新着記事

ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧対応マニュアル ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧マニュアル【川口陽海の腰痛改善教室 第6回】 アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド【予防医療最前線】 100歳以上の百寿者 いまや約7万人!100歳以上の百寿者が身につけている生活習慣とは? コンプライアンス 【ビジネスの極意】もし、あなたの部下が「道頓堀ダイブ」したら、どうする? 日本の美術館 日本の美術館ランキング2018 トップ20 JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは? 隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】 快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

食いしん坊の作法

山本益博|江戸の美意識、小粋な「こはだ」【食いしん坊の作法 第12回】

写真・文/山本益博

すきやばし次郎のこはだ

すきやばし次郎のこはだ

「江戸前」の握り鮨で、最も歴史あるすし種といえば「こはだ」です。文化・文政年間に江戸の握り鮨が生まれたと言われていますが、文政年間に華屋與兵衛がこはだを酢締めすることを考案し、これを握り鮨にして売り歩いたところ、たちまちのうちに人気となり、数年後、両国に店を開くに至りました。

こはだは、煮ても焼いても生で食べても美味しくないのに、塩と酢で酢締めにすると、酢めしと滅法相性がいい。言ってみれば、鮨のために生まれてきた魚とも言えます。華屋與兵衛が見つけた、関西の鯖すしに匹敵する小ぶりなひかりもの、それがこはだでした。

後楽寿司 やす秀のこはだ

後楽寿司 やす秀のこはだ

ということは、文政元年が1818年ですから、今年2018年は「こはだイヤー200年祭」です。すし業界の方々、すし職人の方々、200年を記念して「こはだ塚」を建立してもいいのではないでしょうか。

鮨みずかみのこはだ

鮨みずかみのこはだ

江戸っ子、東京っ子は、大振り、大袈裟、大仰が苦手で、小紋、小鍋など、なんでもミニチュア嗜好。ですから、江戸の美意識は「粋」ではなく「小粋」なんですね。

写真・文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【…
  2. てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】
  3. てんぷらは衣がいのち【食いしん坊の作法 第10回】
  4. 日本料理の華、椀刺しとの向き合い方【食いしん坊の作法 第9回】
  5. 日本人なら知っていたい「箸」の常識【食いしん坊の作法 第8回】
PAGE TOP