新着記事

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう

【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き」「かぶのラタトゥイユ」|今が旬! そらまめとかぶを食べよう

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

【家族のかたち】不妊治療に非協力的な夫との離婚。次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】不妊から離婚を経験。もう一回拒否されたらと次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

歌川国芳「たとゑ尽の内」個人蔵

猫、猫、猫。江戸時代の「猫ブーム」を垣間見る【特別展 いつだって猫展】

鯉のぼり型染めタペストリー|本格的な型染めで仕上げた室内用鯉のぼり

名手ムターが作曲家ペンデレツキに捧げるドラマティックな演奏の花束【林田直樹の音盤ナビ】

空から眺めるウルルの全容

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

食いしん坊の作法

山本益博|「夏のてんぷら」【食いしん坊の作法 第18回】

写真・文/山本益博

「みかわ是山居」早乙女哲哉さん

「みかわ是山居」早乙女哲哉さん

「てんぷらは魚の脱水作業」という名言を吐いた「みかわ是山居」主人早乙女哲哉さんのてんぷらに惚れて、40年近く茅場町にあった「みかわ」の時代から現在の江東区福住の「みかわ是山居」へ通い続けています。

「脱水作業」の典型が「あなご」のてんぷらではないでしょうか。通年あるてん種ですが、梅雨が終わったあたりからの「あなご」はとりわけ美味です。早乙女哲哉さんの揚げる「あなご」は、どのてんぷら職人よりも、しっかりと揚げます。あなごが焦げてしまう寸前に油から引き揚げると言っても過言ではありません。

あなご(みかわ是山居)

あなご(みかわ是山居)

早乙女さん曰く、「てんぷらは、魚の水分を衣を介して調理する料理だから、正確に言えば、魚の水分が油の力ではじき出されるとき、100度までは『蒸す』、それを超えた時点で『焼く』作業が始まります。つまり、てんぷらは『蒸す』と『焼く』を同時に行う料理なんです」。

こうして揚げられた1本揚げの「あなご」のてんぷらは、客の前で金箸で胴と尻尾に切り分けられます。切り分けられた瞬間、最後の水分が蒸気となって立ち昇り、抜けてゆきます。脂ののった胴は天つゆで、身が緻密な尻尾は塩でいただくと、持ち味が最大限に生かされて、この上ない美味しさです。

「あおりいか」も夏を代表するいかです。春からの「すみいか」が夏の「あおりいか」に替わると、半生で揚げられた「あおりいか」のねっとりとした身から甘みがにじみ出てきます。

あおりいか(ふく庵)

あおりいか(ふく庵)

「車海老」も「あなご」同様通年のてん種、というよりてんぷらを代表するてん種ですが、てんぷらで使う車海老は「才巻海老」と呼ばれる小ぶりの海老を使います。これだと、頭も尻尾も美味しくいただけます。

車えび(みかわ是山居)

車えび(みかわ是山居)

写真・文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. さつまいも(みかわ是山居) 山本益博|「冬のてん種」【食いしん坊の作法 第20回】
  2. 松茸(てんぷら みかわ 山本益博|「秋のてん種」【食いしん坊の作法 第19回】
  3. 稚鮎のてんぷら(みかわ是山居) 山本益博|「初夏のてん種」【食いしん坊の作法 第17回】
  4. 山本益博|「初春のてん種」【食いしん坊の作法 第16回】
  5. あじす(すきやばし次郎) 山本益博|「夏の鮨」【食いしん坊の作法 第15回】
PAGE TOP