九州と同じほどの面積で、東シナ海の南に位置する台湾は、大きな魅力を秘めた旅先だ。特に開府400年に沸く台南に注目。多様な文化を探訪する旅に出かけたい。

昭和時代を思い起こさせる『天下南隈』

赤崁楼の北側は、いくつもの廟など古跡に囲まれた歴史地区だ。日本統治時代は東本願寺だったこの地に、台南のランドマークとして親しまれたホテルが建っていた。時が流れ、老朽化した建物をリノベーションしたのが『天下南隈』である。

郷愁を誘う雰囲気とモダンさが融合する様は実に居心地がよい。調度を始め、宿の各所に籐素材や帆布などが使われ、台南らしさを醸し出す。部屋の備品にも台南の特色ある工芸品が選ばれている。例えばティーバッグなどが収まる丸い缶は地元店のもの。それも百年の歴史を誇る手工芸品だ。

朝食は台式虱目魚稀飯(写真・台湾式虱目魚の雑炊)、日式鮭魚卵飯(日本式鮭ごはん)、西式燕麦粥(西洋式オートミール)の3種類から選ぶ。さらにビュッフェの料理や果物、飲み物は自由に取ることができる。

1970〜80年代の台湾は経済成長が著しい“良き時代”だった。その時代の雰囲気を全館で再現するとともに、アナログレコードやポラロイドカメラを体験することもでき、日本人にとっても昭和時代を思い起こさせる宿である。

8階の図書室は窓が大きく眺めがよい。額に入った古い地図もあり廟の位置を頼りに窓からの眺めと比べてみるのも一興だろう。
ロビーではʼ70〜ʼ80年代の雰囲気を醸し出すポラロイドカメラを貸し出す。1000元で印画紙16枚付き。

ここを拠点とすれば、赤崁楼をはじめ歴史散策はもちろん、美味なる小吃を楽しみ、伝統工芸の店を訪ねるにも至便である。

赤崁楼を眼下に眺められるスイートルーム。上写真の奥にはミニバーがある。懐かしいアナログプレーヤーを備えた再生機器も備わり、ロビーに置かれたレコードを借りて聴くこともできる。木の質感を基調とした懐かしく心地のよい空間だ。

天下南隈

住所:北区成功路202号
電話:06・2290271
チェックイン15時、チェックアウト11時。
料金:スイートルームは1室2名利用でひとり平日6999元、休日8999元。ドミトリー(相部屋)からスイートルームまで計103室。

台南の暮らしぶりが体感できる古民家の民宿『謝宅』

築50年の保安路謝宅の宿泊は各階にひと組ずつで定員3組。他に西市場謝宅や本に囲まれた謝宅書屋なども。

台南で、8軒の古民家の民宿を経営する謝小五さん。古民家の再生を始めたのは留学先のオーストラリアから帰国してからだ。

「台南に戻ると、慣れ親しんだ古い建物が次々と壊されていました。このままでは台湾の京都ともいわれる台南の古き良き佇まいが失われてしまうと危惧したのです」

謝さんは仲間とともに「老房子倶楽部」(古民家倶楽部)を立ち上げ、西市場近くの正興街で茶館を開き、古民家の魅力を発信し街を活性化。次いで西市場にある布問屋の生家を民宿に改修した。家族と過ごした当時の家具や調度品を活かし、台南の暮らしぶりが体感できる快適な滞在は、瞬く間に注目を集めた。2軒目の「保安路謝宅」は叔父の家を再生。

3階の客室。寝室は畳に布団で、就寝時は精緻な刺繍の蚊帳を吊るす。布団や蚊帳はすべて、職人に特注した一点もの。建具の古材は寺院や古民家から集めるという。
3階の客室には露天風呂が備わる。

「心がけているのは新旧のバランスです。70%は伝統的に、30%は新しい概念を取り入れます。例えば寝室は私の子どもの頃と同様に畳に布団で、床の人造大理石もそのままですが、古い壁を取り払い、吹き抜けの空間に台湾楓を移植しました。マーク・トウェインの『トムソーヤーの冒険』のツリーハウスのイメージなんです」

懐かしさと斬新さが心地よい謝宅。味わい深い滞在が楽しめる。

1階から3階までの吹き抜け空間を台湾楓が貫く。周りは思い思いに寛げる空間。床には、粉砕した大理石とセメントで作られた人造大理石を残す。ひんやりとした感触だ。
保安路謝宅を説明する謝小五さん。1976年、台南生まれ。オーストラリアの大学でMBAを取得。地域活性化や古民家再生の企画を実施するなど、「老屋欣力」の第一人者として知られる。2023年に、石川県金沢市で町家を改装した宿『三間屋』を開業。

謝宅

住所、電話番号非公開。
予約はメール、Facebook、インスタグラム(※)で(日本語可)。
1泊2名で4200元〜。
※oldhouseinn2008@gmail.com https://www.facebook.com/TainanOldHouseInn/ https://www.instagram.com/oldhouseinn2008/

取材・文/関屋淳子 五反田制作所 撮影/宮地 工 藤田修平

●1元(NT$)は約5.2円(両替時・2023年11月20日現在)

※この記事は『サライ』本誌2024年1月号別冊付録より転載しました。

【完全保存版 別冊付録】台湾の古都「台南」を旅する

72ページ総力取材。完全保存版別冊付録。
『サライ』2024年1月号【別冊付録】は『台湾の古都「台南」を旅する』。

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店