新着記事

履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!? 枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日本製の理想的な枕 『男のチャーハン道』 「パラパラ」のチャーハンを目指した男の求道記|『男のチャーハン道』 お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 司馬遼太郎も信じなかった犬の伊勢参り|お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

食いしん坊の作法

山本益博|「初夏のてん種」【食いしん坊の作法 第17回】

写真・文/山本益博

初夏のてんぷらと言えば、「稚鮎」をまず挙げなくてはなりません。小ぶりですが、わずかな苦みが心地よいてん種で、天つゆでもなく、塩でもなく、蓼酢につけて味わうと「稚鮎」の持ち味が最も発揮されます。そして、ここでビールをいただきます。「とりあえず」で、食事の初めにいただくのではなく、「稚鮎」を揚げ始めたら、ビールを注文し、しっかりと泡を立ててビールを注ぎ、「稚鮎」の苦みを感じたら、泡立ちの良いビールを流し込みます。これが、抜群の相性です。

稚鮎のてんぷら(みかわ是山居)

稚鮎のてんぷら(みかわ是山居)

この季節のてん種で忘れてはならないのが「ぎんぽう」。ぎんぽう漁というのはなく、あなごの漁の際に、一緒に獲れる魚で、形と言えば「うつぼ」の寸詰まりとでもいえばよいでしょうか。身がしっかりとしていて、味わいは「海の味」とでもいえばよいでしょうか。「ぎんぽう」を食べることができた方は、「超」がつくほどのラッキーと言えます。

野菜では「アスパラガス」です。1年中ありますが、やはり、初夏にふさわしいてん種です。

この「アスパラガス」、「みかわ」では1本を二つに切り、穂先側と根本側とに分け、別々に揚げます。まず、根本側、つまりアスパラガスの下半身を鍋に入れ、そのあと、穂先側を入れ、しばらくしてから、穂先側から引き揚げ、そのあと、根本側も引き上げます。

すると、短時間で揚げられた穂先側は瑞々しいアスパラガスの香り、長時間油の中にいた下半身の根本はジューシーで甘みがたっぷり、1本のアスパラガスから二つの味が楽しめるてんぷらになっています。

アスパラガスのてんぷら(みかわ是山居)

アスパラガスのてんぷら(みかわ是山居)

写真・文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 松茸(てんぷら みかわ 山本益博|「秋のてん種」【食いしん坊の作法 第19回】
  2. あなごのてんぷら(みかわ是山居) 山本益博|「夏のてんぷら」【食いしん坊の作法 第18回】
  3. 山本益博|「初春のてん種」【食いしん坊の作法 第16回】
  4. あじす(すきやばし次郎) 山本益博|「夏の鮨」【食いしん坊の作法 第15回】
  5. 大とろ(すきやばし次郎)  山本益博|「冬の鮨」【食いしん坊の作法 第14回】
PAGE TOP