士の逸品No.26】

  20. 夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

  21. 文豪・夏目漱石が書き残した2冊の日記帳【文士の逸品No.24】

  22. 文豪・夏目漱石が愛用していた英国製の万年筆【文士の逸品No.23】

  23. 画才もあった文学者・佐藤春夫が愛用した絵の具箱【文士の逸品No.22】

  24. 谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】

  25. 野球好きだった詩人サトウハチロー愛用のキャッチャーマスク【文士の逸品No.20】

  26. 作家・川端康成が愛蔵していた縄文時代の土偶【文士の逸品No.19】

  27. 文壇屈指の将棋愛好家だった菊池寛の将棋駒【文士の逸品No.18】

  28. 酒豪作家・梅崎春生が愛用した二眼ヤシカフレックス【文士の逸品No.17】

  29. 泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

  30. 田山花袋がマイ原稿用紙を刷っていた版木【文士の逸品No.15】

新着記事

ビジネスシーンの口臭に要注意!|「特に口臭が気になった相手」第1位は50代男性!

突然ですが、「口臭」が気になったことはありますか? 例えばビジネスシーンで、相手の口臭が気に…

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

バーベキューといえば、炭を敷いた上に網を置いて、食材を載せて焼くのが常識。でもそれだと場所も…

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)クラシックのコンサートは退屈と…

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

取材・文/坂口鈴香中野美佐さん(仮名・42)さんの母親は60歳を過ぎたころ「アルツハ…

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

取材・文/坂口鈴香政府は、2015年に策定した「認知症施策推進総合戦略(新オレン…

アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル

デジタルデトックスができる!世界のリトリートホテル6選

旅先でウェルネスを求めるグローバルトレンドの高まりに伴い、日本でもデトックス…

源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。【企画展 はじめての古美術鑑賞―絵画のテーマ】

取材・文/藤田麻希昨今の日本美術ブームで、美術館に出かけるかたは多いのではないでしょうか。何…

足裏が心地よいモダンな牛革草履で颯爽と街を歩いてみたら?

天面に牛革(スエード)が張られた、モダンで小粋な草履です。滑らかなスエードの感触に加え、土踏…

茶摘み体験

大人が満足する社会見学4選【静岡県】|ヤマハ楽器ミュージアム、電車の転車台体験、うなぎパイファクトリー、茶摘み

取材・文/末原美裕子どもの頃の社会科見学は何もかもが新鮮な光景でしたが、道理の分かっ…

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

PAGE TOP