新着記事

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

食いしん坊の作法

山本益博|「初夏のてん種」【食いしん坊の作法 第17回】

写真・文/山本益博

初夏のてんぷらと言えば、「稚鮎」をまず挙げなくてはなりません。小ぶりですが、わずかな苦みが心地よいてん種で、天つゆでもなく、塩でもなく、蓼酢につけて味わうと「稚鮎」の持ち味が最も発揮されます。そして、ここでビールをいただきます。「とりあえず」で、食事の初めにいただくのではなく、「稚鮎」を揚げ始めたら、ビールを注文し、しっかりと泡を立ててビールを注ぎ、「稚鮎」の苦みを感じたら、泡立ちの良いビールを流し込みます。これが、抜群の相性です。

稚鮎のてんぷら(みかわ是山居)

稚鮎のてんぷら(みかわ是山居)

この季節のてん種で忘れてはならないのが「ぎんぽう」。ぎんぽう漁というのはなく、あなごの漁の際に、一緒に獲れる魚で、形と言えば「うつぼ」の寸詰まりとでもいえばよいでしょうか。身がしっかりとしていて、味わいは「海の味」とでもいえばよいでしょうか。「ぎんぽう」を食べることができた方は、「超」がつくほどのラッキーと言えます。

野菜では「アスパラガス」です。1年中ありますが、やはり、初夏にふさわしいてん種です。

この「アスパラガス」、「みかわ」では1本を二つに切り、穂先側と根本側とに分け、別々に揚げます。まず、根本側、つまりアスパラガスの下半身を鍋に入れ、そのあと、穂先側を入れ、しばらくしてから、穂先側から引き揚げ、そのあと、根本側も引き上げます。

すると、短時間で揚げられた穂先側は瑞々しいアスパラガスの香り、長時間油の中にいた下半身の根本はジューシーで甘みがたっぷり、1本のアスパラガスから二つの味が楽しめるてんぷらになっています。

アスパラガスのてんぷら(みかわ是山居)

アスパラガスのてんぷら(みかわ是山居)

写真・文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. さつまいも(みかわ是山居) 山本益博|「冬のてん種」【食いしん坊の作法 第20回】
  2. 松茸(てんぷら みかわ 山本益博|「秋のてん種」【食いしん坊の作法 第19回】
  3. あなごのてんぷら(みかわ是山居) 山本益博|「夏のてんぷら」【食いしん坊の作法 第18回】
  4. 山本益博|「初春のてん種」【食いしん坊の作法 第16回】
  5. あじす(すきやばし次郎) 山本益博|「夏の鮨」【食いしん坊の作法 第15回】
PAGE TOP