新着記事

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

11月9日に開催された「特製おせち」を楽しむ会。会の様子はこちらでご報告していますが、当…

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

【サライ・インタビュー】保科正さん(ほしな・ただし、家具会社顧問、デザイナー)――家具を…

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

取材・文/坂口鈴香静岡に住む母親のトキ子さん(仮名・91)が認知症になり、上野明美さ…

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

取材・文/坂口鈴香離れて暮らしている親に介護が必要になると、「遠距離介護」の問題が大きく…

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関…

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相…

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

文/砂原浩太朗(小説家)「お手前いつの間にやら鮒(ふな)に似て参ったな。おうおうその…

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

リポート/西村覚良(岐阜県山県市在住の郷土史家)大河ドラマ『麒麟がくる』前半の舞台・美濃(岐…

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

落語世界のヒーロー、佐平次が縦横無尽に躍動する『サライ』本誌が主催する「人形町らくだ亭」。令和2…

シニアに聞いた「祖父母と孫の関係」|孫へ想いや言葉を伝えたいシニアは約8割

約8割のシニアが、お盆や年末年始以外も、孫と会うためのきっかけ作りを行なっている

毎年10月第3日曜日は孫の日、今年、2019年は10月20日が孫の日でした。株式会社りそな銀…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行海外旅行

  1.  

    プチトラン・ジョーヌ|ピレネー山脈の麓を走る黄色い絶景列車

         

    南フランスのさらに南端、スペインとの国境にそびえるピレネー山脈。その麓を、小さな山岳列車がことこと走っている。ヨーロッパ最高峰を走る鉄道、プチトラン・ジョーヌだ。「黄色い列車」を意味するプチトラン・ジョーヌは、標高1600m…

  2.  

    南フランス「オクシタニー地方」訪ねてみたい8つの美しい街

         

    2016年1月に行われたフランスの地方再編により、それ以前に22あった地域が13に統合された…

  3.  

    ペルー北部の「クエラップ遺跡」は第2のマチュピチュになるか

         

    ペルー北部にある前インカ時代の巨大遺跡「クエラップ遺跡」をご存じだろうか。標高約30…

  4.  

    シャンパーニュ地方の知られざる実力派シャンパン生産者を巡る

         

    写真・文/yOU(河﨑夕子)シャンパンの酔い方と言うのは実に不思議だ。飲むとすぐにふ…

  5.  

    意外と行きやすい!絶海の孤島イースター島にモアイ像を見に行く[PR]

         

    モアイ像が佇ずむイースター島。ポリネシアの東の果てにある絶海の孤島は、日本から訪れるにはあまりに遠い…

  6.  

    世界遺産にも登録!楽園タヒチにポリネシア最大の宗教遺跡を訪ねる[PR]

         

    今年7月、南太平洋に新たな世界文化遺産が登録された。フランス領ポリネシア、ライアテア島の宗教…

  7.  

    世界遺産に登録!インド「アーメダバード」の見どころ4つ

         

    2017年7月、ポーランドのクラコフで行われていた世界遺産委員会において、日本の宗像・沖ノ島…

  8.  

    一度は泊まってみたい!アジアの名門ホテル4軒

         

    文/印南敦史過去に栄えた文明の跡を訪ねるもよし、街角で生きる人々のパワフルかつダイナミックな…

  9.  

    シャンパーニュ地方の中心ランス周辺のシャンパンメゾンを巡る

         

    写真・文/yOU(河﨑夕子)シャンパンの酔い方と言うのは実に不思議だ。飲むとすぐにふわりと高…

  10.  

    エジプトを旅するなら巡ってみたいナイル河沿岸の5つの町

         

    ナイル河には、古代から人々の暮らしを潤し、類稀なる文明を育んできた歴史がある。クルーズをして…

  11.  

    トルコを旅するなら訪ねたいエーゲ海沿岸の美しい街と島

         

    トルコと聞いてまず頭に思い浮かぶのは、ヨーロッパとアジアの架け橋であるイスタンブールではないだろうか…

  12.  

    古都ウィーン周辺に芳醇なる美酒の作り手を巡る【旨し美しウィーンの食文化3】

         

    取材・文/関屋淳子オーストリアの首都・ウィーンは芸術の都、音楽の都と称されます。サライ世代に…

  13.  

