新着記事

メリノンの半纏|裏地に羊毛をふんだんに使い暖かさを逃さない 奇跡の階段 「なぜ立っているのかわからない」世界中の建築家が首をかしげるサンタフェ「奇跡の階段」 中之町出土資料 京都市蔵 日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会【特別展 新・桃山の茶陶】 西郷隆盛と3人の妻たち 西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】 「アゴ難民」増加中|顎関節症を引き起こす原因 アゴの疲れを取る方法|3つの原因が顎関節症を引き起こす 男の牛革ベルトポーチ|小さな革鞄で街歩きを軽やかに楽しむべし 幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】 娘のきもち・その2 【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~ 娘のきもち・その1 【娘のきもち】24歳のときにガンで亡くなった父。思い出すのは幼少期の厳格な姿だった~その1~ 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

食いしん坊の作法

手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

文/山本益博

江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨は握りたてをすぐに食べるもので、時間がたっては美味しくないというわけです。

鮨職人の手で握られた鮨ですから、素手で食べた方が美味しいのは当然ですね。しかし、なかなか上手に鮨をつまめる方がいらっしゃらない。皆さん小さいときから自己流で食べてきたから、間違っていても直そうとしません。

江戸時代、屋台から始まった鮨は、握りの上に煮きり醤油が適量ひかれて目の前に差し出されました。穴子やはまぐりの上には、煮詰めといって、穴子の煮汁を詰めた甘いソースが塗られました。屋台ですから洗い物は少ないほどいいので、醤油の小皿はありませんでした。

ところが、職人が手を抜いて煮きり醤油を用意しなくなると、客は自分で握りに醤油をつけなくてはならなくなりました。

酢めしではなく鮨だねに醤油をつけるとなると、握りを返さなくてはなりません。この手順を繰り返すうちに、鮨だねを下に、つまり握りをひっくり返して食べる客が出てきました。聞いた話ですが、何でもひっくり返して食べていた客が、いくらの軍艦巻きを返して食べて、いくらをぼろぼろこぼしたとのことです。

煮きり醤油がひいてあれば、酢めしを下に、そのまま鮨をつまんでいただけばいいのです。その時、人差し指を使わず、親指、中指、薬指の3本の指で酢めしをそおっとつまんでいただくとまず失敗しません。端から見ていてもとてもエレガントです。

もし手ではなく箸で召し上がるのであれば、箸を御神輿の二点棒の如く、平行にして、酢めしの両脇からそっと持ち上げると、美味しく食べられます。

ちなみに、酢めしを下にして食べるのはなぜか? 握り鮨はご飯を美味しく食べる料理のひとつだからなのですね。

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

イラスト/石野てん子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【…
  2. 山本益博|江戸の美意識、小粋な「こはだ」【食いしん坊の作法 第1…
  3. てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】
  4. てんぷらは衣がいのち【食いしん坊の作法 第10回】
  5. 日本料理の華、椀刺しとの向き合い方【食いしん坊の作法 第9回】
PAGE TOP