新着記事

ヘルニア・狭窄症 ストレッチで改善する座った時の痛みやしびれ ヘルニア・狭窄症|ストレッチで改善する座っている時の痛みやしびれ【川口陽海の腰痛改善教室 第8回】

文/川口陽海『座ると腰が痛い・・・』『長く座ると足がしびれる・・・』『通勤電…

はきやすく便利!大人気「らくあきパンツ」にコーデュロイ版登場

当店人気の「らくあきパンツ」のコーデュロイタイプをご紹介。深い股上と、ゆったりとしたはき心地…

昭和歌謡は終わらない 個性豊かな楽曲であふれていたあの時代|『昭和歌謡は終わらない』

文/印南敦史ご存知の方も多いかと思うが、『昭和歌謡は終わらない』(近藤勝重著、幻冬舎…

【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人の競演会です

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2019年の新年初…

ミゼットにブルーバード ミゼットにブルーバードに小松崎茂の原画も!|松戸郊外でみつけた懐かしヴィークルのワンダーランド『昭和の杜博物館』

文・写真/杉﨑行恭松戸郊外をクルマで走っていたら、ある橋のたもとにモノレールがどかんと置かれ…

東・西日本で異なる“おにぎり事情”|日本人なら皆んな知っている「おにぎり」ってどんな形? 東・西で形が違う?|日本人なら知っておきたい“おにぎり”の話

誰でも知っている「おにぎり」だが、じつは東西で形が違っているって知っていました?株式…

常備したい冬の定番「味の浜藤」のおでんセット【サライのお取り寄せ】

湯気の立ち上る熱々のおでんとともに一杯やるのは、寒い季節の格別な楽しみだ。家で本格的なおでん…

オタワからキングストンまでを結ぶ202kmの運河 カナダ最大のアツモリソウ群生地と世界遺産リドー運河の終着地・首都オタワ 【カナダ・オンタリオ州の旅3】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

顎関節症はこうして改善!|原因と予防・対策 スマホの使いすぎ、ストレス過多は要注意!|顎関節症の原因と対策

文/藤原邦康前回の記事では、顎関節症をいかに早期発見したら良いかを解説しました。今回から…

トヨタ センチュリー|匠の技が磨き上げた美と品格をまとう国産車【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家) 初代の登場は1967年。お抱え運転手が運転することを前提…

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

賢い食いしん坊

  1. 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】

    写真・文/山本益博今は、「おまかせ」の握りになると、鮨職人が白身のひらめやかれいから握り始めることが多くなりましたが、30年ほど前までは、それが「まぐろ」でした。自ら食べたいものを注文する「お好み」で鮨を握ってもらうときでも…

  2. 山本益博|江戸の美意識、小粋な「こはだ」【食いしん坊の作法 第12回】

    写真・文/山本益博「江戸前」の握り鮨で、最も歴史あるすし種といえば「こはだ」です。文…

  3. てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

    文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

  4. てんぷらは衣がいのち【食いしん坊の作法 第10回】

    文/山本益博「てんぷら」の語源については諸説ありますが、室町時代、ポルトガルから来た外来の料…

  5. 日本料理の華、椀刺しとの向き合い方【食いしん坊の作法 第9回】

    文/山本益博昔から日本料理は椀刺しが華と言われてきましたが、「椀刺し」とは、日本料理…

  6. 日本人なら知っていたい「箸」の常識【食いしん坊の作法 第8回】

  7. 天然の鰻はどうして「狐うなぎ」と呼ばれるのか?【食いしん坊の作法 第7回】

  8. 意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

  9. レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

  10. レストランでの「水」の粋な頼み方 【食いしん坊の作法 第4回】

  11. 手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

  12. 鮨屋のカウンターに秘められた絶妙な間合いとは【食いしん坊の作法 第2回】 

  13. 美味いものを美しく食べるための大人の作法とは?【食いしん坊の作法 第1回】 

PAGE TOP