新着記事

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

【夕刊サライ/福澤朗】楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・料理コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

ホースレザーのスリムショルダーバッグ|上質な馬革を使った軽くしなやかな2ウェイ鞄

軽くて丈夫な馬革を使った、新型のショルダーバッグが届いた。縦型のスリムな形状に、サライ世代の…

ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナログ日誌 最終回】

文・絵/牧野良幸今回でこの連載も最終回となった。そこで最後は将来のオーディオ小僧のア…

4日目《新得から根室へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

4日目《新得から根室へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

食いしん坊の作法

レストランでの「水」の粋な頼み方 【食いしん坊の作法 第4回】

文/山本益博

レストランに出かけ、席につくと、まず聞かれるのが「お飲み物は何にいたします?」ですね。

通常、アペリティフと称する食前酒のことなのですが、お酒の弱い人や、ランチではワインは要らないという方も多くいらっしゃいます。食前酒を頼んでも、お断りしても、今度は「お水はガス入り、ガスなし?」などと、選択肢がミネラルウォーターしかないようなお訊ねがあります。

そんなとき、私はどうするか?

先日、ニューヨークへ出掛けてきましたが、最高級の3つ星を含め、どこのレストランでも「ニューヨークウォーター、プリーズ!」で通じました。つまり、水道水。今、ニューヨークではこのタップウオーターが流行っています。ミネラルウオーターはわざわざボトルに詰め、ガソリンを撒き散らす車で運んだもので、エコロジーに反するというわけです。

パリではどう言うか? 昔は「シャトークリスタル」などと洒落て言ってました。

先年、パリの1つ星『Cobea』の昼食で「アペリティフ」を訊ねられたときのことです。私はとっさに洒落て「ドンペリエ、お願いいたします」と答えると、「え?お客さま、今なんとおっしゃいました?」。私は改めてゆっくりと「ドン・ペリエ、シルヴープレ!」

シャンパンの最高級銘柄「ドン・ペリニョン」と間違えられては大変ですから。サービスは笑いながら「ウイ・ダコ(かしこまりました)」と返事をし、そのあとすぐにうやうやしく、しかしにこやかに炭酸水の「ペリエ」を持ってきたのでした。食前の水でこれだけ店のかたとコミュニケーションが取れればしめたもの。あとは、とても快適なもてなしを受けました。

東京では、数年前からこう答えております。「ヒネルトウォーターはありませんか?」

あるイタリア料理店では若いサービススタッフが、一瞬戸惑った末「当店では、ご用意しておりません」と答えて下さった。すぐに、私が手首を捻る格好をしたので、笑って納得してくれたのですが、家内に「若い人をからかうもんじゃありません」と叱られました。

東京を離れて地方へ出掛けたときは、必ず土地の水を注文します。ビックリするほど、美味しい水に出会うことしきりです。

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

イラスト/石野てん子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日本人なら知っていたい「箸」の常識【食いしん坊の作法 第8回】
  2. 天然の鰻はどうして「狐うなぎ」と呼ばれるのか?【食いしん坊の作法…
  3. 意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊…
  4. レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食い…
  5. 手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の…
PAGE TOP