    ウィーンのエスカルゴは美味なる“未来のフード”【旨し美しウィーンの食文化2】

         

    取材・文/関屋淳子オーストリアの首都・ウィーンは芸術の都、音楽の都と称されます。サライ世代に…

  14.  

    お土産に欲しい!古都ウィーンの伝統スイーツ5選【旨し美しウィーンの食文化1】

         

    取材・文/関屋淳子オーストリアの首都・ウィーンは芸術の都、音楽の都と称されます。サライ世代に…

  15.  

    ランス|シャンパーニュの有名メゾンが軒を連ねる美しい街を訪ねる

         

    取材・文/鳥海美奈子フランスの新幹線TGVで、パリからわずか45分で到着するシャンパーニュの…

  16.  

    映画『ハイジ』の世界へ!スイス・ユングフラウ地方の絶景スポット

         

    取材・文/関屋淳子映画『ハイジ アルプスの物語』が、8月26日から東京・恵比寿の「Y…

  17.  

    バーデン・バイ・ウィーン|ベートーヴェンも癒されたウィーン郊外の温泉地【魅惑の温泉案内vol.105】

         

    取材・文/関屋淳子オーストリアの首都ウィーン。ここから遠足気分で出かけられる温泉地があります…

  18.  

    トロントから足を伸ばしてナイアガラの滝とワイナリーをめぐる【魅惑のトロント3】

         

    取材・文/関屋淳子今年、建国150周年を迎えて何かと話題になっているカナダ。今回ご紹介するト…

  19.  

    移民の街トロントならではの多様な食の魅力まとめ【魅惑のトロント2】

         

    取材・文/関屋淳子今年、建国150周年を迎えて何かと話題になっているカナダ。今回ご紹介するト…

  20.  

    カナダ最大の都市!知られざるトロントの観光スポットまとめ【魅惑のトロント1】

         

    取材・文/関屋淳子今年、建国150周年を迎えて何かと話題になっているカナダ。今回ご紹…

  21.  

    イングランドで最も美しい村「バイブリー村」石造りの美景

         

    文・写真/音生ざくろイギリス、ロンドンからバスで北へ約2時間ほどのところにある丘陵地…

  22.  

    ブルゴーニュ地方の古都「ボーヌ」でワイン尽くしの旅を楽しむ

         

    取材・文/鳥海美奈子ブルゴーニュワインの生産地の中心はコート・ドール、「黄金の丘」という美し…

  23.  

    コルマール|アルザスの美しき花の街に白ワインと美味を訪ねる

         

    取材・文/鳥海美奈子フランスの北東部、ライン川をはさんでドイツとの国境近くに位置する…

  24.  

    絵葉書のように美しい!ノルウェー「ロフォーテン諸島」の見どころ

         

    ノルウェーといえば、切り立つフィヨルドや氷河が織りなす海の絶景をまず思い出すことだろう。ご存…

  25.  

    訪ねてみたい!中欧ブルガリアの知られざる美しい村3選

         

    ブルガリアと聞くと、私たち日本人はつい「ヨーグルト」を連想してしまうかもしれない。しかし実際のブルガ…

  26.  

    訪ねてみたい!ヨーロッパの知られざる穴場町3つ《ヴァンヌ、アオスタ、ザンクト・ガレン》

         

    歴史や伝統を実感できるだけあって、訪れるたび新たな発見があるヨーロッパ旅行。しかし現実的に、多くの人…

  27.  

    訪ねてみたい!知られざるスペイン「アラゴン州」美しき3つの街

         

    スペインの旅と聞いてイメージするのは、紹介される機会の多いマドリッドやアンダルシアかもしれない。が、…

  28.  

    人生の節目に旅を!リタイア後に海外旅行に出かけるべき理由6つ

         

    人生の節目に旅をすることは、記念になるだけでなく、これまでの人生に区切りをつけ、新しい人生を…

  29.  

    この道を自分の足でどこまでも!憧れの「スペイン・サンティアゴ巡礼」基本のき

         

    写真・文/溝口シュテルツ真帆(在ミュンヘン)どこまでも続く異国の風景のなか、聖地に向…

  30.  

    至極のビーチと料理!ランカウイ島で必ず訪れたい絶景スポット3つ【マレーシアの楽園ランカウイ島紀行 後編】

         

    マレーシアのランカウイ島は、首都クアラルンプールから飛行機で約1時間。自然に囲まれる別天地です。その…

PAGE TOP